お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

投稿すればコメントザクザク! ユーザーから反応をもらうSNS投稿のコツとは

「?(問いかけ)」を意識することで、ファンが反応したくなり、会話を生みだすキッカケが生まれる

投稿しても、いいね! はチョロチョロ……
コメントも月1回ぐらいしか……

SNS投稿のコツは、「!(驚き)」ではなく「?(問いかけ)」

こんにちは田村です。

「頻繁に投稿していても、ぜんぜんコメントが来ない。いいねも、ほとんど来ない」。ソーシャルメディアを運用していても、こんな状況だと意味がありません。効果がないとか、上司に怒られるとか、そういうのも鬱陶しいですが、なによりも、やっていておもしろくないですよね。担当者自身が。

ファンから反応を得るには、ファンが反応したくなるような投稿をしなければいけません。そこで各社のソーシャルメディア担当者は、いろいろアタマをひねるのです。画像に凝ったり流行りの360度動画を駆使してみたりと。

最近はソーシャルメディアでも画像や動画の重要性が高まり、手間・ヒマ・コストをかけた、非常にクオリティの高い投稿も見られます。ただ、ソーシャルメディアは、手間・ヒマ・コストだけではファンの反応を得ることができません

そもそもソーシャルメディアとはユーザー同士がコミュニケーションをとる場です。企業がテレビCMや雑誌の広告みたいなキレイな写真や動画を載せても、そこからユーザーとのコミュニケーションが生まれなければそれは単なる「広告媒体」です。たまたまソーシャルメディアに広告(のような投稿)が載ってるだけです(別にそれが悪いというわけではないですが)。

では、どうやったらファンから反応を得られるのでしょうか。ポイントは「!(驚き)」ではなくて「?(問いかけ)」です。

「?(問いかけ)」とは、会話を生みだすキッカケ

ちょっと想像してみてください。たとえば果物屋さんの前を通っている通行人に、店の主人がこんな風に声をかけたとします。

このバナナおいしいで! 買ってやー!

すると、前を通っていた人は、まず自分1人それぞれの頭の中で、こんな風に考えます。

あのバナナ、おいしそうやな

うーん、他の店と比べて、値段はどうなんだろう?

一方、店の主人がこんな風に話しかけたとすると、どうでしょう?

ちょっと見て! このバナナめっちゃ黄色いやろ? おいしそうやと思わへん?

この場合、頭の中で考えるだけの人もいますが、何人かの通行人は

ほんまやなおっちゃん、これめっちゃ美味しそうやん!

など、気軽に返答してくれるかもしれません。そこから会話が生まれるかもしれません。

これが「!」ではなく「?」です。疑問形にすると答えてくれる人が増えるのです。これはソーシャルメディアでも一緒です。

思わず答えたくなる事例を紹介

ここでいくつかサンプルを見てましょう。TwitterやFacebookで、「ユーザーが思わず答えたくなる投稿」をしている好例です。

シャープ(Twitter)

Twitterにはアンケート機能があります。ワンクリックでファンは企業とコミュニケーションをとることができます。さらにアンケートの内容についてコメントも書きたくなるものです。

タニタ(Twitter)

こちらは超直球な質問。ただ、いきなりこれをやってもコメントはもらえません。ふだんからフォロワーとのコミュニケーションを行い、“聞いたら答えてくれる関係性”を構築しているのが肝です。

東急ハンズ(Twitter)

企画のアイデア募集です。レスポンスが入るたび、発信した企業アカウントのタイムラインと、コメントを入れたユーザーアカウントのタイムラインに、この情報が流れます。

グリコ(Facebook)

商品の起源について、クイズでファンを巻き込んで盛り上がっています。ファンからすると、聞かれたから答えるだけ。その結果、コメント欄が賑わいます。

カルピス(Facebook)

複数の商品を扱っている企業なら、「どっちが(どれが)好きですか?」と聞いてみるのもいいでしょう。それぞれ理由があって、ユーザー同士が勝手に盛り上がってくれます。

投稿に反応をもらうための3つのポイント

これらの事例ではいずれも、ユーザーに対してうまく質問を投げかけ、反応してもらってます。

実は、今回の記事を書き始めたとき、当初は、「ユーザーとうまく絡んでいる企業アカウントの投稿をピックアップして、参考にしていただこう」と考えていました。

しかし各社の投稿を見ているうちに、単に投稿内容だけではなくアカウント運用全体において「うまいな」と感じる特徴が、共通して存在することがわかってきました。

ポイント1反応がほしいときは、「反応がほしい」と率直に投稿する

「どっちが好きですか?コメント欄に書いてくださいね」など、直接的な表現をするのです。なんとなく「コメント書いてくれたらいいなー」と考えて投稿するのではなく、「コメントを書いてほしい」と率直に言葉で表します。

ソーシャルメディアは、さまざまな人が閲覧します。なんとなく空気を読み取ってほしい、というのではなく、どんな人にでも、明確に伝わるよう、言葉で表すことは大切です。

ポイント2ふだんからコミュニケーションをとる

日頃コミュニケーションをとっていないアカウントが、いきなり投稿でユーザーに問いかけても、結果は寒いです。

ただ情報を一方的に発信するのではなく、できるだけユーザーの反応を“拾う”という運用を日頃から行うことが大切でしょう。

特にTwitterは、他のアカウントの問いかけに絡んだり、投げかけられた質問に回答したりして「絡むアカウント」であることを見せておくことが大事です。“待ちの姿勢”ではダメなのです。

ポイント3もらったコメントに、なんらかの意思表示を行う

ほんとうは、いただいたすべてのコメントに対して、コメントで返すのがベストです。

しかし、いただいたコメントの数が多かったり、どう回答したら良いか微妙なコメントを書き込まれたりすることもあります。コメントのやりとりは結構スキルが必要だったりします。

ですが、TwitterでもFacebookでも、いただいたコメントに対しワンクリックで「いいね」を付けることができます。

Twitterでは「いいね」(ハートマーク)が用意されている
Facebookでは「いいね」(親指を立てたマーク)が用意されている

企業アカウントがユーザーのコメントに対して「いいね」をすると、コメントに直接返信しなくても、「ちゃんと読んでますよ」という姿勢が伝わります。そうすれば、ユーザーは喜んでくれます。喜んでくれれば次の投稿をしたときに、なにかしらの反応をしてくれる確率が上がるでしょう。

まとめ:ソーシャルメディアは「交流してナンボ」

本来、ソーシャルメディアは、ユーザーとユーザーが交流する場です。そこに企業が出て行って何をするべきか。王道は「ユーザーと一緒になってコミュニケーションをとりながらうまく企業や商品のアピールをすること」だと、私は考えています。

しかし、日本だけでも何千万人というユーザーが、ソーシャルメディアを利用しているのだから、従来のメディア同様、「広告媒体」として活用するのもアリです。どちらが良いということではありません。

王道で行くなら、「!」でなく「?」です。コメント、いっぱいもらいましょう。

田村でした。

「オプト・動画マーケティングセミナー」を5/29に開催

株式会社オプトは、「オプト・動画マーケティングセミナー」を5月29日に開催します(Google様、日本ネスレ様より特別講演実施)。

動画視聴が、スマートフォンやPC、タブレット等で一層日常的になるなか、マーケティングへの動画活用ニーズはますます高まっています。

本セミナーは4部構成でそうしたニーズに応える内容です。第1部では、TVCMとの最適配分や効果検証等含め、Webならではの動画マーケティング活用方法、今後の展望についてご説明いたします。第2部では、ゲスト講師Google様から、動画プロダクトのご説明、企業の動画マーケティング活用事例等をご紹介いただきます。第3部では、企業事例として、ネスレシアターを展開するほか、昨年「Branded Shorts Special Recognition Award」を受賞するなど、さまざまな先進的取り組みを実践されているネスレ日本様から、マーケティング活動における動画の役割、取り組み状況と事例、成果と課題等々をご紹介いただきます。第4部では、動画制作上でのメソッドと事例、また好意形成・話題化等、効果的な動画マーケティングの活用方法を事例とともにご説明いたします。

皆様のマーケティング活動の一助となれば幸いです。ご参加を心よりお待ちしております。

詳細はこちらから↓↓↓↓

http://www.opt.ne.jp/creative/videomarketing-seminar2017/

この記事が役に立ったらシェア!
tweet27はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

サイテーション
言葉としては「引用」「言及」という意味。 SEOの世界では「リンクではない ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore