「Web担当者/仕事」「解説/ノウハウ」カテゴリの記事 -解説記事

内容カテゴリ「Web担当者/仕事」、種別カテゴリ「解説/ノウハウ」編集記事を表示しています(全495記事)。

記事を表示する条件を変更する

他の内容カテゴリを表示すべての内容カテゴリ (4388)
SEO (1381) | SEM (329) | アクセス解析 (638) | CMS (85) | ユーザビリティ/ペルソナ/IA (212) | サイト企画/制作/デザイン (312) | Web担当者/仕事 (表示中) | モバイル (60) | メールマーケ (20) | EC/ネットショップ (922) | 広報/ネットPR (55) | マーケティング/広告 (465) | 調査/リサーチ/統計 (40) | 法律/標準規格 (36) | レンサバ/システム (62) | その他 (67)

他の記事種別を表示すべての記事種別 (1584)
解説/ノウハウ (表示中) | 事例/インタビュー (98) | 調査データ (42) | コラム (678) | マンガ/小説 (106) | 書評 (41) | 便利ツール/サービス (22) | イベント/セミナー (140) | その他 (1) | ランキング/まとめ (2)

他のタイプの記事を表示
全タイプ (686) | 編集記事 (表示中) | ニュース記事 (0) | ユーザー投稿記事 (191)

「Web担当者/仕事」「解説/ノウハウ」カテゴリの記事 -解説記事

全 495 記事(記事公開日時の新しい順)

ページ

業種別ホームページカラーガイド(全12回)

学校・塾のホームページのおすすめ配色の見本(第7回)

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 4/21 7:00 (42)

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第7回目は学校・塾のホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 4/14 7:00 (96)(21)

ウェブサイトには、さまざまな写真を掲載します。 利用者は文章を読み、写真を見ることで、必要な情報を得るだけでなく、感情が動かされ、実際にお店に行ってみよう、商品を買ってみようという気持ちになります。 第7回では、ウェブサイトの看板となる、キービジュアルの撮影方法について解説します。

業種別ホームページカラーガイド(全12回)

製造業のホームページのおすすめ配色の見本(第6回)

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 4/7 7:00 (44)(21)

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第6回目は製造業のホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 3/31 7:00 (307)(32)

みなさんは、普段どのような「撮影モード」で撮影することが多いですか?オートでしか撮影したことがないなら、ほかの撮影モードにチャレンジしてみましょう。 第6回では、背景のぼかし方をコントロールする「絞り優先オート」と、被写体の動きをコントロールする「シャッター速度優先オート」について解説します。

生田昌弘(キノトロープ) 3/29 7:00 (83)(24)

最適な制作会社の選定はWeb担当者の使命。発注内容やコストによって柔軟に選び分けられる力を身に付けよう

業種別ホームページカラーガイド(全12回)

飲食店のホームページのおすすめ配色の見本(第5回)

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 3/24 7:00

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第5回目は飲食店のホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 3/17 7:00

撮影した写真が目で見たような色にならず、残念な経験をしたことはありませんか?カメラには簡単に色味を変えられる「ホワイトバランス」(以下WB)という機能があります。第5回目は、WB設定について解説します。

安田英久(Web担 編集長) 3/14 13:00 (33)(59)

今日は「Webプッシュ通知(ブラウザプッシュ)」に関する話題を。というのも、ユーザーに鬱陶しがられる無分別なWebプッシュの使い方によって、せっかくの仕組みが死んでしまうかもしれないからです。

業種別ホームページカラーガイド(全12回)

士業のホームページのおすすめ配色の見本(第4回)

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 3/10 7:00

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第4回目は士業のホームページの配色です。

安田英久(Web担 編集長) 3/7 7:00 (44)(27)

「大学などの学術組織は、研究室やサークルのWebサイトをちゃんと管理するように」と、IPA(情報処理推進機構)が注意喚起を行いました。実際には、企業でも同様の問題がまったくないわけではありません。

鍋坂 樹伸 3/3 7:00

みなさんはウェブサイトの写真を見たとき、魅力的に感じるときと感じないときのポイントは何でしょうか。「構図」ですか、「色味」ですか、それとも「明るさ」でしょうか。 普段私も、ネットでショッピングをします。 その時、購入意欲や閲覧意欲がそがれる要因のひとつが「暗い写真」が公開されているケースです。 第4回目は、写真の魅力を決める大きな要因である「明るさ」について解説します。

安田英久(Web担 編集長) 2/28 11:00 (1309)(470)(127)

今日は小ネタですが、内容は大きいです。サイトでサポートするブラウザからIE 9やIE 10をを切り捨てて、IE 11だけ気にすればよくなる日が近づいています。つまり、HTML5やCSS 3を安心して使えるようになるということです。

業種別ホームページカラーガイド(全12回)

ホテル・旅館のホームページのおすすめ配色の見本(第3回)

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 2/24 7:00 (29)

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第3回目はホテル・旅館のホームページの配色です。

安田英久(Web担 編集長) 2/21 7:00 (237)(75)(29)

今日は、デジタルに明るい立場のあなたが、そうではない人たちに理解してもらい、その協力を得て、うまく仕事を進めるために大切な、考え方や姿勢について。

鍋坂 樹伸 2/17 7:00 (30)(21)

ウェブサイト用かどうかに関わらず、写真撮影の基本は「ピント」と「構図」を理解することです。第3回では、撮影の失敗を少しでも減らすために不可欠な「ピント」と「構図」を、実例を交えながら解説します。

安田英久(Web担 編集長) 2/14 11:00 (27)(31)

今日は小ネタです。「インターネットとはFacebookのことである」と考える人が、ある種の国ではかなりの数に上るという調査結果がありました。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 2/10 7:00 (78)

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第2回目は病院・福祉施設・介護用品のホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 2/3 7:00 (54)(25)

みなさんは、写真を通して利用者に何を伝えたいですか。 利用者はウェブサイトの中で、どのような写真が見たいのでしょうか。 ウェブサイトに掲載する写真は、大きく分けて2種類です。 第2回目は、目的に応じて写真を撮り分ける考え方について解説します。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 1/27 7:00 (134)(23)

このコラムでは、業種ごとに「合う色と合わない色」「注意すべきこと」をまとめています。 毎回、異なる業種を取り上げて解説しますが、それらの業種でよく使われる色やたびたび見られる失敗があり、それにはきちんとした理由があります。それに加え、ホームページの色は、看板や紙のパンフレットと同じ色の場合であっても、画面の構成や使い方のポイントも異なります。 第1回目はエステ・サロン・美容室などの主に女性向けのホームページの配色です。

鍋坂 樹伸 1/20 7:00 (177)(36)

「写真撮影入門」では、ウェブサイトに掲載する写真撮影の考え方やテクニックを解説します。 ウェブサイトの印象は、写真によって決まるといっても過言ではありません。 写真は企業イメージや製品への思いを伝えたり、他社との差別化をはかったり、見た人にインパクトを与えます。これから12回に渡って学んでいきましょう。 第1回は「写真撮影の予備知識」です。

安田英久(Web担 編集長) 1/17 11:00 (42)(32)

今日は、軽めのコラムです。シャノンさんが発表した「ゴール機能」が、経営層・管理者層・現場の「マーケティング」をちゃんと進めるのに非常に重要なポイントを押さえていると思うのです。

安田英久(Web担 編集長) 1/10 12:06 (126)(60)(21)

今日は、2017年最初のコラムということで、今年の抱負というか、今年どういう方向に進むかというお話しを。2017年は、「真っ当なメディアが元気になる」年になるといいな、と思っています。

生田昌弘(キノトロープ) 2016/12/22 7:00 (315)(56)

やることがあいまいな状態で、いきなりグラフィックデザインやUIデザインができるはずもない。まずはやりたいことを明確にすべし

各社の事例でわかるオウンドメディア運営の「企画」「構築」「成果」ノウハウ

BtoBこそオウンドメディアに向いている。5つの成功事例から学ぶ3つのメディア戦略とは?

實川節朗(ナイル) 2016/12/15 7:00 (227)(64)(48)

実はオウンドメディアはBtoBのマーケティングとも非常に相性が良い。ここでは、BtoBにオウンドメディアが向いている理由とその活用方法を5つの事例を交えて解説する。

安田英久(Web担 編集長) 2016/12/13 11:00 (64)(41)

今日は(も?)、Webメディアの信頼にかかわることを。些細なことなんですが、読者さんにコンテンツをどう提示するかの細かい言葉づかい1つでも、そのメディアが信用できるかが見えてくると思うんですよね。

安田英久(Web担 編集長) 2016/12/06 11:00 (754)(286)(72)

今日は、世間を騒がせている“キュレーション”メディアの記事削除が相次いでいることを受けて、正しい「引用」とは何かを改めて解説します。

安田英久(Web担 編集長) 2016/11/29 11:00 (23)

今日は、Web担当者やWeb制作者が今後注意すべきセキュリティの話題について。というのも、ブラウザの拡張機能が原因のセキュリティ問題が発生していたのです。

田口 和裕 2016/11/15 15:00 (210)(68)(33)

企業サイトをスマホ対応するのに、予算はどれくらい必要なのか、なにから手を付ければいいのか。具体的な金額をあげて紹介する。また、予算をかけずに、自分でプロ並みのきれいなデザインのスマホ対応サイトを作る方法についても解説する。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 2016/10/07 7:00 (94)(48)(25)

自分のデザインに限界を感じたり、業務が忙しくて制作を外部に委託したりする場合、色に関する指示が抽象的であれば、希望通りのデザインができあがる確率は減ってしまい、それが制作業者への不信感に変わったりもします。適切な指示は成果物のクオリティに直接影響するものです。デザインを外注する場合に準備しておくべき情報やその伝え方などをまとめます。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 2016/09/30 7:00

一度決めたテーマカラーを変えるには大きなリスクがあり、基本的にはビジネスが順調であれば、テーマカラーを変える必要はありません。色を変えるには何らかの理由が必要ですが、ではどのような場面でテーマカラーと異なる色を使えるのか、ページごとに色を変えたりすることにはメリットがあるのかをまとめてみました。

山田明裕(Faber Company) 2016/09/28 7:00 (240)(166)(84)

「良いコンテンツを作るには?」その答えは「インプットの質と量を見直すこと」。一次情報と二次情報から良いコンテンツを生み出す過程を解説

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 2016/09/23 7:00

前回のコラムでは、色をブランド作りに使う方法について、大まかに説明しました。色によるブランディングの中で最も重要なことは同じ色を繰り返し使うことです。今回はこの色の繰り返しについて、もう少し詳しく説明していきます。

坂本 邦夫( フォルトゥナ) 2016/09/02 7:00

多くの場合、Webサイトの目的はサイトオーナーのビジネスの目的を成功させるために存在します。そのためにはビジネスの特徴や具体的な内容、価格などをわかりやすく伝えなければなりません。今回は見出しの色を整えて、内容を早く伝える方法についてまとめてみました。

益子 貴寛(サイバーガーデン) 2016/08/26 7:00

「Web文章実践講座」では、主に文章の観点からウェブサイトのコンテンツをよりよくするコツを解説します。最終回である第6回は、会社や店舗への「お問い合わせ」のブラッシュアップ方法です。大切な3つのポイントを理解し、お問い合わせページの改善に活かしましょう。

本間充(アビームコンサルティング) 2016/08/24 7:00 (46)(35)

Webマスターは、企業・組織内で一番にWebのビジネス活用やコミュニケーションを熟知したプロフェッショナル。「やらないこと」を明確にし、Webマスターにしかできない仕事を優先して、事業に貢献しましょう。

益子 貴寛(サイバーガーデン) 2016/08/19 7:00 (21)

「Web文章実践講座」では、主に文章の観点からウェブサイトのコンテンツをよりよくするコツを解説します。第5回は、会社や店舗への「交通アクセス」のブラッシュアップ方法です。自分たちにとっては当たり前でも、はじめての人にとっては不慣れな場所。ていねいな説明とわかりやすい地図で、利用者の迷いや不安を取り除きましょう。

本間充(アビームコンサルティング) 2016/08/17 7:00 (155)(25)

Webに関わるさまざまな仕事があるなかで、Webマスターが本来取り組むべきことは何か。Webマスターが集う「loftwork Webmaster Camp」で作られた「Webマスターの取扱説明書(トリセツ)」を紹介します。

朝岡 崇史(電通デジタル) 2016/08/09 7:00 (43)(29)

IoT時代の企業のマーケティングのゴールは「近未来の予測と改善提案」によりお客さまのエクスペリエンスを豊かなものにし続けて行くことである。それには、購入前・使用時・購入後の長い時間軸でエクスペリエンス・ドリブン・マーケティングを進める必要がある。

電通デジタル 2016/08/05 7:00 (292)(50)
大企業のデジタルマーケは、「Web広告担当者」がいるとうまくいかない? 「デジタルは担当者まかせ」から脱却して真のデジタル化を推進するための4つのポイントを紹介
益子 貴寛(サイバーガーデン) 2016/08/05 7:00

飲食店を想定した「メニュー」や「お品書き」のブラッシュアップ方法です。利用者にアピールすべきポイントを導き出し、強弱をつけて伝えること、ストーリー性を演出することが大切です。

朝岡 崇史(電通デジタル) 2016/08/02 7:00 (25)

エクスペリエンスは「場所」から「時間」へと移行し、お客さまの「近未来の予測と改善提案」が企業のサービスの根幹になる時代に、企業はどのように考え、動いていくべきなのか。筆者の提言をお届けする。

益子 貴寛(サイバーガーデン) 2016/07/29 7:00 (21)

「Web文章実践講座」では、主に文章の観点からウェブサイトのコンテンツをよりよくするコツを解説します。第3回は、実店舗を紹介するコンテンツのブラッシュアップ方法です。利用者がそのお店で体験する一連のシーンをこまかく考えながら、コンテンツを充実させましょう。

朝岡 崇史(電通デジタル) 2016/07/26 7:00 (73)(26)

ビッグデータの活用ブームからわずかに数年間で、データアナリティクスの世界は「企業主語からお客さま主語へ」長足の進歩を遂げた。ここで必要とされるイノベーションは、お客さま主語への転換である。コンピュータが進化すると、それを使いこなす人間のアナリティクスのセンスが高いレベルで試されるようになるのである。

益子 貴寛(サイバーガーデン) 2016/07/22 7:00

「Web文章実践講座」では、主に文章の観点からウェブサイトのコンテンツをよりよくするコツを解説します。第2回は、商品紹介のブラッシュアップ方法です。5W1Hを発想のきっかけにして、見に来てくれた人に提案できる商品紹介を目指しましょう。

朝岡 崇史(電通デジタル) 2016/07/19 7:00 (30)(39)

コンピュータは今後、どのように進化していくのか。経験を通して自ら能動的に学習する「コグニティブ」「AI」の現状とこれからについて、IBM、グーグル、アップルの取り組みを示しながら解説する。

益子 貴寛(サイバーガーデン) 2016/07/15 7:00 (33)(25)

「Web文章実践講座」では、主に文章の観点からウェブサイトのコンテンツをよりよくするコツを解説します。第1回は、会社概要や店舗情報のブラッシュアップ方法です。定型的な情報だけを含めればよいと考えずに、その会社や店舗の魅力を伝える内容、利用者目線で考えた内容を加えましょう。

朝岡 崇史(電通デジタル) 2016/07/12 7:00 (23)

エクスペリエンス × IoT」によるマーケティングの地殻変動は、実現のタイミングにタイムラグはあるにせよ、お客さまのライフスタイルを次々に進化させて行き、結果、マーケティングのランドスケープも大きく変わることになる。

ホームページを育てるための"心得帳" ~ほったらかしのホームページを救え!~(全6回)

誘導からストーリーが生まれる――Webサイトのコミュニケーションは「誘導」から始まる

山本 和泉・藤川 麻夕子(株式... 2016/07/08 7:00 (49)(26)

最終回は「ホームページでのコミュニケーション」について考えます。難しいですが常に考えていきたいテーマです。ホームページ自体がコミュニケーションツールであることを意識していきましょう。

朝岡 崇史(電通デジタル) 2016/07/05 7:00 (22)

IoTが破壊的イノベーションで、エクスペリエンスの重心が「時間」にシフトするとはどういうことか。自動運転が本格化した近未来の、ある教授の通勤の様子から、これまでとまったく異なる「どんなサービスを提供すべきか」を想像してみてほしい。

ホームページを育てるための"心得帳" ~ほったらかしのホームページを救え!~(全6回)

ホームページは作ってからが本番。効果的に更新していくための「アクセス解析」はじめの一歩(第5回)

山本 和泉・藤川 麻夕子(株式... 2016/07/01 7:00 (25)

第5回は「ホームページを見守る」ことについてです。ホームページは作ったあとからが本当のスタート。ホームページを効果的に更新していくために必要な「アクセス解析」のはじめの一歩についてお話します。

ページ

このカテゴリの連載/特集コーナー

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTA
CTAは「Call To Action」の略。日本語の意味としては「行動喚起」と ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore