「調査/リサーチ/統計」カテゴリの記事 -すべて

内容カテゴリ「調査/リサーチ/統計」すべての種別カテゴリのすべての記事を表示しています(全1336記事)。

記事を表示する条件を変更する

他の内容カテゴリを表示すべての内容カテゴリ (23709)
SEO (2200) | SEM (905) | アクセス解析 (1783) | CMS (1147) | ユーザビリティ/ペルソナ/IA (719) | サイト企画/制作/デザイン (2033) | Web担当者/仕事 (3483) | モバイル (1426) | メールマーケ (391) | EC/ネットショップ (2629) | 広報/ネットPR (595) | マーケティング/広告 (5416) | 調査/リサーチ/統計 (表示中) | 法律/標準規格 (110) | レンサバ/システム (1202) | その他 (2324)

記事種別で絞り込んで表示
解説/ノウハウ (61) | 事例/インタビュー (15) | 調査データ (288) | コラム (18) | マンガ/小説 (0) | 書評 (8) | 便利ツール/サービス (13) | イベント/セミナー (83) | その他 (1) | ランキング/まとめ (10)

記事タイプで絞り込んで表示
全タイプ (表示中) | 編集記事 (183) | ニュース記事 (870) | ユーザー投稿記事 (283)

「調査/リサーチ/統計」カテゴリの記事 -すべて

全 1336 記事(記事公開日時の新しい順)

ページ

株式会社ブレインパッド 5/23 14:00


 

詳細・お申込みはこちらから

https://goo.gl/hcbQ4j

 

最近では、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSアカウントをひとつも持っていない、という人は稀ではないかというくらいソーシャルメディアは私達の日常の一部となっています。 
これにより、企業は生活者とのコミュニケーションの距離が近くなり、ユーザーの声をよりダイレクトに受け取れるようになりました。また、生活者のリアルな声が溢れるソーシャルメディアは、新たなブームの発信元であり、 無視できない存在になっているのは誰もが感じることでしょう。

山川 健(Web担 編集部) 5/17 17:53

電通は、20ヵ国・地域で「ジャパンブランド調査2017」を実施し、結果を5月17日発表した。全体の約8割が訪日意向を持ち、フィリピン、ベトナム、タイがトップ3となった。

山川 健(Web担 編集部) 5/16 16:56

広告代理店のアサツー ディ・ケイ(ADK)は、18~29歳の若年層で情報が拡散する構造をクラスター(集団)ごとに分析する新しいツール「ワカナビセブン」を開発した、と5月15日発表した。

西 倫英(Web担編集部) 5/11 7:00 (764)(121)(27)

10代の「SNOW」利用率は「Instagram」以上。情報検索に最も使うのは検索エンジンではなく「SNS」――ジャストシステム「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年4月度)」調査結果より。

ナビプラス株式会社 5/10 11:44

本日は、ナビプラスの越境EC支援サービス「BuySmartJapan」における海外消費者動向についてのレポートをお届けします。

BuySmartJapanでお届けした商品と国(配送先)

訪日外国人観光客による「爆買い」が落ち着きつつある中で、海外消費者の需要は国境を越えECサイトで商品を購入する「越境EC」に向かっていると言われます。

ナビプラスでは、既存の国内向けECサイトをそのまま利用し、越境ECに対応させるソリューションとして「BuySmartJapan」を提供しております。手軽に越境EC対応したいというEC事業者のニーズにお応えし、2015年の汎用リリース以来、60以上のECサイトへの導入が進んでおります。
 

NTTコム オンライン・マーケ... 5/8 11:36

NPS(Net Promoter Score)は、顧客満足度に代わる新たな指標として注目されています。既存顧客に対するアンケート調査に推奨度を問う設問を設けることで、NPS調査を実施している企業も少なくありません。すでに欧米では公開企業の3分の1以上が導入しており、国内企業の導入も進んでいるNPSはマーケティング領域でのトレンドの1つとなっています。

一方で、NPSを導入したものの、既存顧客の維持や新規顧客の獲得といった具体的な成果を獲得できずにいるという企業も少なくありません。

そこで、本コラムではNPSを活用して成果を出すためのポイントとしてNPS調査における設問設計と実査について解説します。

→この記事の続きを読む

目次

光安 史枝(NTTコム オンラ... 4/25 7:00 (68)(21)

NPS調査票の構造はとてもシンプルですが、その設問はNPSと相関の高いロイヤルティ項目を仮説を立てて選ばなければいけません。ここでは、NPS調査票の要素とカスタマージャーニーマップからロイヤルティ項目を抽出する方法を解説します。

西 倫英(Web担編集部) 4/17 12:23 (72)(38)

D2Cは、サイバー・コミュニケーションズと共同で2016年1月~12月におけるインターネット広告市場規模推計調査を実施し、4月17日に調査結果を発表した。スマートフォン広告が全体の6割を占め、ビデオ広告も急速な成長が見られた。

NTTコム オンライン・マーケ... 4/11 20:43

お客様の心をつかむプロモーションや商品開発のヒントをつかむには
商品の新しい楽しみ方、ニーズを発見するソーシャルメディア分析

商品開発をする、プロモーションを行う。
そのようなとき、市場調査を行うケースが多いのではないでしょうか。そこで集められる回答は非常に参考になるものです。
一方で、ソーシャルメディアが普及した現在、人々は何かを食べたとき、どこかへ行ったとき、心が動いたときなどに、リアルなその時の本音、シーンを語っています。その本音、シーンは、記入して得られるアンケートや、位置情報による調査等では取りこぼしているものかもしれません。
そこでは、メーカーの担当者でさえ思いつかなかったような、思いもよらぬ商品の楽しみ方や利用方法が見つかります。

NTTコム オンライン・マーケ... 4/11 15:32

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本 良江、以下NTTコム オンライン) は、航空業界を対象に、顧客ロイヤルティを図る指標であるNPS®の業界ベンチマーク調査を実施しました。この結果、最もNPS® が高いのはANAとなりました。
 また、航空業界全体で「予約のとりやすさ」や「コストパフォーマンス」など18の項目について調査したところ、「チケットの購入しやすさ」の満足度が最も高く、「マイルのためやすさ、使いやすさ」の満足度が最も低くなりました。
 さらに、大手航空会社(レガシー・キャリア)とLCC(ロウ・コスト・キャリア)にわけて分析したところ、LCCは「コストパフォーマンス」を除くすべての項目で大手航空会社よりも満足度が低い結果となりました。ただし、LCCでは、「食事や飲みのもの質」「機内エンターテイメントの質」など付加的なサービスへの期待値も低く、大手航空会社との違いとして受け入れられていることが分かりました。

岩佐 義人(Web担 編集部) 4/6 13:55

視聴行動分析のニールセンデジタルは、オンライン視聴測定ログ情報と、調査対象パネルの商品所有/認知情報や他メディアの接触情報を融合したデータベースサービス「NetView Lifestyle Po

山川 健(Web担 編集部) 3/30 17:24

アプリ市場データ調査の米国App Annie(アップアニー)は、2016~2021年のアプリ市場の予測を3月30日発表した。

株式会社ブレインパッド 3/30 16:00


 

詳細・お申込みはこちらから

https://goo.gl/d15WIX

 

最近では、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSアカウントをひとつも持っていない、という人は稀ではないかというくらいソーシャルメディアは私達の日常の一部となっています。 
これにより、企業は生活者とのコミュニケーションの距離が近くなり、ユーザーの声をよりダイレクトに受け取れるようになりました。また、生活者のリアルな声が溢れるソーシャルメディアは、新たなブームの発信元であり、 無視できない存在になっているのは誰もが感じることでしょう。

山川 健(Web担 編集部) 3/29 17:25

ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)の運用を行う日本レジストリサービス(JPRS)は、「JPドメイン名」の登録管理業務に関する2016年の年次報告書「JPドメイン名レジストリレ

株式会社アイアクト/星さくら 3/29 16:22

AI・コグニティブソリューションの株式会社アイアクトは、2017年1月~3月において「AIに関しての意識調査」を実施いたしました。

【調査結果トピックス】

●企業の「AI導入検討」は約4割。
2017年3月時点での割合、2017年中にもAIに関する情報や導入事例が増えてくるにつれ、更に期待が高まり、AI導入を検討する企業も増加するでしょう。

●社内のAIに関する人員、予算の確保は全体の約30%
国内ではまだまだ事例の少ない中で、2017年はAIへの関心が一段と高まり、企業では予算化や人員確保という動きにも発展、活発化していることがわかりました。

●AIを活用したい業務、1位:マーケティング、2位:営業、3位:製造・販売、5位:人事と、様々な業務での必須システムとなってくる可能性がうかがえます。

調査結果の詳細レポートはこちら

【調査概要】

池田真也(Web担 編集部) 3/24 7:00

アイレップは3月23日、データフィード最適化サービス「Marketia Feed Manager」にサイトクローリング機能を実装したことを発表した。

岩佐 義人(Web担 編集部) 3/23 7:00 (23)

デジタルウォレットサービスのペイパルは、調査会社イプソスとの共同調査による越境ECグローバル調査を行い、3月22日、結果を発表した。2016年時点で主要32ヵ国のEC市場は約160兆円だった。

インフォテリア 3/21 11:41

独特の帳票文化を持つ日本の企業において、Excelをはじめとするスプレッドシートはとても馴染み深いものだ。顧客情報リスト、社内申請書のフォーマット、帳票、工程管理など、社内情報の管理や運用にExcelを利用している企業は多い。昨今では、Office365などのクラウドサービスとソフトウェアがセットになったサービスも登場し、利便性はさらに高くなっている。

その一方で、Excelの業務利用におけるリスクは少なくない。経済産業省が7年以上も前から、財務報告におけるスプレッドシート(表計算ソフト)を使用する5つのリスクについて指摘し、利用に関しての注意喚起をし続けている。

例えば、スプレッドシート内で使われているマクロや計算式を第三者が検証していない場合、不正や計算式の誤りが見逃されるリスクが指摘されている。その対策として、企業が規則、仕組、チェック体制などを整備するよう示唆されている。

このような5つのリスクについてホワイトペーパーでは、ひとつひとつ考察している。

植之原道宏 3/18 16:47

Google Trendで日本での”AI”という単語の検索数トレンドをみると、ここ1, 2年で二倍近くに増えているのがわかります。たしかに毎日のように経済新聞でもAI関連の記事を見るようになりましたが、
最近のオンラインメディアで取り上げられている記事からピックアップした最近のAI技術が次の段階に向かいつつあることを感じさせるふたつのトピックを紹介します。

AI技術が向かいつつある次の段階

 

山川 健(Web担 編集部) 3/15 16:52 (23)

NTTコミュニケーションズグループでデジタルマーケティング基盤構築支援のNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは、同社のインターネットアンケートサービス「NTTコム リサーチ(旧

光安 史枝(NTTコム オンラ... 3/8 7:00 (126)(48)(23)

企業の成長のカギはロイヤルカスタマーが握っている。しかし、従来の顧客満足度調査では本当の顧客ロイヤルティは測れない。そこで使われるのが「NPS」だ。ここでは、NPSの考え方と算出方法を解説する。

株式会社ブレインパッド 3/2 19:14

機械学習で実現するダイレクトマーケティングの生産性改善セミナー

≪詳細・お申込みはこちら≫

https://goo.gl/EZHLuW

多様化し複雑化するお客様個々の嗜好や行動までを把握するのは困難であり、最適な商品・サービスをタイムリーにお客様に提供できず、結果として業績の向上は困難になります。

このような課題解決の手段として、最近注目されている方法として機械学習があります。
機械学習は、最新かつ大量のデータからお客様の特徴や変化を学習し、お客様個々に最適な商品・サービスを提案するための気付きを与えてくれます。

山川 健(Web担 編集部) 2/28 16:49 (55)(38)

米国アドビは、モバイルに関する最新調査「Adobe Digital Insights(ADI)」の結果を2月27日発表した。2016年の世界のインターネットトラフィックに占めるスマートフォンの割合は、日本が47%でトップだった。

岩佐 義人(Web担 編集部) 2/24 17:46

映像・音声データ配信関連のJストリームは、社員に人気がある動画コンテンツや企画・実施担当者の課題を把握し、今後の動画企画時に参考となるデータを得るため、「社内向けコミュニケーション動画の企画に関

池田真也(Web担 編集部) 2/23 18:36 (26)(44)

電通は2月23日、2016年1月~12月の日本の総広告費を推定した「2016年 日本の広告費」を発表した。日本の総広告費は6兆2,880億円(前年比101.9%)となり、5年連続で前年実績を上回った。

インフォテリア 2/20 11:15

1990年代初頭に登場した顧客との関係性をマネジメントするCRMは、SFAやコールセンターシステム、最近ではMA(Marketing Automation)など具体的な業務支援のツールの形で多くの企業に導入されている。

しかし、実際に運用を始めてみると、なかなかうまくいかずに苦労している企業も少なくない。実はCRMについての大きな誤解があるために、ツールを導入してみたものの思い描いていたような姿にならないのが実態なのだ。CRMが顧客の声を集めて自社の経営戦略に生かすために重要なものであることは間違いないが、なぜうまくいかないのだろうか。

そんなCRMにまつわる誤解について紐解いていきながら、あるべき理想的な姿とそのために欠かせない仕組みについて詳しく見ていきたい。

山川 健(Web担 編集部) 2/16 7:00

NPSベンチマーク調査。対象にした8社のISPでトップは関西電力系のケイ・オプティコムが提供する「eo光」だった。

山川 健(Web担 編集部) 2/13 17:27 (44)(30)

電通グループのシンクタンク、電通総研のメディアイノベーション研究部は、若年層スマートフォンユーザーの写真や動画アプリを使用したビジュアルコミュニケーションの研究で、SNS(ソーシャルネットワーキ

広瀬信輔(ひろせしんすけ) 2/12 15:53

[転載元]リターゲティング広告の純増効果測定方法「スプリットテスト」の解説 ~Fringe81 佐藤様インタビュー~|DML

リターゲティング広告の概要

リターゲティング広告の仕組み

リタ―ティング広告とは行動ターゲティング広告の1つであり、アドネットワークが登場した初期から多くの広告主に利用されてきた広告です。現在でもアドネットワークやDSPに広告出稿している広告主のほとんどが、リターゲティングを行っているでしょう。

リターゲティングでは1度自社のWebサイト(正確にはリターゲティング用のタグを設置できるメディア)に訪問したユーザーをリスト化し、そのリストに対して広告配信を行います。自社サイトへ訪問経験があるということは、それだけ興味関心レベルが高いユーザーということになるため、他のオーディエンスターゲティング等と比較して、媒体レポート上のCVやCPAが良くなることが多くあります。

株式会社サムライズ 2/10 15:11

本セミナーでは、実際にクラウド型BIを使用して、短時間でレポートを作成する方法を学びます。

セミナー後半では、ご自身でレポート・ダッシュボードを作成していただきます。

【こんなお悩み、課題がある方にオススメのセミナーです】
・デーダの活用方法がわからない・・・
・別のデータソースのデータを組み合わせてレポートを作成したい
・エクセルデータが多すぎで編集するのに時間がかかる・・・
・とにかく資料作成に時間をかけたくない・・・

岩佐 義人(Web担 編集部) 2/9 18:29 (23)

インターネット広告のサイバーエージェントとデジタル市場調査のデジタルインファクトは、共同で国内インフィード広告(ソーシャルメディアやモバイルサイトのフィードに表示される広告)の市場動向調査を実施

岩佐 義人(Web担 編集部) 2/8 12:02 (64)(37)

インターネット調査のマクロミルは、サービスの幅が広がっているソーシャルメディアについて、人気のあるサービスや、その利用状況を調査し、2月7日、結果を発表した。

岩佐 義人(Web担 編集部) 2/7 7:00 (23)

インターネット調査のマクロミルと、デジタル市場調査のデジタルインファクトは、共同で動画広告市場の動向に関する業界アンケート調査を実施し、2月6日、調査結果を公表した。

会見卓矢 2/6 13:08

概要

2015年は日本でのマーケティングオートメーション元年と言われ、2016年は勢いそのままにマーケティングオートメーション(MA)を導入する企業が右肩上がりに増え続けています。
マーケティングオートメーションはメール配信の自動化やリードの行動データの収集をするものの、施策・戦略の企画はしてくれません。言うまでもなくマーケティングで重要なのは、施策・戦略の企画からPDCAで運用をする部分です。

そこで今回のセミナーでは、マーケティングに重要な施策・戦略の企画の極意と、マーケティング施策を含めた企業の「現場データ」をビジネスインテリジェンス(BI)ツールを使って分析する極意をお伝えします。

株式会社ブレインパッド 2/3 14:04

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)と株式会社ブレインパッドは、SAPジャパン株式会社の予測分析ソフトウェア「SAP® BusinessObjects™ Predictive Analytics」を使用したデータ分析プラットフォームの提供を開始します。

本リリースの詳細はこちら

池田真也(Web担 編集部) 2/1 16:51 (48)

電子出版事業のインプレスR&Dは2月1日、インターネット市場の動向をまとめた年鑑『インターネット白書2017 ~IoTが生み出す新たなリアルな市場~』を発刊した。

植之原道宏 1/28 17:06

接客向けから産業用まで様々なロボットを集めた展示会「ロボデックス」が17日〜19日まで東京ビックサイトで開催されました。初回の今年はNECグループ、日立製作所グループ、東芝など国内外の137社が出展。会場では人工知能(AI)技術をロボに応用する事例紹介が目立っていたようです。

 

第一回ロボデックスなどにみるロボットに関するトレンド

植之原道宏 1/21 17:48

電子カルテ、医用画像管理、遠隔画像診断、域医療連携システム、在宅療養支援サービス
などのいわゆる「医療クラウド」がいよいよ大病院から導入が進みつつあります。
総務省が厚生労働省と連携して医療情報連携ネットワークの構築を目指していることもあり
大手ITベンダからの医療クラウドのサービス提供もいろいろ出てきており
最近、注目されつつある医療クラウドをとりあげている記事を紹介します。

 

いよいよ本格拡大フェーズになるか医療クラウド

植之原道宏 1/14 14:34

2016年から2017年にかけて、「ビッグデータ」のトレンドが感じられるオンラインメディアの記事をピックアップして紹介します。ビッグデータに関するイベント紹介記事から、ビッグデータの金融や教育分野での活用の広まりを紹介している記事まで。「ビッグデータオールスターズ」のレポートはGoogle, TreasureData, Facebook、TreasureDataなどそうそうたる登壇者の講演からパネルディスカッションまでリアルにその場の雰囲気を伝えてくれています。

2017年に向けて「ビッグデータ」はまだまだホット

岩佐 義人(Web担 編集部) 1/12 18:07

プログラム開発・運用のデータセクション、デジタルコンサルティングのデジタルインテリジェンスが主催するデータエクスチェンジコンソーシアム(DXC)は、会員企業限定で運用していたデータカタログサイト

植之原道宏 1/7 16:23

「ディープラーニング」というキーワードとともに、画像認識の精度が飛躍的に向上したとか、囲碁でも人間をやぶったなど、注目が続くAI。年始のオンラインメディアでもAI関連の記事は多数見受けられましたが、AIが実際にどのように暮らしの中で活用が広まっていきそうなのか、感じられ記事をピックアップして紹介します。

 

年始のオンラインメディアに見るAI関連トレンド

植之原道宏 2016/12/24 14:54

re:Invent 2016では、AWSがこれまでのホスティングベースの提供から
アプリケーションの開発・デバッグまで一貫した環境を提供する存在と変わっていくことになる
開発を支援するサービスをふたつ発表しています。開発を支援するサービス「AWS CodeBuild」、
デバッグや分析などを行うサービス「AWS X-Ray」を紹介します。

 

AWS re:Invent 2016にみる開発環境としてのAWS

岩佐 義人(Web担 編集部) 2016/12/22 18:15 (21)

インターネット調査のニールセンは、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)、および、PC版インターネット視聴率情報Nielsen

山川 健(Web担 編集部) 2016/12/20 17:00 (21)

デジタルマーケティングソリューションのフランスCriteo(クリテオ)の日本法人、CRITEOは「国内・海外旅行の実態と旅行予約に関する意識調査」の結果を12月19日発表した。

山川 健(Web担 編集部) 2016/12/16 7:02 (42)(26)

デジタルマーケティング支援事業を手掛けるトライベック・ストラテジーの子会社でブランド戦略コンサルティング事業のトライベック・ブランド戦略研究所は、15業界・150サイトの使い勝手や安全性などユー

山川 健(Web担 編集部) 2016/12/08 16:03

ネットセキュリティーのイー・ガーディアンは、2016年(1~11月)のネット炎上に関してきっかけになった事象や傾向を調査した「2016年炎上ランキング」を12月8日発表した。

山川 健(Web担 編集部) 2016/12/08 16:00

博報堂は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループでデータベースマーケティングのCCCマーケティング、博報堂グループで市場調査会社の東京サーベイ・リサーチ(TSR)と業務提携した、と

株式会社ブレインパッド 2016/12/07 20:41

詳細・お申込みはこちらから

近年、TwitterやFacebookをはじめとするソーシャルメディアが発達したことにより、従来のアンケート調査などでは得ることのできなかった、製品やキャンペーンに対するユーザー層の「生の声」、「本音」など多くの貴重な意見をインターネット上で目にするようになりました。 しかしながら、企業はそういった情報を自社のマーケティング活動やキャンペーン測定に、具体的にどのように活かしてよいかわからず漠然と行っている、というのが実情ではないでしょうか。

山川 健(Web担 編集部) 2016/12/07 16:35

日本経済新聞社は、同社が展開する企業・業界情報分析サービス「日経バリューサーチ(ValueSearch)」で、信用調査大手の帝国データバンクが保有する未上場企業を含む国内100万社以上の企業情報

株式会社サムライズ 2016/12/06 15:03

株式会社サムライズは、クラウドBIツール『GoodData』の
セキュリティ向上を図るため、新たに『 IPアドレス制限機能 』を追加し、
2016年12月6日(火)より日本市場での提供を開始いたします。

ページ

このカテゴリの連載/特集コーナー

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

NAP
「NAP」とは、 Name(店舗や会社の名前) Address(所在地) ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore