Web担 編集後記

Web担当者Forumの編集者による編集後記、毎月更新する予定……そう、予定は未定!
2016/4/28(木) 12:00 tweet109このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用
Web担当者Forum編集後記

毎月、最終営業日に更新する予定のWeb担編集部の編集後記です。こんなメンバーでゆるゆるWeb担を運営しています。

4月の編集後記

安田 英久
編集長 安田 英久

今月の「んまいもの」は、神田「五指山」さんの麻婆土鍋ごはんです。

以前に松陰神社前でやってたときからのファンです。

中華山椒の効いたホットなマーボー豆腐が本格的。夜は本当に「麻婆土鍋ごはん」なのですが、昼は「麻婆土鍋+ごはん」でした。

私は「山椒多め」が好きです。花山椒の「麻」な感じがヒリリときます。辛いのが苦手な人は「山椒・辣油抜き」もできるようですが、それだとこの店で食べる価値がだいぶ減りますね。

ちなみに、昼にこれを食べると、1~2時間は何にも集中できないぐらいの分量がありました。「ごはんも麻婆豆腐も、少な目で」というオーダーができるのか不明ですが、ふつうの分量の半分ぐらいが適量なのではないかと。はい。

ごちそうさまです。

西倫英
西倫英

4月からWeb担編集部に加わりました。どうぞよろしくお願いします。

最近引っ越し熱が高まっているのですが、特に気に入っているのがSUUMOアプリの「なぞって探す」。アプリの地図上でぐるっと範囲を囲むと、そのエリア内の物件を見られる機能です。

「駅からこのスーパーを通って道路を渡った先」とか「コンビニの目の前」とかをピンポイントで探せるので、休みの日に現地を散歩しながらなぞって検索するのもなかなか楽しい。

だんだん本来の目的から離れて趣味みたいになってきているのが気がかり。夏までには引っ越したいところです。

内藤 貴志
内藤 貴志

祖父の四十九日のため、九州に帰省してきました。会うのがほぼ20年ぶり以上の親戚が集合しており、ひと目では誰が誰だか分からないぐらい。中には初めて会う親戚もいて、真面目な話、家系図を印刷して配ったうえで、名札を作っていくべきだったかもしれません。出席者を血縁名で一覧にしてみました。

自分、妻、【1親等】父、母、【2親等】弟、弟の妻、【3親等】甥、姪、叔母1、叔父1、叔父1の妻、叔母2、【4親等】従妹1(叔母1の娘)、従弟1(叔父1の息子)、従弟2(叔父1の息子)、従妹2(叔父1の娘)、大伯母(祖父の姉)、大伯父(祖母の兄)、【5親等】従姪1(従妹1の娘)、従姪2(従妹1の娘)、従伯父(祖父の姉の息子)、従伯母(祖父の姉の娘)、従叔父(祖母の兄の息子)で、総勢23人。

法定親族は6親等までとなっており、こうして見ると、見事に6親等以内に収まっています。自分の方だけでこれだけの人数がいるのですから、結婚すると単純に約2倍の親族がいるわけで、遺産相続で揉めない方が珍しいのかもしれません。幸い、うちではそういう揉め事はありませんでした。遺産相続の本や、遺言書の書き方の本が売れているそうですが、それも納得という気がしました。

冨岡 晶
冨岡 晶

町歩きをしていると、不思議な小道や長細い公園に行き当たることがしばしば。現在住んでいる地域は、かつて都電が走っており、その廃線跡を利用した公園が点在しているようです。東京都内に40以上の系統の路線があったのだとか。

そうした公園には、車輪を使用したモニュメントがいくつもあるようです(我が家の近隣だけで3個所発見)。きっと鉄道ファンには有名な場所なのでしょうね。写真は、そんな1つです。

池田 真也
デスク 池田 真也

ニッポンハムの食物アレルギーに関する情報サイト「食物アレルギーねっと」がスゴイ! 知られざる活動に感動。

先日、あるセミナーでニッポンハムの「食物アレルギーねっと」の取り組みが紹介されていました。これが本気でうるっときたので簡単に紹介します(勢いで「NAVERまとめ」でも作ろうかと思いました)。

ニッポンハムが食物アレルギーの研究を開始したのは1996年のこと。今でこそ一般家庭にまで認知されている食物アレルギーですが、当時はよく知られていなかったそうです。そんななか、お客様相談室に届いた「食物アレルギーの子供でも安心して食べられる製品を開発してください」というメッセージをきっかけに、創業者の大社義規氏が研究を指示したといいます。

ニッポンハムには、“すべての方に「食べる喜び」をお届けしたい”という企業理念があるのですが、それにしたって、利益になるかどうかもわからない研究にいち早く取り組む姿勢がスゴイ。食物アレルギーは、子供に多く見られるそうですが、他の子供たちと同じようにハムやソーセージを食べられないのはかわいそうじゃないか(食肉加工品の多くにはつなぎなどでアレルギー物質が含まれる)と、取り組みがスタートしたんですね。もうね、このあたりからやられましたよ。

その後、研究は進み「食物アレルギー対応食品」や「食物アレルギー検査キット」の販売などがスタートします。検査キットは、厚生労働省から依頼されて作ったというのもスゴイ。

そして、2003年には「食物アレルギーねっと」がスタートしたわけですが、まだネット上の情報が少ない当時、大手企業であるニッポンハムの研究をもとにした情報発信は、アレルギーに悩む消費者にとって安心できる情報源として、とても喜ばれる存在だったようです。もうね、消費者のメッセージ紹介とか完全に泣かせにきてますよ。

CSRだとか、コンテンツマーケティングとかは二の次(ここ想像です)、お客様のためにを地でいっているわけです。そりゃね、これだけお客さんから喜びの声をもらったら、もうやめられませんよね。何のため、誰のためにに仕事しているのか、というのもちょっと考えさせられました。あ、書いてて潤んできた。

まあ詳しくは「食物アレルギーねっと」のサイトに書いてあるのでそちらをご覧ください。プロフェッショナル 仕事の流儀とか、カンブリア宮殿とか、ガイアの夜明けとか、ドキュメンタリー映像化希望。

tweet109このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle