PR 2.0の現場から
ソニーB2B商材サイトのウェブサイトとウェブマスターの成長物語/ソニー“bit-drive”の場合

見込み顧客・既存顧客との接点としての企業Webサイトをソニーで担当

ページ

PR 2.0の現場から
ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

多くの企業ウェブサイトのオーナーが広報部であるというのは、ご存知のとおりです。

従来の広報の仕事に新しくサイトの運営が増えたと同時に、インターネット時代のPR活動としてマスメディアが対象の広報活動からインターネットを通じたあらゆるステークホルダーとのコミュニケーションへの変化にも対応しなければなりません。

広報のプロフェッショナルがウェブサイトのオーナーのプロフェッショナルになるためには、大きな意識改革が必要です。

この連載では、試行錯誤の中、成功のルールを発見しつつある企業の広報担当者から、成功のルールを導き出すまでのプロセスやノウハウをレポートしてきます。

神原 弥奈子(株式会社ニューズ・ツー・ユー 代表取締役社長)

bit-driveホームページ
ソニーの“bit-drive”(ソニーブロードバンドソリューション株式会社 bit-drive事業部門)
http://www.bit-drive.ne.jp/

B2B企業においてインターネットを活用した顧客の獲得やサポートはすでに常識となっています。ソニーブロードバンドソリューション株式会社のbit-drive事業部門は、B2Bのサービスを提供しています。

見込み顧客との接点として企業Webサイトで情報を提供していくと同時に、既存顧客への最新情報をタイムリーに提供する場としても活用することで、競合ひしめくオンラインマーケティングにおいて独自のブランドを確立してきたbit-driveのウェブマスターである加藤氏にお話を聞きました。

ブランディングプロジェクトとWebサイトのリニューアル

2009年9月に、それまでのソニー株式会社からソニーブロードバンドソリューション株式会社に事業が統合された、ITソリューションサービスのbit-drive(ビット・ドライブ)。bit-driveには、見込み顧客向けにサービスをお知らせするセールスサイトと、既存のお客さま向けに技術情報やよくある質問、資料などを提供するお客さまサポートサイトの2つのサイトがあります。両方のサイトのウェブマスターを2004年から担当しているのが、加藤さんです。

ソニーブロードバンドソリューション株式会社 bit-drive事業部門 bit-drive営業部 営業推進課 営業企画グループ 係長 加藤 裕美子 氏
加藤 裕美子 氏
ソニーブロードバンドソリューション株式会社
bit-drive事業部門
bit-drive営業部 営業推進課
営業企画グループ 係長

現在、フォームなどの作成は同じフロアにいる技術部に依頼し、リニューアルや大規模な修正は制作会社にアウトソーシングしますが、「日々の更新やちょっとした制作は自分たちでやっている」(加藤氏)という運営体制です。

bit-driveでは、2007年に事業全体の「リブランディング」(ブランドの再定義)を実施し、それにあわせてセールスサイトもリニューアルしました。リニューアルを進めたコアは、プロジェクトメンバーの「どこを切ってもbit-driveだとわかってもらえるように」という思い。

ソニーは大きい会社ですが、bit-driveは2000年にできたばかりの部署でもあったので、マニュアルもなく、ルールもありませんでした。7年経って気がつくと、そのサイトは、思っていることと見せていることが違う状態になってしまっていました」(加藤氏)

bit-driveの新しいブランドは3つの色で構成されています。緑がbit-drive、青がソニーブルー、赤が情熱を示し、それが丸だったり、3本線があったりという展開で利用されています。

円や3本線などの形で緑・青・赤の3色が使われているbit-driveのブランドシンボル。

当時は、人によってはサービス名も省略して書いていたりということもありました。(このプロジェクトで)bit-drive事業部門の中に一体感ができて、ブランドシンボルを入れたノベルティを作ったり、お客さまに提案する資料も同じものを使おうとしたりという意識がでてきました。

どこをみてもbit-driveは同じだというクオリティを出すために、現在はウェブチームが表記のルールも含めて、一覧表を作って管理しています」(加藤氏)

このリブランディングのプロジェクトは、ウェブだけでなく、カタログなどの営業ツールも連動させたもの。この機会に、外注先が変わっても同じガイドラインで制作できるように、初めてWebサイトのガイドラインを作成したそうです。

加藤さんのお話から、ウェブマスターが、ブランドマネージャーの役割も担っていることがわかります。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
tweet7このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AOSSL
「Always on SSL(常時SSL)」の略。 基本的にサイトは非HT ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore