新版 SEM:リスティング広告 新・100の法則
リマーケティングを設定する ―― リマーケティングを始める3ステップ

リマーケティングは、「設定がややこしい」という相談を受けることが多い。
新版 SEM:リスティング広告 Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。
新版 SEM:リスティング広告 Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。
この記事は、書籍 『新版 SEM:リスティング広告 Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。』 の第7章「リターゲティング広告で見込み顧客を取り込む法則」を、Web担の読者向けに特別に公開しているものです(本書について)。

リマーケティングを始める3ステップ

さて、それでは実際にリマーケティングを設定しよう。リマーケティングは、「設定がややこしい」という相談を受けることが多い。ここでは確実に設定できるように、リマーケティングの設定方法を3つのステップに分けて紹介する。最初のステップでは、自社サイトにリマーケティングタグを設置する。次に、ターゲティングするユーザーのリストを作成する。最後に、リマーケティング用の新しいキャンペーンと広告グループを作成すれば完了だ。以下、詳しく解説していこう。

  1. リマーケティングタグを設置する

    [共有ライブラリ]からリマーケティングタグを発行して、自社サイトのすべてのページに貼り付ける。リマーケティングタグはすべてのページで共通だ。

    リマーケティングタグを設置する
  2. ユーザーのリストを作成する

    「URLに○○という文字列を含む」などの条件でフィルタリングして、リマーケティングリストを作成する。カテゴリー単位でリストを作成するなど、自社サイトのユーザー層に応じて工夫しよう。

    ユーザーのリストを作成する
  3. 新しいキャンペーンを作る

    リマーケティング専用のキャンペーンを作成する。ネットワークをディスプレイネットワークのみに設定し、デバイスや予算などを選択する。広告グループはターゲットリストに応じて作成する。広告テキストも忘れずに設定しておこう。

リマーケティングタグとリストの設定方法

  1. [ターゲットユーザー]画面を表示する

    左側のメニューの[共有ライブラリ]から[ターゲットユーザー]をクリックして、[ターゲットユーザー]画面を表示する。

    [ターゲットユーザー]画面を表示する
  2. リマーケティングの設定を開始する

    [リマーケティングを設定]をクリックしてリマーケティングタグを発行する。

    リマーケティングの設定を開始する
  3. リマーケティングタグをコピーする

    リマーケティングタグが表示されるので、コードをすべて選択してコピーする。

    リマーケティングタグをコピーする
  4. リマーケティングタグを貼り付ける

    WebサイトのHTMLファイルの編集画面を開き、下部の</body>の直前にリマーケティングタグを貼り付ける。すべてのページに貼り付けたら、ファイルを保存してサイトにアップロードする。

  5. リマーケティングリストを作成する

    手順3の画面で[続行]をクリックしてリマーケティングリストを作成する。「URLに○○という文字を含む」といった条件で「どのページを見た人をリストするか」を絞り込める。リストには、条件に応じた分かりやすい名前を付けておこう。有効期間は最大540日まで設定できる。

    リマーケティングリストを作成する
  6. リマーケティングリストが設定できた

    リマーケティングリストが作成された。リストは[新しいユーザー層]→[リマーケティングリスト]をクリックすれば追加できる。[新しいユーザー層]→[カスタムの組み合わせ]については、法則83で詳しく解説する。

    リマーケティングリストが設定できた

広告グループとリストをひもづける

リマーケティングタグとリストの準備が完了したら、リマーケティング専用のキャンペーンを作成しよう。必要な分だけ広告グループを作成し、それぞれをセットで運用する。例えば「自社サイトを訪問して30日以内のユーザー」リストに対して表示したい広告テキストはこれ、ほかのリストに対して表示したい広告テキストはこれ、といった具合だ。

リマーケティング用のキャンペーンと広告グループを作成する

  1. キャンペーンの設定を行う

    法則6(本オンライン版では未公開)を参考に新しいキャンペーンを作成する。[タイプ]で[ディスプレイネットワークのみ]を選択して[リマーケティング]をクリックする。

    キャンペーンの設定を行う
  2. リマーケティングリストを選択する

    広告グループの設定画面で、広告を表示したいユーザーのリストの[追加]をクリックする。下部の[キーワードやプレースメント、トピックなどをターゲットに設定する]をクリックすると、広告が配信される条件をさらに絞り込める。

    リマーケティングリストを選択する
  3. 広告テキストを作成する

    広告テキストを入力して保存する。法則84などを参考に、そのユーザーにどんな訴求が響くかを考えて作成しよう。

    広告テキストを作成する
  4. リマーケティングの設定が完了した

    広告グループが作成され、リマーケティングの設定が完了した。リストのユーザーが100人を超えると広告の配信が始まる。リマーケティングの成果は、広告グループの画面で確認できる。

    リマーケティングの設定が完了した
コンバージョンしたユーザーでリマーケティングリストを作成する

「コンバージョンしたユーザー」でも、リマーケティングリストを作成できる。コンバージョンしたユーザーでリストを作成すると、新規ユーザー向けのリストでコンバージョンユーザーを対象外としたり、すでに購入したリピーターへのアプローチを行ったりと、リマーケティングの幅が大きく広がる。具体的な活用例については法則83で紹介する。コンバージョンのリマーケティングリストは非常に有用なので、ぜひ作成しておこう。

コンバージョンしたユーザーでリマーケティングリストを作成する
[新しいリマーケティングリスト]画面で[選択したページに新しいタグを設定して、サイト訪問者のリストを定義する]をクリックすると、法則7(本オンライン版では未公開)で設定したコンバージョントラッキングのタグを選択できる。
新版 SEM:リスティング広告 Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。
  • 新版 SEM:リスティング広告 Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。
  • 寳 洋平、岡本 典子、齊藤 康祐 著
  • ISBNコード
    978-4844332695
  • インプレス
    書籍詳細情報

この記事は、書籍 『新版 SEM:リスティング広告 Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。』 の内容の一部を、Web担向けに特別にオンラインで公開しているものです。

顧客の行動を理解して最大の利益をつかむ。
GoogleとYahoo! JAPANを攻略する最新ノウハウ。

2008年に発行したロングセラーが4年半ぶりにリニューアル。

成長が著しいディスプレイネットワーク広告、リマーケティング、スマートフォン向け広告など、最新のトピックも広く網羅。 もちろん、キーワードの選び方や広告テキストの作り方、LPO、予算の管理など、リスティング広告の基本もしっかり解説しています。

一冊を通して読めば、現場の担当者に必要な、実践的な「考え方」と「知識」を身につけられます。

リスティング広告に携わる担当者はもちろん、オンライン広告の新しいトピックをカバーしたい方にもおすすめです。

tweet40このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle