GoogleアナリティクスPremium【短期集中連載】

GoogleアナリティクスPremiumとは? 有料版GAの特徴・機能・対象を解説!

GoogleアナリティクスPremiumとはどんなものか、どんな状況で導入を検討すべきか

GoogleアナリティクスPremiumに関する情報を、全3回の短期集中連載としてお届けします。

第1回は、GoogleアナリティクスPremiumとはどんなものかを通常版やSiteCatalystとの機能比較で紹介し、どんな状況で導入を検討すべきかを解説します。

GoogleアナリティクスPremiumとは?

GoogleアナリティクスPremiumとは、Google社が提供している有料アクセス解析ツールです。

Google社が提供している無料アクセス解析ツール「Googleアナリティクス」をベースに作成されたアクセス解析ツールで、見た目や操作性などはGoogle アナリティクスとほぼ同じです。

GoogleアナリティクスPremiumの紹介動画(英語)

GoogleアナリティクスPremium 10の特徴

おさえておきたいポイントは以下の10の内容になります。

  1. 現時点では米国・カナダ・英国のみの提供。日本の提供時期は未定(初夏ごろには開始されるのではないかと期待されている)

  2. レポートの違いは少なく、現時点ではアトリビューションモデルのレポートのみが追加されています

  3. 多くの「件数制限」が緩和されています

  4. ログデータのオーナー(所有権)が利用企業側にあることを契約上明記している(無料のGoogleアナリティクスの規約では、だれのものなのかは明記されていません)。

  5. 利用料は約100万円/月(米国の場合、1ドル80円で計算)。PVが増えても利用料が変わらないのが特徴

  6. GoogleアナリティクスからGoogleアナリティクスPremiumへの移行には計測記述の変更は必要なし

  7. 画面のインターフェイスに大きな変化はなし

  8. 返金にも対応したSLAの締結が可能

  9. レポートデータはサンプリングされずにダウンロードできる

  10. 料金には導入ガイド・教育トレーニング・サポートが含まれます。販売は、直接販売(日本は未定)または認定リセラー経由(「認定リセラー」とは、「認定パートナー:GACP」とはまた別の資格をもった企業)。

※Web担編注 この次に機能比較表を掲載していますが、実際のところ、GoogleアナリティクスPremiumを機能面だけで判断するのは適切ではないと考えられます。というのも、通常版のGoogleアナリティクスはすでに高機能アクセス解析ツールとしての機能を備えているからです。

ここで示した10の特徴とGoogleアナリティクス通常版の機能強化状況などを見ると、GoogleアナリティクスPremiumは、機能から見るよりも、技術的な支援や情報提供といった面での「サポート」や「契約」という、企業ユース(特に大企業)で問題となる点を解決することをまず主眼に置いているサービスだと考えるほうが自然でしょう。

機能比較表

GoogleアナリティクスPremiumについての各種情報を、通常版のGoogleアナリティクスと、有料アクセス解析ツールの代表格でもあるSiteCatalystとの比較表として用意しました。

利用時の注意点
  • 2012年5月26日時点の情報です。
  • 正確性については万全を期しておりますが、不正確な記載や誤記などを含む可能性があります。内容の正確性、有用性、道徳性、安全性などについては、いかなる保証を行うものでもありません。
  • その他の内容に関しては備考をご確認ください。
  • Googleアナリティクスに関する情報は、Googleの公式サイトの情報を利用しておりますが、一部情報に関しては認定代理店の情報を利用しています。
項目 Googleアナリティクス
Premium
Googleアナリティクス
通常版
SiteCatalyst
(参考)※1
開発元 Google Google Adobe Systems
値段 $150,000(約1,200万円)
10億ヒットまで※2
無料 非公開
サポートチーム ×
アカウントマネジメント ×
導入スペシャリスト ×
(別料金)
トレーニング ×
(別料金)
ヘルプセンター
フォーラム
×
パートナー(代理店)
サポート

(代理店に依存)
月間分析ヒット数※2 10億 1,000万 10億以上の実績あり。
上限は不明
レポートでの表示行数 200万 5万 50万※3
サンプリング あり/なし あり なし
サンプリング
開始訪問数
5000万 50万 なし
データ反映時間 4時間
(98%以上)
24時間以上
(早く反映される場合も)
数分~1日
(レポートの種類で変わる)
マルチチャネル分析
アトリビューション
モデリング
× ×
キャンペーン測定
アドワーズ自動連携 ×
カスタム変数 50 5 75×2※4
目標設定数 20 20 100
アドバンスセグメント
リアルタイムデータ ×
サーバーでの
事前集計・変換処理
× ×
(別料金)
ユーザー管理機能
ローデータ取得 × ×
(別料金)
Cookie 1st Party 1st Party 1st/3rd Party
データ収集保障 99.90% × 不明
レポート正常表示保障 99% × 不明
データ保存期間 不明 25か月保障 3年保障
  1. ※1 Ver 15に準拠。
  2. ※2 ヒットとはイメージリクエストが送られた回数。ページのアクセス以外にも、イベントやeコマースでの送信も含みます。
  3. ※3 月単位で取得できる変数(例:キーワード)が50万件まで。
  4. ※4 利用方法が違う2種類の変数がそれぞれ75個ずつ用意されています。

GoogleアナリティクスPremiumを利用するのはどんな場合?

米国の月額100万円程度のコストを考えると、利用できる企業は限られてくるのではないでしょうか。GoogleアナリティクスPremiumを利用するケースは大きく分けて2つあるかと思います。次のいずれかです。

  • すでにGoogleアナリティクス(通常版)を利用している人がPremiumに移行する
  • 別の有料アクセス解析ツールを利用している人がPremiumにスイッチする
※新規でいきなりGoogleアナリティクスPremiumを利用することはめったにないでしょう。タグも無料版Googleアナリティクスと共通のため、まずは無料版からの利用になると思います。

では、この2つのケースそれぞれでPremiumを検討するべき状況を、以下に示します(「どういう場合にGoogleアナリティクスPremiumを利用するのがいいのか」については、第3回で詳しく解説します)。

すでにGoogleアナリティクスを利用している場合
  • 月間1,000万PV以上の大規模サイト
  • 実装サポート・問い合わせ・トレーニングのサポートが必要
  • サンプリングや上限設定など、どうしても解決したい「制限」がPremiumで解決できる場合
現在別の有料ツールを利用している場合
  • 機能面でGoogleアナリティクスより劣っているツールを利用している
  • 実装サポート・問い合わせ・トレーニングに対する不満がある
  • コスト的に現在利用している有料ツールよりGoogleアナリティクスのほうが安い

どちらのケースが多くなるのかは、正直わかりません。

有料アクセス解析ツールには、

  • 月間数万~数百万PVまで対応している中規模サイト向けツール
  • 月間数千万~数十億PVまで対応している大規模サイト向けツール

があります。Premiumは後者に属するツールであり、同様のツールとしては「SiteCatalyst(アドビ)」「Coremetrics(IBM)」「Visionalist(デジタルフォレスト)」などがあります。

私はこれらのツールをすべて利用した経験がありますが、レポート面・機能面共に大きな差はありません(データの取得方法は基本一緒であるため)。

そうすると、これらのツールの差別化要因は次の通りとなります。

  • サポート(トレーニング・実装・問い合わせ)の質 ―― 「質」とは、スピード・人員数・人員のスキルなどを指します。

  • レポートのレスポンスやUXなどの使いやすさ ―― ナビゲーションのしやすさ・カスタマイズの有無、1か月分のキーワードレポートを表示するのにかかる時間など。

  • その中でもツールによって発生する機能差 ―― ローデータのダウンロード・マスターデータのインポート・権限管理の豊富さ(レポート単位・IP制限)・iPhone/Androidアプリの有無など。

これらの差別化ポイントは、場合によっては追加の費用がかかります。

そのため、こうした有料ツールの利用を検討する際には必ず、

  • 本当に必要な要件の洗い出し
  • トータルコストの算出(ツール利用料だけではなく、サポート・運用・入れ替えコストなど)
  • ツール利用者の確保

などを考慮するようにしましょう。

◇◇◇

次回はPremiumにしかないレポート「アトリビューション分析レポート」についてその詳細や活用シーンを紹介していきます。

この記事は、ブログ「リアルアクセス解析」の以下の記事をWeb担当者Forum用に加筆・再編集して掲載しています:
この記事が役に立ったらシェア!
tweet51はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスセル
クロスセルは、「他の商品などを併せて購入してもらうこと」を意味する。目的は、顧客 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore