衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

Googleアナリティクスの導入から、運用、活用まで、正式なサポートがない初めての人でもゼロから学んでいけるように、丁寧に解説していく。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座
Googleアナリティクスの新規アカウントを作成する[第1回]

Googleアナリティクス新連載の第1回。まずはアカウントの作成方法を丁寧に解説。

ページ

2011年から2012年にわたる1年間、「かってに解析」でいろいろなWebサイトをかってに解析してきた。今年からはいよいよ、アクセス解析ツールの定番となっているGoogle アナリティクスについて解説する連載を開始する。

なぜ、いま、Googleアナリティクスの連載を始めるのか?

Google アナリティクスは、無料で、かつ非常に高度な分析が可能なアクセス解析ツールだ。そのため上場企業のWebサイトの約半数近くで導入されているという調査*1もあるくらい普及している。

*1 2012/3/25時点のGoogle アナリティクス利用率は46.4%(出所:「about:HPW」)

日本では正式なサポートがなく、Web上の情報が日々古くなっている

一方、Google アナリティクスのデメリットとしては、Googleが無償で提供するサービスのため、正式なサポートというものが受けられないという点が挙げられる*2

そして、日々進化を遂げているものの、公式サイト内の情報の改定が追いついていない。また、他にも様々な情報は流通しているものの、「最新情報」と銘打って公開されている情報の中には、すでに古くなってしまっているものも多い

*2 正式サポートは、日本での提供は未定だが、すでに米国では正式サポートの付いた有料版サービスの提供を開始している。日本でもGACP(Google アナリティクス認定パートナー)経由でサービス提供される模様。 有料版Premiumサービスについて:http://analytics.blogspot.jp/2011/09/introducing-google-analytics-premium.html
GACPのリスト:http://www.google.com/intl/ja/analytics/partners.html

入門書ではGoogleアナリティクスの最新情報に対応しきれない

2011年から、特にツールの進化のスピードが速くなっているため、書籍などの形で情報が整理、あるいはまとめられていないのが実態だ。新たにWeb担当者になった人にとっても、今さらGoogle アナリティクスの基本的な操作方法も聞きづらい。また、頻繁に指標名が変化する、メニューの位置が変わる、操作方法も変わっていく。知っているつもりでいても、あっという間に置いてかれている状況の方も多いだろう。

本連載では、改めてこの巨大なアクセス解析ツールの導入から、運用、活用といったところまで、初めての人でもじっくり学んでいけるようにカバーしていく。

なお本連載でご紹介するレポート画面は、新しいGoogle アナリティクス(バージョン5)に準拠している。そろそろこのバージョンに完全移行が予定されているからだ。また、データ収集のためのトラッキングコードについて言及する場合は、最新の非同期ga.jsに準拠して話をしていく。

第1回である今回は、Google アナリティクス活用の第1歩である「Google アナリティクスのアカウントの新規作成」について説明する。

昨今のWebサービスは、アカウント作成は非常に簡単にできるように、分かりやすく作られているのが普通だ。しかし、Googleアナリティクスのアカウント作成では、途中、全文英語のページが表示される箇所が出てくる。英語が苦手な人にとっては、ちょっと戸惑うだろうと思い、本解説では、適宜日本語訳をつけて、わかりやすく解説してある。

前もってGoogleアカウントが必要

Google アナリティクスの新規アカウントを作成するには、「Googleアカウント」でログインする必要があるので、あらかじめGoogleアカウントを取得しておくことが必要だ。

今現在GmailやGoogle+を使っている人は、そのログインに使っているのがGoogleアカウントだ。Googleアナリティクスの新規アカウント作成には、そのログイン用のメールアドレスとパスワードを使えばいい。

また、すでにGoogle アナリティクスのアカウントを保有している人が、別に新規のGoogle アナリティクスのアカウントを作成したい場合については、4ページ目で説明しているので、そちらを参照してほしい。

Googleアナティクスの公式Webサイトにアクセスする

Googleアカウントを用意できたら、まずGoogle アナリティクスの公式Webサイトにアクセスする(図1)。

図1:Google アナリティクスの公式Webサイト
図1:Google アナリティクスの公式Webサイト

アクセスしたら、右上の「今すぐお申し込み」のリンク(図1赤枠部分)をクリックすると、ログインページに行く(図2)。

図2:Googleアナリティクスのログインページ
図2:Googleアナリティクスのログインページ

Google アカウントのメールアドレスを図2の赤枠部分に入力、パスワードを緑枠部分に入力して、ログインボタン(図2青枠部分)をクリックする。そうすると、Googleアナリティクスのサインアップページが表示される。

次のページへ

ページ

筆者の『ユニバーサルアナリティクス版Googleアナリティクス完全マニュアル(PDF)』が発行されました。

筆者が講義を行うGoogle アナリティクス徹底講座も、定期的に開催しています。  → Google アナリティクス ゼミナール

この記事が役に立ったらシェア!
tweet51このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore