【レポート】Web担当者Forumミーティング 2016 Autumn コーナーの記事一覧

Web担当者Forumミーティング2016秋の講演をレポート
icon このコーナーについて

2016年11月8日から9日にかけて開催された「Web担当者Forum ミーティング2016 秋」の基調講演や各セッションをレポート。

(全 20 記事)

柏木恵子 3/2 7:00 (159)(43)

社会インフラを提供するような大規模なB2B企業が、グローバルでWeb強化を行った事例を、川崎重工の山下氏が紹介した。B2C企業やECと違い、買うのはビジネスマンだけという業態でも、マーケティングは必要で、Webはブランディングにも使える。しかし、コンテンツの目的・役割の違いを意識することが重要だ。

田口 和裕 2/27 7:00 (148)(59)

AIが進歩すると、リスティング広告はどのように変わっていくのだろうか。それについて媒体社と広告代理店はどう対応していけばいいのだろうか。「AIでリスティング広告はどう変わる」をテーマに、アイレップとヤフーが「今」と「未来」を語った。

柏木恵子 2/22 7:00 (21)

B2B企業にとって、自社の顧客となる企業の数は非常に少ない。また、営業活動には物理的な限界があり、従来のマーケティングのように無駄の多いリストでは効率が上がらない。案件となりそうな企業にしぼって訪問するために、後工程の生産性に注目するのがABM(Account Based Marketing)だ。後編ではKDDIの中東氏がABMを実践する方法を紹介する。

柏木恵子 2/20 7:00 (194)(34)

B2Bのマーケティングで一番大事なのは、案件を作り、それを営業やインサイドセールスに渡すデマンドジェネレーションである。KDDIの中東氏が注目したのは、案件を渡した後のインサイドセールスや営業の生産性だ。これは、後のABM(Account Based Marketing)と呼ばれるものだ。本当の案件売上に繋がるマーケティングとして登場したABMについて、中東氏が解説した。

柏木恵子 2/10 7:00 (39)

マーケティングを「企業と顧客の関係をよくするための活動全般」と定義し、行動経済学を応用すると、重要なのは「自己効力感」「規範」「幸福感」だ。行動経済学とマーケティングについて、慶應義塾大学経済学部の大垣教授が、ユニクロの「全商品リサイクル活動」を例に解説した。

柏木恵子 2/6 7:00 (40)(42)

メール広告にはテクニックがある。コンテンツをクリックしてもらえるかどうかはタイトル次第だが、それはメールマーケティングでも同様だ。ビズオーシャンの堀氏が、メールを開封してもらえるタイトルに必要な10個のポイントや、コンテンツマーケティングや事業コンセプトの作り方について解説した。

柏木恵子 2/3 7:00 (21)

マーケティングオートメーションツールは、闇雲に導入するのではなく、あらかじめきちんと分析してその結果を基に導入すべきというのが、アクティブコアの山田氏の意見だ。顧客タイミング、分析に基づいたアプローチ、そして顧客の志向に合わせることがポイントだと言う山田氏が、それぞれのポイントを解説した。

柏木恵子 2/1 7:00 (3433)(39)

MAツールの役割はリードを案件化することだが、メール配信やスコアリングだけでは十分な案件数を確保できないことも多い。そのため匿名顧客に対するマーケティングも重要だ。

田口 和裕 1/25 7:00 (613)(342)(159)

近年SEOにおいて検索体験(SX)やユーザー体験(UX)の重要性が叫ばれている。しかし、データ偏重の考えに陥りがちではないだろうか。事例と対策として「Web担当者Forum ミーティング 2016 秋」セッションで、サイバーエージェントの木村氏による「データから見るSEOとUXの関係性と対策」と題したプレゼンテーションが行われた。

田口 和裕 1/20 7:00 (39)(46)

ビッグデータや機械学習をはじめとしたAIが注目を集めている背景にあるのは、Webマーケティングの実践が当たり前になり、競争が激化しているため、成果が伸び留まっているという現状だ。ビービットの生田氏がユーザー行動を踏まえた上で成果を向上させるための仮説・実験型の実践手法を事例とともに紹介した。

柏木恵子 1/18 7:00 (266)(59)(29)

「マーケティングとは、そもそも価値を作ること」だとウォンツアンドバリューの永井氏は言う。現在のマーケティング戦略には、価値を作ってユーザーに伝えることが必要だ。価値づくりのヒントとして、自分たちの強みの見つけ方やバリュープロポジションの考え方などを紹介した。

阿部欽一(キットフック) 1/16 7:00 (51)(28)

顧客にどうアプローチすればLTVを最大化できるか。ECサイトの管理者や、BtoCマーケティング担当者には、メール施策の効果に課題を感じる人も多い。エイジアの藤田氏がECサイトの売上アップにつながるメールコミュニケーション施策を実現するポイントを語った。

柏木恵子 1/12 7:00 (132)(32)

マルケトといえばメール配信とナーチャリングというイメージが強いが、実は「Engagement Marketing Platform」というプラットフォーム上に11カテゴリ17種類のアプリケーションを展開でき、必要なアプリケーションをチョイスして契約できる。マルケトの大里氏が、広告連携、モバイルマーケティング、レポーティング、ETL・BIの機能について紹介した。

阿部欽一(キットフック) 1/10 7:00 (245)(31)

デジタルマーケティングに取り組む担当者にとって、スマホサイトのコンバージョン率改善は頭の痛い課題だ。そこで、スマホ最適化やランディングページ最適化(LPO)に取り組む企業も多い。スマホサイト改善の高速化の取り組みに関する秘訣や、チームビルディングの課題、失敗談などについて、エイチームライフスタイルの岩元氏と、ギャプライズの鎌田氏が語った

柏木恵子 1/5 7:00 (199)(73)(28)

可能性ばかりが語られる人工知能(AI)だが、本当にできることは限られている。マーケティングで利用するためには、人工知能がどういうものかを正確に理解する必要がある。明治大学の高木教授が、まず知っておくべき人工知能の基礎を解説、マーケティングで活用される機械学習は人の思い込みを越えることを紹介した。

阿部欽一(キットフック) 2016/12/21 7:00 (252)(36)

潜在顧客へのリーチ拡大を目指すコンテンツマーケティングに取り組む企業は増えたものの各社大きな課題があるのも事実。「ニキペディア」元編集長でもあるアクティブの藤原氏と、同サイトのコンテンツ制作を支援したFaber Companyの月岡氏がターゲット設定やキーワードマネジメント、KPI設定など、コンテンツマーケティングのポイントについて語りあった。

阿部欽一(キットフック) 2016/12/19 7:00 (32)

「データ活用の重要性は認識しているが、具体的なイメージがわかない」。こんな悩みを感じるマーケターは多いだろう。そこで活用したいのが機械学習をはじめとするAIだ。ソフトバンク・テクノロジーの澤本氏は、どんなデータを蓄積し活用すべきか、AIを活用したデータ活用事例について語った。

阿部欽一(キットフック) 2016/12/16 7:00 (22)

デジタルマーケティングの成功にはサイトの管理、運用方法を変えていくことが欠かせない。「HeartCore(ハートコア)」の販売を手がけるジゾンの神野氏がカスタマーエクスペリエンスマネジメント(CXM)の重要性を紹介した。

柏木恵子 2016/12/14 7:00 (37)

ECサイトで最も重要な指標である「売り上げ」を因数分解すると、どこに着目して施策を考えるべきかがわかるというメディックスの近藤氏は、指標のとらえ方を解説し、後半に同社の杉浦氏がそれを実現するソリューションを紹介した。

柏木恵子 2016/12/09 7:00 (80)(25)

コンバージョン率を上げるにはサイト改善とA/Bテストが一般的な手法だが、なんとなくやっても意味がない。「重要なのは仮説構築力」だというPtmindの小原氏がヒートマップを使った仮説構築のポイントを紹介した。

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]