衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

Googleアナリティクスの導入から、運用、活用まで、正式なサポートがない初めての人でもゼロから学んでいけるように、丁寧に解説していく。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座
GoogleアナリティクスとAdWordsの連携、いつやるか? いまでしょ! 詳しいAdWords分析のための正しい設定方法[第46回]

AdWordsからの訪問を細かく分析したいなら、あらかじめきちんと連携設定しておこう。

ページ

Googleの検索連動型広告サービスAdWordsを利用している人は多いと思う。では、そのうちどれくらいの人が、Google アナリティクスとのサービス連携を正しく設定できているだろうか?

AdWordsを使っていても、自動でGoogleアナリティクスと連携されるわけではない。Google アナリティクスとのサービス連携を行っていないと、データを完全に取り込めないので、集計データの一部が残念な状態になっていることがよくある。不明なデータを表す「(not set)」を何とかしてほしいという声を頻繁に聞くのだ。

今回はデータ活用の前に、そもそもこの活用以前で困っている状態を正すところに焦点を当てる。

AdWordsとGoogleアナリティクスを連携させていない状態では……

まず、AdWords関連の設定をしていないGoogleアナリティクスで、リスティング広告の分析メニューがどんな状態になるのかを確認しておこう。

図1:[トラフィック]レポート群
図1:[トラフィック]レポート群

AdWordsの分析は、[トラフィック]>[広告]>[AdWords]レポート群(図1赤枠部分)から行う。

操作手順
  1. グローバルナビゲーションの[レポート]をクリックする
  2. 画面の左側にあるメニューで、[トラフィック]をクリックする
  3. メニューが開くので、[広告]をクリックし、[AdWords]をクリックする

AdWordsでは、自動タグ設定がデフォルトで有効になっているので、これを利用している場合が多いだろう。この場合、Google アナリティクス側では、AdWordsからの訪問については、自動的に参照元を「google」、メディアを「cpc」と判定し、[トラフィック]>[参照元]>[すべてのトラフィック]レポートに表示してくれる(図2赤枠部分)。

操作手順
  1. グローバルナビゲーションの[レポート]をクリックする
  2. 画面の左側にあるメニューで、[トラフィック]をクリックする
  3. メニューが開くので、[参照元]をクリックし、[すべてのトラフィック]をクリックする
図2:[トラフィック]>[参照元]>[すべてのトラフィック]レポート下部の一覧データ表示部
図2:[トラフィック]>[参照元]>[すべてのトラフィック]レポート下部の一覧データ表示部

ところが、AdWordsとの連携を設定していない状態ではこれ以上のデータの連携がされず、検索キーワードへドリルダウンすることもできない

また[トラフィック]>[広告]>[AdWords]>[キャンペーン]レポートでは、図3赤枠部分のように、AdWordsを利用している全体に対する指標は表示されるが、「(not set)」という表示でまとめられ、キャンペーン別明細のないデータが表示されることになってしまう。明細を見ることができないので、ほとんど意味のない状態だ。

操作手順
  1. グローバルナビゲーションの[レポート]をクリックする
  2. 画面の左側にあるメニューで、[トラフィック]をクリックする
  3. メニューが開くので、[広告]をクリックし、[AdWords]をクリックする
  4. [キャンペーン]をクリックする
図3:[トラフィック]>[広告]>[AdWords]>[キャンペーン]レポート下部の一覧データ表示部
図3:[トラフィック]>[広告]>[AdWords]>[キャンペーン]レポート下部の一覧データ表示部

AdWords管理者にGoogleアナリティクスの管理者権限を付与する

AdWordsの情報をもっと詳しくGoogleアナリティクスで確認できるようにするには、アカウントを連携させる作業をしておく必要がある。

ただし、AdWordsアカウントとGoogleアナリティクスのアカウントを連携させるには、双方のアカウントの管理者であることが必要になる。そのためあなたがAdWordsアカウントの管理者ではなく、AdWordsアカウント管理者がGoogleアナリティクスのアカウント管理者でない場合は、AdWordsアカウント管理者に一時的にでもGoogleアナリティクスの管理者権限を付与して作業してもらう必要がある。

Googleアナリティクスのアカウントへのユーザーの追加と権限の設定は、この連載の第7回を参考にしてほしい(この場合、ユーザーの[役割]として「管理者」を選択する)。

もしAdWordsアカウント管理者にアナリティクスのデータを見せたくないのであれば、一時的にこの連携作業時だけ管理者権限を付与し、連携作業後に閲覧権限を削除すればよい。いったんデータの連携作業が完了すれば、その後もデータ連携は継続したままになっているからだ。

次のページへ

ページ

筆者の『ユニバーサルアナリティクス版Googleアナリティクス完全マニュアル(PDF)』が発行されました。

筆者が講義を行うGoogle アナリティクス徹底講座も、定期的に開催しています。  → Google アナリティクス ゼミナール

tweet39このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

3Bの法則
広告表現の中で、美人(Beauty)、赤ちゃん(Baby)、動物(Beast)を ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle