CMS導入活用ガイド
CMSとは――導入から構築まで

なぜCMSを導入するのか? 企業Web戦略基盤を支えるCMS/CMS特集#3

多様化するユーザーニーズに応えるためにも、手作業の更新を卒業してCMS導入の検討が必要
吉村 正春 2009/12/2(水) 10:00 |
tweet2はてなブックマークに追加 印刷用

ページ

[AD]
CMSとは――導入から構築まで

CMSによって運用効率やコスト削減などの効果が得られるが、CMSの役割はそれだけではない。今、CMSが必須とされているのは多様化するユーザーニーズに応えるために、企業がビジネス戦略においてWebサイトを戦略的に運用する必要があり、そのための基盤となるツールが必要だからだ。

ビジネスツールとして注目を集めるCMS

すでにこの特集でも解説しているし、ご存じの通り、CMSはWebサイトの更新・運用負荷を軽減してくれるツールである。HTMLタグに馴染みのない人でも簡単にWebページを更新できる、というのが一般的な認識だろう。いわゆるWCM(Web Content Management)としての機能だ。

確かに、こうした更新ツールとしての役割も大きなメリットである。しかし現在、CMSは単なるWebサイトの更新・運用ツールの域を超えて、企業のWeb戦略を強力にサポートしてくれる存在として注目を集めている。企業が自社サイトを持つことが当たり前となった今、企業サイトをどのようにビジネス戦略に結びつけていくかが問われているが、同時に企業が有する膨大なコンテンツ資産を管理し、戦略的に運用するためにCMSが必要不可欠な存在として認識されつつある。

CMSがなぜWeb戦略に必要不可欠なのだろうか。

副次的な効果も含めればWeb戦略に関わるほぼすべての領域でCMSの恩恵を受けられるが、1つ言えることは、今やWebサイトは、ユーザーにとって最も身近な企業窓口であり、ユーザーのニーズを満たすために必須のものだということ。そして、Webサイトの社会的な役割が大きくなるなかで、それらに応えるためには、もはや手作業の管理だけでは限界があるということだ。

インターネットが生活と密接に

2000年以降、インターネット環境は急速に普及し、今では日常生活に密接なツールとなった。同時に、Webサイトは速報性に優れたメディアとして確立され、マスメディアと同様に正確かつ迅速な情報発信が求められている。

また、Webサイトがメディアとして認知されたことで、「企業サイトには常に最新の情報が掲載されている」とユーザーが考えるようになった。新商品が発売されるとその情報はいち早く企業サイトに掲載されているはず、何か不祥事が発生したら謝罪や事後対応は企業サイトでアナウンスされて然るべき、それが一般的なユーザーの認識である。ところが、外部の制作会社にその都度ページ制作を依頼しているために、リリースを掲載するだけなのに数日かかる、重大な間違いを見つけたが修正に半日かかるといった状況もすくなくない。こんな有様では、Webサイトでユーザーニーズを満たしているとは言えない。正確に間違いなく、すばやく大量に情報発信をするためにも、CMSの導入が求められている。

図1 インターネットがメディアとして確立されたことで、さまざまなニーズを持ったユーザーがサイトを訪れるようになり、ニーズも多様化。手作業の更新だけで、ユーザーごとに適切な情報を正確かつすばやく伝えることは難しい。
次のページへ

ページ

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
tweet2はてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore