衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

Googleアナリティクスの導入から、運用、活用まで、正式なサポートがない初めての人でもゼロから学んでいけるように、丁寧に解説していく。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座
「コンバージョン数」と「コンバージョン率」を理解する[第20回]

アクセス解析でもっとも重要な指標の1つであるコンバージョンを取り上げる。

ページ

今回は、アクセス解析でもっとも重要な指標の1つであるコンバージョンに関する2つの指標「コンバージョン数」と「コンバージョン率」を学ぼう。まずは、コンバージョンとは何かから説明を始める。

「コンバージョン」「コンバージョン数」とは?

「コンバージョン」とは、Webサイトを訪問した人が、商品を購入したり資料請求したりするなどして、あらかじめサイトのオーナーが設定した“Webサイトの目標”を満たす行動をとったことを指す。

何をコンバージョンとするかは、サイトの目的によってさまざまだ。ECサイトなら商品購入、顧客獲得サイトなら会員登録や資料請求が一般的だが、その他にも、サイトによっては、

  • サポートページでプログラムの更新ファイルをダウンロードすること
  • アンケートに回答すること
  • メールマガジンに登録すること

などをコンバージョンとする場合もある。

コンバージョンは、コンバージョンした訪問に結び付けてカウントされ、集計期間中にコンバージョンがあった訪問の回数のことを「コンバージョン数」という。

「コンバージョン数」をカウントするために必要な準備

「コンバージョン数」をカウントするためには、Googleアナリティクスの管理画面で特別な設定をしておかなければならない。具体的には、プロファイルの目標設定画面(図1)で、目標を設定する。ここで設定する「目標」が、コンバージョンの対象となる行動のことだ。

プロファイルの目標設定画面の開き方など、くわしい設定方法は第5回の「プロファイルの目標を設定する」で説明しているので、そちらを参照してほしい。
図1:プロファイルの目標設定画面
図1:プロファイルの目標設定画面

目標は、以下の4つのタイプから選んで設定できる(図1赤枠部分)。画面での表記とは異なるが、噛み砕いて説明するとそれぞれの意味は以下のようになる。

  • URLへのアクセス ―― 特定のURL(群)にアクセスしたらコンバージョン
  • 訪問の滞在時間 ―― ある訪問内でサイトに一定時間以上滞在したらコンバージョン
  • 訪問別ページビュー ―― ある訪問内で一定数以上のページを閲覧したらコンバージョン
  • イベント ―― 特定のイベントが発生したらコンバージョン(Googleアナリティクスのトラッキングコードでイベントトラッキング用のカスタマイズが必要)

たとえば、「URLへのアクセス」で、「このページにたどり着いたらコンバージョンとみなす」というページのURLを目標URLとして設定したとしよう。この場合、サイト滞在中にそのURLへアクセスした訪問は「コンバージョンした」と見なされ、コンバージョン数にカウントされる。その他のタイプも同様で、設定した目標を達成した訪問がコンバージョン数にカウントされる。

「コンバージョン数」を確認できるGoogleアナリティクスのレポート

Googleアナリティクスでは、コンバージョン数は、コンバージョン系のレポートで表示される。たとえば[コンバージョン]>[目標]>[サマリー]レポート(図2)などで確認できる。

操作手順
  1. ページ上部のオレンジ色のメインメニューで[標準レポート]をクリックする。
  2. 画面の左側にあるメニューで、[コンバージョン]をクリックする。
  3. メニューが開くので、[目標]をクリックし、開いたメニューから[サマリー]をクリックする。

これで、「サマリー」というページが表示される。下の図は、「サマリー」ページの中ほどにある目標に関する指標の一覧だ(図2)。

図2:[コンバージョン]>[目標]>[サマリー]ページ
図2:[コンバージョン]>[目標]>[サマリー]ページ

この「サマリー」ページでは、設定した目標ごとの目標完了(コンバージョン)数(図2赤枠部分)と、各目標の単純合計である全体の目標完了(コンバージョン)数(図2青枠部分)を確認できる。

この例では、設定した目標は、

  • 2ページ以上閲覧
  • 問合せ
  • 編集長

の3つだ。目標の名前は自由につけられる。「編集長」という目標は、意味不明に思えるかもしれないが、運営者が把握していれば問題ない。

ここでは、「2ページ以上閲覧」の目標完了数が1,572、「問合せ」の目標完了数が4、「編集長」の目標完了数が0となっている(図2赤枠部分)。

これらの目標完了数の合計が、図2青枠部分だ。1,572+4+0=1,576となり、先ほどの各目標の完了数の合計と一致しているのがわかる。

コンバージョン数のカウントに関して知っておくべきポイント

同一訪問内に何度同じ目標に到達しても、コンバージョンは1回しかカウントされないことは理解しておいてほしい。

たとえば、ECサイトで購入完了ページを目標ページに設定してある場合、同一訪問内で何度も購入を繰り返したとしても、1回しかコンバージョンはカウントされない。なぜなら、「コンバージョン数」は「その目標に対するコンバージョンが発生した訪問の数」だからだ。

もし、このようなケースでそれぞれの購入完了をすべて、1回ずつのコンバージョンとしてカウントしたい場合は、eコマースのトラッキングコードを実装して、「トランザクション」を記録するという方法がよいだろう(「トランザクション」については、別の機会に解説する)。

一方、同一訪問内で目標1と目標2など、異なる目標が達成された場合は、目標1と目標2のそれぞれに1がカウントされる。合計のコンバージョン数は単純合計されるので、合計のコンバージョン数の方は、1訪問に対して2つ以上カウントされる可能性はある。

次のページへ

ページ

筆者の『ユニバーサルアナリティクス版Googleアナリティクス完全マニュアル(PDF)』が発行されました。

筆者が講義を行うGoogle アナリティクス徹底講座も、定期的に開催しています。  → Google アナリティクス ゼミナール

この記事が役に立ったらシェア!
tweet45このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グローバルナビゲーション
サイト全体で共通して表示されるナビゲーション。 多くの場合、第1階層(大カ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore