衣袋宏美のデータハックス
アクセス解析をはじめたら必ず設定すべき6つの項目 [アクセス解析tips]

アクセス解析を導入する際に、注意すべき設定項目と設定例、その理由などを解説

ページ

衣袋宏美のデータハックス

前回に引き続いて、アクセス解析ツール導入のプロセスの2回目ということで、前回ご紹介できなかった、実際のいくつかの設定例やそれが必要な理由などを解説していく。

この記事で紹介する内容は、次の6点だ。

では、それぞれについて見ていこう。

集計対象の拡張子やページの決定

まずはページビューの計測対象とするファイルの絞り込みだ。JavaScriptタグ型なら計測対象のページにタグを実装するだけで済むが、サーバーログファイル型ではすべてのファイルのリクエストが記録されるので、どの拡張子を対象とするのか、あるいは対象としないのかなどを決めないと、必要ないページまで集計対象に含まれてしまう

図1はサーバーログファイル型ツールであるSiteTrackerの「除外するページ」の設定画面である。画像ファイルの拡張子である.gif、.jpg、.pngやJavaScriptファイルの.js、CSSファイルの.cssなどは、あらかじめデフォルトとして設定されている。

図1 集計から除外するページの設定画面(SiteTracker8.1)
図1 集計から除外するページの設定画面(SiteTracker8.1)

デフォルトの設定以外にどのような拡張子やファイルを除外するべきなのかは、実際に集計してみないとわからないものだ。そのため、導入の際に完璧を目指すのではなく、とりあえずわかる範囲で設定した段階で、いったん集計してみることがお勧めだ。そうすると、デフォルトで除外されている拡張子以外にも、favicon.ico、robots.txtといったファイルは除いておこうといった判断ができるようになる。

サーバーログファイル型のツールでは、最初から一発で完成度の高い集計を出そうとしても難しい。データをきれいにするための準備として、こうしたテスト集計をすることは非常に重要である。2~3回の試行錯誤で、かなりきれいなデータにできる。

テスト集計では、集計する必要のないページやファイルの削除に加え、検索エンジンのロボットからのアクセスを排除する指定を行う。これは後でも述べるが、ロボットと思われるユーザエージェントを見つけて、そのデータを除くという処理を行うことで対処する。これでかなりきれいなデータになる。

内容が同じページのURLの統一

次に必要となる設定は、実質的に同じ内容のページのURLを1つにまとめることである。たとえば、トップページやコーナートップページのURLだが、URLの末尾が「/」と「/index.html」のどちらでリクエストされても、そのまま表示できるようになっている場合がある。このまま何も設定をしないと、同じページであるにもかかわらず、URLが異なるために別々に集計されてしまうといった事態が生じてしまう。

これはサーバーログファイル型でもJavaScriptタグ型でも生じる可能性がある問題だ。こういったケースでは、アクセス解析のツール側の設定で同一化処理をすることで対処できる。

図2 インデックスページの設定画面(SiteTracker8.1)
図2 インデックスページの設定画面(SiteTracker8.1)

クエリーパラメータの処理

クエリーパラメータの処理も大事だ。セッションIDなどのあまり意味のない変数(パラメータ)がある一方、非常に大事なパラメータもある。たとえば、ECのサイトで、商品カテゴリや商品を表すIDなどは重要な意味を持つパラメータなので、残しておかなければならないだろう。

図3は、Google Analyticsのプロファイル設定画面だが、ここにある「URLクエリパラメータを除外」という設定項目を使うと、意味のないパラメータを無視するように指定できる。ここで何も設定しない場合は、パラメータの異なるURLはすべて異なるURLとして集計する。

図3 プロファイル設定画面(Google Analytics)
図3 プロファイル設定画面(Google Analytics)

これとは逆に、基本的にはパラメータはすべて捨てる(無視する)のがデフォルトになっているツールもある。そのようなツールでは、特定のパラメータを残す、あるいは残したいパラメータをグルーピングするような処理を施すといった対処をする必要がある。具体的にどのようなパラメータを残すか、どのように設定するかについては、ベンダーと相談すべきだ。

次のページへ

ページ

tweet58このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle