明日の会議に間に合うWeb 2.0虎の巻 コーナーの記事一覧

icon このコーナーについて

Web 2.0というキーワードだと、あいまいで実感がわかないかもしれないが一番影響を受けるのは、実は実際にウェブサイトを企画/運用している担当者なのだ。この特集では、その実態がわかりづらい「Web 2.0」に関して、Web担当者に関係のあるポイントに絞って解説する。

(全 7 記事)

いしたにまさき 2006/10/18 4:03

Web 2.0と呼ばれる状況では、企業のマーケティング活動にもさまざまな変化が訪れている。Web 2.0と総称されている今の状況は、もはやいい悪いと議論するのではなく、すでに起こっている現実として受けとめるべきだろう。ここでは、この状況をマーケティングにどう活かせるのか、そのために有効なツールは何かを紹介する。

徳力 基彦 2006/10/16 10:00

あなたは、「Web 2.0時代」と言われたとき、果たしてどのような印象を受けるだろうか。ネットベンチャーの世界の話だと思ってはいないだろうか。自分には関係ない未来の話だと思ってはいないだろうか。
Web 2.0というキーワードだと、あいまいで実感がわかないかもしれないが、Web 1.0的な世界からWeb 2.0的な世界に変化することで一番影響を受けるのは、実は実際にウェブサイトを企画/運用している担当者なのだ。

Web担編集部 2006/10/13 8:59

Web 2.0を語るうえで避けられないのが、次から次へと出てくる専門用語。単なるIT用語だけでなく、マーケティングやハッカー文化を背景に持つものもあるので、初めてだと理解できないものも少なくない。ここでは、そんな独特のキーワードの中でも特にウェブ担当者としては覚えておきたいものを解説する。

Web担編集部 2006/10/12 8:59

ギョーカイ人の考えるWeb 2.0では、どうやらユーザーによって生成されるコンテンツやユーザー参加型のシステムが重要な要素であるとみなされていることがわかった。では、その大切なユーザーであるごく普通の人は、Web 2.0をどうとらえているのだろうか。

Web担編集部 2006/10/06 8:30

Web 2.0をよりよく理解したい人は、ここで紹介する本をぜひとも読んでもらいたい。より深くWeb 2.0について考えるための参考になるはずだ。

Web担編集部 2006/10/04 21:27

「猫も杓子もWeb 2.0」と騒いでいるネット業界だが、そこに確固とした共通認識があるのだろうか。そこで、ネット業界で活躍する人々を対象にWeb 2.0に関するアンケートを行った。結果は、想像以上にバラエティに富んだ回答が寄せられ、それぞれの“俺流Web 2.0”が大炸裂。あなたなりのWeb 2.0を考える参考にしてほしい。

Web担編集部 2006/10/04 21:26

Web 2.0というキーワードだと、あいまいで実感がわかないかもしれないが一番影響を受けるのは、実は実際にウェブサイトを企画/運用している担当者なのだ。この特集では、その実態がわかりづらい「Web 2.0」に関して、Web担当者に関係のあるポイントに絞って解説する。

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]