google analytics とは 意味/解説/説明

用語「Google Analytics」が使われている記事の一覧

全 207 記事中 1 ~ 50 を表示中

ページ

菅原 裕(CreatorsNet) 2006/11/17 8:00 (213)

ライバル会社に差をつけるネットビジネス必携プロダクト
アクセス解析ツール

アクセス解析ツールは、「Google Aanalytics」のように無料で提供されるものから、何百万円もするものまで、さまざまな機能と価格の製品がそろっている。ここでは、現在提供されている代表的な11製品をピックアップしてその特徴を紹介する。それぞれの導入コストについても触れているので、製品選びの参考にしてほしい。

Web担編集部 2007/12/10 9:00 (35)(637)

[特集]アクセス解析“超”基礎講座

この特集では、ここまでの記事で、アクセス解析がWeb担当者にとってどんな意味があるのか、解析する場合にどんな指標をどう見るのか、解析ツールやサービスにはどんな種類があるのかを解説してきた。

しかし、実際にアクセス解析をするとなると、何らかのアクセス解析ツールを導入するか、アクセス解析サービスを利用することになるだろう。

この記事では、現在日本で利用できる主要なアクセス解析ツール13種類について、対応する機能や価格、ライセンス、特徴などをまとめた。

どのツールを利用するのが適しているのか判断するのに必要なデータがつまっているので、ぜひ参考にしてほしい。

石井 研二(HARMONY) 2010/02/01 9:00 (47)

ネットに限らず通販ビジネスはリピーターの獲得が命だ。1回の広告出稿やカタログ配布を行い、1回購入されただけでは赤字になってしまう。一度購入した人に二度三度と再購入してもらい、利益を上乗せする方法を、今回もアクセス解析から考えていこう。

菅原 裕(CreatorsNet) 2007/12/13 9:00 (461)

[特集]アクセス解析“超”基礎講座

ここまでの解説で、アクセス解析が企業のウェブサイトにおいていかに重要か、そしてどういったツールがあるのかは理解できただろう。とはいえ、いざ自分で実践するとなると不安もあるはず。ここからは実際に「どんな数字をどう見ればいいのか」をお伝えする。

初めてアクセス解析を行うWeb担当者でもつまづかないように、私たちCreatorsNetがいつも行っている8つのステップを、2回に分けて紹介していく。

前半では、まず、ステップ1「健康診断」、ステップ2「来訪理由チェック」、ステップ3「入り口チェック」、ステップ4「離脱率の改善」を紹介する。

GAに新しく追加された「ユーザー指標」は、レポートに表示される数字の見方を大きく変える重大な機能だ。有効にすることでレポートがどう変わるのか、そしてすぐに有効にするべきかについて速報でお伝えする。

Googleアナリティクスで、ユーザごとに「どこから来てどの順番でページを見たか」を確認できる「ユーザーエクスプローラ」という新しい機能が2016年4月にリリースされた。これは、これまでのGoogleアナリティクスでは確認できなかったデータだ。本稿では、この新機能の仕組みや見方から、B2C・B2Bサイト別の実際の活用方法までを徹底解説する。

「フィルタ」機能で集計に必要ないデータを除外しよう。ここでは最初から用意されている4つの定義済みフィルタを解説する。

<特集>ユニバーサルアナリティクスの新しい仕組み「Measurement Protocol」とは?

急増するGAのリファラースパムを撃退! スパム業者の手口とは?

2015年から急増している「リファラースパム」を撃退する方法と、その仕組みを解説する。実は、リファラースパムとMeasurement Protocolは仕組みと深くかかわりがある。

今年は「Googleアナリティクス 360 スイート」が発表され、オプティマイズやデータスタジオなどの新製品がリリースされた。2016年のグーグル製品の振り返りと、2017年マーケティング施策への取り組みについてレポートする。

5月、米国のイベントで、Googleアナリティクス関連製品の最新情報が発表された。Googleアトリビューションの登場や各種プロダクトの連携など、「分析」から「アクション」に進めるための機能強化が中心だ。ポイントをお伝えする。

Web担編集部 2008/07/03 13:00

[Googleの開発者インタビュー]100MBを10秒で処理する
スタンダード高速アクセス解析ツール Urchin 6登場
Google Inc.
スコット・クロスビー氏&ジャレッド・ジョンソン氏

米Google Inc.が開発するアクセス解析ツールUrchin(アーチン)のニューバージョン「Urchin 6」が6月26日に発表された。さらに強力な解析エンジンを搭載し、高速性を維持しながら、多様な新機能を追加した。GoogleAnalytics開発時にテストした多くの機能も盛り込み、またコストパフォーマンスの面でも大変優れた製品に仕上がっている。効率的なサイト運営のサポートに、なくてはならないソフトウェアだ。

Google Analytics注目の新機能を公開

10月21日、Google Analyticsの日本版公式ブログで新機能が発表された(米国では20日発表)。今までGoogle Analyticsは、新機能がリリースされても、バグが直っても、十分な告知を行ってこなかった。でも、今回は、リリース前に告知を日本語で準備し、きちんとリリース日にお知らせを出してきた。

とはいえ「Google Analyticsは機能が盛りだくさんでわからん」というのが僕らの本音だ。新機能を少し噛み砕いて説明しよう。

菅原 裕(CreatorsNet) 2007/12/17 9:00 (68)

[特集]アクセス解析“超”基礎講座

初めてアクセス解析を行うWeb担当者でもつまづかないように、「どんな数字をどう見ればいいのか」をお伝えする8つのステップ。

前半ではステップ1~ステップ4を紹介したが、後半となる今回では、ステップ5~ステップ8を紹介する。

後半の内容はステップ5「コンバージョンの測定」、ステップ6「ダッシュボード機能の活用」、ステップ7「エクセルでレポート」、ステップ8「さらに詳しい解析」と、さらなる「カイゼン」のヒントだ。ここまでできれば、アクセス解析は十分なはずだ。

衣袋教授の新・Googleアナリティクス入門講座

GAのトラッキングコードを正しい位置に設定する[第2回]

Googleアナリティクスで計測を始めるには、トラッキングコードの実装が必要だ。ここでは、実際のサイトの仕組みごとに最適なトラッキングコードの実装方法を解説する。

検索エンジンからの訪問で検索キーワードをほとんど見られなくなった今、重要性を増しているのがサイト内検索キーワードだ。Googleアナリティクスでサイト内検索キーワードを分析するには事前の設定が必要になる。2つの方法を解説する。

「コンテンツ グループ」を利用すると、筆者ごと・部署ごとなど自由なグルーピングでデータを分析できる。ここでは、コンテンツグループを使った分析方法と、グルーピングの設定方法を解説する。

サイト内検索を分析するときは、「何を検索したか?」と「どこで検索したか?」という2つの視点で見ていこう。前者は「再検索キーワード」レポートで、後者は「検索ページ」レポートで確認できる。

Googleアナリティクスのレポートで、表示項目の中に「(other)」あるいは「(not set)」といった表示に出くわしたことはないだろうか? 今回は「これらの正体が何なのか」「対処する方法があるのか」といった話をしよう。

衣袋教授の新・Googleアナリティクス入門講座

Googleアナリティクスの新規アカウントを作成する[第1回]

本連載では、新しいユニバーサルアナリティクスをベースにした入門講座を更新していく。第1回は、すべての第一歩である「Googleアナリティクスの新規アカウント作成」について解説する。

参照元の最後は「キーワード」ディメンションについてだ。これはユーザーがどんなキーワードを検索して訪問したのかがわかるディメンションだが、今は検索エンジンのセキュア化によりほとんど見られなくなっている。その仕組みと対処法を解説する。

コンバージョンに至ったユーザーは、どの参照元から何回訪問しているのだろうか? 広告や施策が想定どおりの役割を果たしているのかを確認しよう。[マルチチャネル]セクションの「コンバージョン経路」レポートの見方と活用法を紹介する。

今回から「行動」セクションのレポートを紹介する。「集客」が行動全体の「線」を表すなら、「行動」は1つ1つの「点」だ。まずは「ディレクトリ」単位でサイト全体をざっくりと確認しよう。

Googleアナリティクスの「集客」にあるレポートは「大ざっぱな把握から詳細へ」の順で見るのが基本だ。また、「集客」のレポートを見るときの基本の型となる「量」「質」「成果」を一気通貫で見る見方も解説する。

施策の成果が出ているかは「概要」レポートで日別の推移を確認する。「どのページで目標を達成したか?」「コンバージョン直前にどのページを見ているか?」というデータから改善のヒントを探そう。

短期的なアクセス変動の原因は「集客」メニューから簡単に特定できる。どのチャネルが急増したのか、どのページに来ているのかを突き止めよう。また、集客施策のメモを残しておくと分析や調査の無駄をなくすことができる。その方法も解説する。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

Google AnalyticsのイベントトラッキングでCTA(Call To Action)の効果を追跡

Moz(旧SEOmoz) 2010/06/21 9:00 (49)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz 検索マーケティングのニュース&テクニック

さまざまなCTA(Call to Action:行動喚起)ボタンをページ上に設置しながら、それぞれがどの程度効果があるのか気になることがあるだろう。ページ内のどのリンクがクリックされているかを調べるGoogle Analyticsの活用方法を解説する。

アナウンスなく実装されていた新機能「直接セッション。GAのリファラーは長らくブラックボックスのままだったが、実際のリファラーを確認できるようになった。この新ディメンションをどう活用するべきかを解説する。

GAには、経路分析に使える「フロー系」のレポートが用意されている。しかし筆者はこれらのレポートはほとんど活用しない。サイト内のユーザーの動きをシンプルに見る方法として「入口からの遷移」と「ナビゲーション サマリー」の2つを紹介する。

この連載では、初心者に向けたGoogleアナリティクス入門を解説していく。その前の準備編として、複数あるGoogleアナリティクスのバージョンを整理しておこう。Web上には新しいものから古いものまでさまざまな記事が交ざっているため、バージョンを最初に押さえておくことは大切だ。

無償のアクセス解析ツールとして、企業規模によらず多く利用されている「Google Analytics」。Google AdWords広告キャンペーンとの連携機能や、ネット調査の視点を含めたベンチマーク機能など、無償版とはいえないほどの多くの機能を含んでいるのも魅力の1つだ。

いよいよ今回からは実践的な話題について解説していくことにしたい。まずはSEOの話題に絡めて「新規ユーザー」と「リピーター」について注目していこう。

AdWordsとGAはデータを連携できる。もし単独で利用しているなら、ぜひ連携しておこう。連携すると、単独ではできない分析を行えたり、GAのユーザーリストを広告配信に利用できたりというメリットがある。正しい連携方法を解説する。

サイト内検索キーワードは、定性的な視点と定量的な視点の両方で見ていこう。定性的な視点では、自分たちとユーザーの間のギャップに気付くきっかけになる。定量的な視点では、6つの指標をサイトの特性とあわせて深掘りしていく。

Googleアナリティクスの「参照元」は他のアクセス解析と異なり「過去にさかのぼって」集計されている。正確な定義と、それがレポートに与える影響について知っておこう。

前回に引き続いて「アドバンスセグメント」に対する理解を深めていくことにしよう。今回は、想定される利用シーンを紹介しながら独自セグメントの設定方法を解説していく。

自社サイトに訪れる特定のユーザーの行動を把握することで、新たな発見があるかもしれない。

Googleアナリティクスでは、訪問者がどの地域からサイトを利用しているかをレポートに表示できる。地域はIPアドレスをもとに判定されている。地域をどのように分析に活用するのか、また、その精度はどれくらいあるのかを解説する。

アクセス解析のデータをもとにサイトを改善していく場合、共通点が多い集団に絞り込んで分析するセグメンテーション手法が有効だ。しかし、絞り込みまではできても、その後どうやって改善していくのか? 担当者が知りたいのはそこではないだろうか。今回はその取り組み方の例を紹介しよう。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

Google Analyticsの意外と知られていない便利な裏技5選

Moz(旧SEOmoz) 2010/06/28 9:00 (26)(356)(709)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz 検索マーケティングのニュース&テクニック

今回は、Google Analyticsについて最近知った便利な機能をいくつか紹介しよう。Google Analyticsにそんなものがあるということさえ知らずにいた私が「もったいない」と思ったテクニックだ。

「それぞれのページがどのくらい、どう見られているのか?」を知るのはコンテンツ分析の基本だ。ここでは、個別のページの利用実態を知り、サイト改善に役立つヒントを得る方法を解説する。個別ページも「量」「質」「成果」の視点で見ていこう。

Googleアナリティクスに新しく「ホーム」画面が追加された。画面幅に合わせて12枚のカードが並ぶ新インターフェースだ。同時に追加された「発見」メニューもあわせて解説する。

どんなサイトから、自社のどんなコンテンツがリンクを貼られているのだろうか? 中長期的にコンテンツを作っていくために、ニーズを知ることは重要だ。「参照サイト」レポートの見方と、便利なカスタムレポートを紹介する。

コンバージョンしなかった訪問者がどこで脱落したのかを確認できるのが「目標到達プロセス」だ。「ボトルネックはどこか」「離脱してどこに行ったのか」という情報をサイトの改善に生かそう。少しクセのあるレポートの見方と注意点を解説する。

「どこから来たか」を表す「参照元」は、実はGoogleアナリティクスは少々特殊な仕様になっている。ここでは、Googleアナリティクスの参照元をより理解するために、まずは一般的に使われている「参照元」について解説する。

GoogleアナリティクスからAdWords広告のデータを見る場合、AdWords特有の用語や階層構造を理解しておく必要がある。ここでは両者の用語の対応と、実際にどうレポートを見ていくかを解説する。

ここ数年でスマートフォンの訪問は急増している。今回は、スマートフォンからのWebサイトの利用状況をパソコンと比較して、ユーザーの利用実態に切り込んでいこう。異なるデバイスからの訪問を比較するには「セグメント」機能を利用する。

前回の記事では、サイトへの訪問を新規セッションとリピートセッションに分け、「ディメンション」機能で新規ユーザーの新規セッションをいかにして増やしていくかを検討してきた。今回も引き続き新規セッションに焦点をあてて分析を深めていこう。

昨年末に新たに追加された「アドバンスセグメント」という機能を、あなたはもう使いこなしているだろうか?

Googleアナリティクスで「ネットワークドメイン」ディメンションを使えば、潜在顧客企業を見つけて営業活動に活用できる。それにはいくつかコツが必要だ。ここでは、企業からの訪問を確認する方法とその分析方法について解説する。

GAでは性別や年齢などの基本属性を確認できる。それらの情報はどうやって推測しているのだろうか。また、基本属性をどのように活用すればいいのだろうか。その仕組みとレポートの見方を解説する。

Googleアナリティクスには「カスタムキャンペーンパラメータ」という決まったパラメータの書き方が存在する。この形式に従えば、通常は分類できないメールマガジンのリンクなども正しく分類できるようになる。

今回から、いよいよ実際のデータの見方と分析の仕方を解説していく。GAでは、異なる複数の期間のデータを重ねて比較できる。分析の「王道」ともいえる方法だ。平日と休日の違いやメルマガのアクセスへの影響を分析してみよう。

Googleアナリティクスでは、同じページを表すURLの「/」と「index.html」が別のページとして集計されてしまう。それを1つに統一するためのビューの設定が「デフォルトのページ」だ。

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ... →用語集へ

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]