衣袋教授の新・Googleアナリティクス入門講座

「デフォルトのページ」で同じページが分散して集計されないように設定する[第4回]

「/」と「index.html」など同一のページは1つにまとめて集計するように設定しよう

Googleアナリティクスで新しいビューを作成したら、最低でも実施しておくとよい設定がいくつかあるので、何回かに分けて解説していく。今回はその1つ目、「デフォルトのページ」の設定だ。

この記事で学べること:
  • WebサイトのURLの動作を確認する
  • 「デフォルトのページ」を設定する

同じページなのに別ページとして集計されてしまう?

例えば、Webサイトのトップページが「/」と「index.html」のどちらのURLでも表示可能だとしよう。この場合、Googleアナリティクスでは、何も設定しないとそれぞれが別のページとして集計されてしまう。それを1つに統一するための設定が「デフォルトのページ」だ。アクセス解析をする際、同じ内容のページはできるだけ1つにまとめて集計した方が分析しやすくなる。

http://example.com/ http://example.com/index.html

実際のサイトを例にした方がわかりやすいだろう。ここでは、「楽天市場」を例に説明しよう。

楽天市場のトップページはどうなっている?

下の図1図2は、どちらも楽天市場のトップページだ。一見同じように見えるが、ブラウザのURL入力欄をよく見てほしい。

図1:楽天市場のトップページ。URLの最後が「/」で終わっている
図1:楽天市場のトップページ。URLの最後が「/」で終わっている
図2:楽天市場のトップページ。URLの最後が「/index.html」
図2:楽天市場のトップページ。URLの最後が「/index.html」で終わっている

図1はURLの最後が「/」で終わっている(図1赤枠部分)のに対し、図2は「/index.html」で終わっている(図2赤枠部分)。2つのURLは異なるが、どちらのリクエストがあっても、Webサーバーは同じ「index.html」というファイルの内容を表示する

なぜこのように動作するのかというと、URLの最後が「/」で終わっているリクエストがあった場合、自動的に「index.html」のファイルを呼び出すようにWebサーバー側で設定されているからだ。

Webサーバーの設定やディレクトリによって挙動は変わる

この挙動は、Webサーバーの設定次第で異なる。ここでは、同じ楽天市場の別のページではどのように動作するかを確認してみた。例えば、楽天ブックスのトップページのURLは次の通りだ。

http://books.rakuten.co.jp/

このURLの末尾に、同じように「index.html」を付け加えてリクエストしてみると、自動的にリダイレクトされて「index.html」というファイル名が削除された。同じ楽天のサイトでも、異なる動作をしていることがわかる。

SEOの世界では、同じコンテンツのURLが複数あることを嫌うので、このようにリダイレクトして1つのURLに誘導するのは「URLの正規化」と呼ばれる手法の1つだ。URLの正規化はほかにも手法があるが、ここでは「URLの表記にはさまざまな方法がある」ということだけ理解しておこう。

Webサイトにはさまざまな事情があり、例で示した楽天市場のトップページのように、ファイル名付きのURLをリダイレクトせずにそのまま表示する場合もある。集計対象のサイトがどのようになっているのか動作を確認して、サーバー管理者にも聞いておこう。

URLが2つあると、レポートではどう見える?

同じページを表示するURLが2つある場合、レポートではどのように表示されるのだろうか? 例としてGoogleアナリティクスのレポートで[行動]>[サイト コンテンツ]>[すべてのページ]レポートを見てみよう。これは、ページ別のページビューランキングを表示する基本的なレポートだ。

図3は、「デフォルトのページ」設定を行っていないビューでレポート表示したもの。どちらも同じトップページなのに、ページ名が「/」(図3赤枠部分)と「/index.html」(図3青枠部分)の2つに分かれており、ページビュー数はそれぞれ162と49となっている。

図3:[行動]>[サイト コンテンツ]>[すべてのページ]レポート(「デフォルトのページ」の設定を行っていないビュー)
図3:[行動]>[サイト コンテンツ]>[すべてのページ]レポート(「デフォルトのページ」の設定を行っていないビュー)

一方、同じデータをもとに「デフォルトのページ」設定を行った場合のレポートが図4だ。こちらでは、「/」と「/index.html」を同じページとして扱うように設定してあるので、トップページは「/index.html」に統合されている(図4赤枠部分)。

図4:[行動]>[サイト コンテンツ]>[すべてのページ]レポート(「デフォルトのページ」の設定を行っているビュー)
図4:[行動]>[サイト コンテンツ]>[すべてのページ]レポート(「デフォルトのページ」の設定を行っているビュー)

図4の「/index.html」のページビュー数を見ると、211となっている(図4赤枠部分)。これは、図3「/」(162)と「/index.html」(49)を合計した値と一致していることがわかるだろう。つまり、きちんとデータが1つに統合されたわけだ。

「わざわざ設定しなくてもページビュー数を足せばいいじゃないか」と思うかもしれないが、本来1つにまとめるべきデータが2つに分散することで、集計にさまざまな影響を及ぼしてしまう。

例えば、このレポートのページビュー数の右側には、「ページ別訪問数」や「平均ページ滞在時間」(図4青枠部分)という指標がある。この指標の細かい話はまた別の機会にするが、ページが分散するとこうした平均値などの数字にも影響が出てしまう。単純に2つのページの数値を足せばよいというものではない。

「デフォルトのページ」の設定は「ビュー設定」から

では、実際にどのように設定を行うかを説明しよう。まずGoogle アナリティクスにログインして、「ビュー設定」画面を表示しよう。

操作手順
  1. [アナリティクス設定]をクリック(図5赤枠部分)
  2. アカウント、プロパティ、そして該当のビューをそれぞれのプルダウンから選択(図5青枠部分)
  3. [ビュー設定]をクリック(図5緑枠部分)
図5:ビュー設定の画面を表示
図5:ビュー設定の画面を表示

「ビュー設定」画面(図6赤枠部分)が表示されたら、[デフォルトのページ]の項目(図6青枠部分)にデフォルトのページに設定したいファイル名を入力する。

操作手順
  1. 「ビュー設定」画面が表示された(図6赤枠部分)
  2. 「デフォルトのページ」に統合したいファイル名を入力(図6緑枠部分)
  3. [保存]をクリック(図7赤枠部分)
図6:ビュー設定(上部)
図6:ビュー設定(上部)

先ほどの例は「/」と「/index.html」のデータを統合して表示したい場合だった。この場合は「デフォルトのページ」の入力欄(図6緑枠部分)に「index.html」と記述し、ビュー設定ページの下部にある[保存]ボタン(図7赤枠部分)をクリックすれば設定は完了だ。

図7:ビュー設定(下部)
図7:ビュー設定(下部)

これで、Googleアナリティクスが「/」のことを、「/」に「index.html」を加えた「/index.html」と見なすようになり、このビューのレポートでは自動的に「/index.html」に統合して集計してくれる。この処理は、トップページだけでなく下の階層のパスが付いたURLでも同様に処理してくれるので、例えば「/abc/」というディレクトリは「/abc/index.html」に統合される。

ただし、Webサイトによってはこのページが「index.html」ではなく「index.htm」だったり、「index.php」だったりすることもある。そのため、この設定を行うときは、自分の会社のWebサイトでリクエストされているファイル名が何なのか(index.htmlなのか、index.htmなのか、index.phpなのか)をWebサーバーの管理者に確認しておこう。

また、何らかの目的で、あえて「/」と「/index.html」を意図して分けて集計したい場合もあるかもしれない。レポート上で統合して問題ないかを確認したうえで設定してほしい。

「デフォルトのページ」の注意点

最後に、「デフォルトのページ」の注意点をいくつか挙げておこう。

この機能は「/」に、「デフォルトのページ」の入力欄で記述した文字列を加える処理を行うので、残念ながらファイル名なしの「/」にまとめることはできない。つまり「/」と「/index.html」を「/」の方に統合することはできない

また、設定を完了してから統合されて集計が始まるので、過去にさかのぼって「/」と「index.html」が統合されるわけではない。そのため、できるだけ速やかに設定しておきたい項目だ。

また前回もお話しした通り、おおもとのデータを加工してしまわないように、この設定は必ず新しいビューを作成してから行おう。

◇◇◇

Googleアナリティクス「セグメント機能」徹底解説セミナー(5/24開催)申込受付中。詳細とお申込みはこちらから

アクセス解析の基本的な知識や分析の型を丸二日かけて座学と演習で学ぶアクセス解析ゼミナール(6/21、6/28開催)申込受付中。詳細とお申込みはこちらから

Googleアナリティクスを徹底的に使えるように丸二日かけて座学で学ぶGoogleアナリティクスゼミナール(7/14、7/21開催)申込受付中。詳細とお申込みはこちらから

この記事が役に立ったらシェア!
tweet31はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

3Bの法則
広告表現の中で、美人(Beauty)、赤ちゃん(Baby)、動物(Beast)を ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore