ソーシャルメディア とは 意味/解説/説明

用語「ソーシャルメディア」が使われている記事の一覧

全 577 記事中 1 ~ 50 を表示中

ページ

五明素紀(電通レイザーフィッシュ) 2012/04/27 14:00 (700)(138)(98)

ソーシャルメディアの普及とともに注目されているソーシャルリスニング。この記事では、企業がソーシャルメディア上で顧客の声を聴くこと、ソーシャルリスニングに取り組むための実践方法についてツールとともに解説する。

住太陽 2007/03/01 8:00 (170)

話題のソーシャルメディア最適化を知る

Web 2.0に関連して「ソーシャルメディア」という言葉が話題に上ることが多くなったが、最近ではその影響力を利用してトラフィックの向上やクチコミの伝播を狙う「ソーシャルメディア最適化」、略して「SMO」という言葉も聞かれるようになってきた。ここでは、ソーシャルメディアとは何か、そしてSMOとは何かについてまとめる。

Facebook広告に関して、「関連度スコア」「マルチプロダクト広告」「広告マネージャアプリ」など、大きな動きが続いている。それらを紹介するとともに、運用においてよくある失敗例も解説。今月の旬の投稿ネタは「ゴールデンウィーク」と「母の日」だ。

今月も、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向を分析・紹介。さらにFacebook広告の新機能である、接続速度(2G/3G/4G)によるターゲティングや、日時指定による広告配信など、最新動向を紹介する。旬の投稿ネタは「ハロウィン」だ。

今月も、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向を分析・紹介。さらにニュースフィードアルゴリズムの改善、動画投稿の再生回数表示など、最新動向を紹介する。旬の投稿ネタは「クリスマス」と「年末の挨拶」だ。

日本IBMでは、ガイドラインを設けて社員のだれもがTwitterのアカウントを開設して自由に活動できる柔軟な体制をとっている。同社にて社内広報を担当し、@IBM_JAPANを運営する栗原進氏に、同社のTwitterに対する考え方や運用方法について話を伺った。

Moz(旧SEOmoz) 2007/10/29 8:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

ニューヨークタイムズ紙は2007年9月、1300万本の過去記事を開放し、記事有料閲覧プログラムを取り止めた。この方針転換はブログ界で盛んに取り上げられたほか、出版業界大手にも影響を与えた。この決定が誰か1人の人間によるものだということはありえないが、同社で有料コンテンツの戦略が疑問視されるようになった背景に、マーシャル・シモンズ氏の存在があったことは間違いない。シモンズ氏は、ニューヨークタイムズとAbout.comのチーフ検索ストラテジストだ。

そこでシモンズ氏にインタビューを行い、今回の方針転換でシモンズ氏が果たした役割、自身の会社、そして大手メディアサイトがとるべき今後の戦略について話を聞いた。

メディア界はもちろん、それ以外の人にとってもオンライン戦略を考えるにあたっての示唆に富んだインタビューとなっている。少し長いが、ぜひ全文を読んで考えてみてほしい。

今月は、、ビデオ広告の自動再生、投稿表示のアルゴリズム変更という最新動向を紹介する。旬の投稿ネタは「元日」「お正月」「成人の日」の3本立てだ。もちろん、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向も分析・紹介する。

Facebookページ運用者必見、旬の投稿ネタは「ホワイトデー」「春の訪れ」「エイプリルフール」だ。また、「動画」タブへの新機能追加、虚偽コンテンツを表示させない対策について解説するほか、今月も、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向を分析・紹介。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

Wikipediaのダークサイド――nofollow後も発生している悪意の手口とは?

Moz(旧SEOmoz) 2008/01/07 10:00 (106)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

ウィキペディアでは偏った操作が横行している。そして、その偏った操作がウィキペディアのページにどの程度影響を及ぼしているかは、おそらく誰にもわからないだろう。

すでにウィキペディアはすべての外部リンクに「nofollow」をつけている。多くの人が、これで論争は終わりだと思った。ところがそうはいかなかった。この大きな問題をわかりやすく示すために、「Wikiハッキング」、つまり「偏った視点からウィキペディアを編集し、不正確な情報や誤った情報を掲載すること」の現状とその手口について説明してみよう

偏ったウィキペディアの編集というものは、基本的に他のウィキペディア編集者や外部から決して気づかれないように意図されている。ある特定の政党や候補者が有利になるよう、ニュース記事に多少色を付けて書くようなもの、と言ったほうがわかりやすいかもしれない。

「リンクジュースがないのにウィキペディアのページを編集する理由」「悪質な編集はどのように行われるか」「どうして管理者はこういった行為を阻止しないのか」「ウィキペディアで実際にあったわかりやすい実例」などに興味があれば、ぜひ記事を読んで理解してほしい。

ソーシャルメディア広告は難しい? お金をかけないのがソーシャルメディア? いえいえ。企業のマーケティングならば、広告を有効活用し、より多くの最適なユーザーと「つながり」「情報を届ける」べきだ。Twitter、Facebook、Instagram、LINEごとに、ポイントを解説する。

1月30日に行われるFacebookの利用規約やデータポリシーの改定、それにともなう影響について解説する。旬の投稿ネタは「節分」「バレンタイン」だ。また、今月も、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向を分析・紹介。

今月より、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向を、その具体的な投稿内容とともに分析・紹介するコーナーがスタート。さらにFacebookの新機能「クロスデバイスレポート」、プラットフォームポリシーの改定といった動向、旬の投稿ネタのアイデアなどを紹介する。

Web担編集部 2007/06/07 8:00 (33)

[特集]アクセス向上99のワザ
PVアップ! ユーザー数アップ! 集客力向上! 「なにすりゃいいの?」大特集

アクセス向上の基本はやはり新規顧客の獲得。すでにこの特集では検索エンジンマーケティングとネット広告の基本を紹介したが、新規ユーザーを集める手法はまだまだある。メルマガ広告、プレスリリース配信、アフィリエイト、ミクシィ、ソーシャルメディア最適化、オークション、YouTubeなどによる新規ユーザー獲得のノウハウを一気に紹介し、さらに、昔は良かったが今はやるべきではないアクセス向上手法も紹介する。

Moz(旧SEOmoz) 2007/12/18 10:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

ネットで話題を呼び、注目を集め、リンクを獲得すること、それは近年のSEOにおいて非常に効果のある手法で、「リンクベイト(リンク餌まき)」と呼ばれる。

リンクベイトとは、言葉で定義するならば、「アテンションとリンクの獲得を目的に作られるウェブコンテンツ」のこと。テキスト、ビデオ、画像、バッジなどさまざまな形式があるが、その目的はどれも同じだといえる。また、リンクベイトは、必ずしも、場に似つかわしくないもの、スキャンダルなもの、非倫理的なものだとは限らない。

この記事では、Janeが検索マーケティングのイベントで使ったスライドを元に、リンクベイトとは何かについて、そしてその手法や実例についてわかりやすく紹介する。

SNSやブログなどのオンラインコミュニティを活用したいと考えている企業は多い。しかし、コミュニティがビジネスにもたらす効果やリスク、展開の方法論は必ずしも明確にはなっていない。

米国の調査会社フォレスターリサーチのシニアアナリストとして、企業のソーシャルメディア展開を中心としたWebマーケティングやインタラクティブマーケティングの専門家であるジェレマイヤ・オウヤン氏に、オンラインコミュニティを成功させる秘訣、コミュニティの運用上のポイント、ユーザーとの関係構築などについて聞いた。

Web担編集部 2014/12/19 6:00

Yahoo!プロモーション広告では、オンラインからの申し込みにより「Twitterプロモ商品」が利用できるようになった。スポンサードサーチとYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)に加えて、PCのみならずスマホユーザーへもアプローチ可能な「Twitterプロモ商品」を活用することで、新しい潜在顧客にリーチを広げることができる。サービスの概要と先行して導入した企業による活用ノウハウを紹介する。

青山 祐輔 2009/11/06 9:00 (58)

9月に日本で初開催されたad:techの講演のために、米フォレスター・リサーチのアイデアデベロップメント担当 シニアバイスプレジデントのジョシュ・バーノフ氏が来日した。Twitterやブログなどを活用した、ソーシャルメディア戦略に取り組む企業が増えている今、企業はソーシャルメディアとどのように対面すべきか。ソーシャルテクノロジーに関するベストセラー書籍『グランズウェル』の著者でもある同氏に伺った。

楽して成果につなげる! 複数ソーシャルメディア統合運用術

話題の「Instagram」を企業はどう使う? その答えは「世界観」にあり

「Instagram」は、画像を介した交流に特化したソーシャルメディア。若年層に利用者が多く、「感性訴求第一」のメディアです。自分で世界観を作り上げることができるとともに、他ユーザーの世界観を楽しめるという特徴が、運用のカギを握ります。

今年のGWに向け、投稿ネタに悩んでいるFacebook担当者も多いだろう。今月は、GWの投稿ネタ、新デザインの重要ポイント、スポンサー記事終了などといった、旬の7つのネタを紹介する。

今月は、Facebookアプリの新仕様、新インサイト「ビデオメトリックス」、プレミアムビデオ広告、サードパーティ・モバイルアプリへの広告配信ネットワーク、Facebookログインの新機能など、カンファレンス『f8』で発表された最新情報などを中心に紹介する。梅雨・七夕・海の日といった投稿ネタも。

お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

Facebook・Twitter・Instagramと自社メディアの“相性”、わかってますか?

田村憲孝(オプト) 2016/01/19 7:00 (69)(48)

3大ソーシャルメディアとも言える「Facebook」「Twitter」「Instagram」。企業担当者にとっては、それぞれの特徴を把握し、うまく使い分ける必要がある。今回は、それぞれの特徴を確認したうえで、それに応じた投稿のキホンを各社の事例から学んでみる。

これまでの連載では企業のTwitter活用を紹介してきましたが。他にもたくさんのソーシャルメディアがあります。今回は、Twitter以外のソーシャルメディアの活用方法について、シックス・アパートの事例を紹介しつつ、説明していこうと思います。

企業のためのソーシャルメディア・マーケティング入門

企業のTwitter活用5つのパターンと始める前の心得(第1回)

企業がどのような方針でソーシャルメディア・マーケティングに取り組むべきか、BtoB企業でソーシャルメディア・マーケティングの活用方法に悩む企業の担当者のために、導入に必要なステップや担当者としてあるべきスキル、そしてアカウント運用に便利なツールなどをお伝えしていきます。

今月は、企業のFacebook活用の現状の紹介、リンク投稿のサムネイルサイズの変更、ニュースフィード表示アルゴリズムへの機械学習システム導入、投稿動画の自動再生テスト、投稿ネタTIPSといったトピックを紹介する。
田村憲孝(オプト) 2016/03/15 7:00 (126)(42)

ソーシャルメディアへの動画投稿はごくごく当たり前の時代。でも我が社は素材 があるわけでも、なにかインパクトのあるネタがあるわけでもないし……。そんな悩みを持つ担当者のみなさん、視点を変えれば、じつはいくらでも、ユーザーを惹き付ける方法があるのだ

楽して成果につなげる! 複数ソーシャルメディア統合運用術

LINEの企業運用ノウハウ①:LINEの基本とトークの送信4つのTIPS ポイントは“友だち目線”

コミュニケーションツール「LINE」をどう運用するか。LINEには「トーク」と「タイムライン」という2つのリーチ方法があるが、今回は「トーク」の活用TIPSを紹介する。トークの強みは、友だちとまったく同じように表示されるフラットさと、大規模なリーチ力だ

Moz(旧SEOmoz) 2008/05/23 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

グーグルの「ワンボックス」検索をひねったネタのリンクベイト記事が、猛烈な人気を呼び、結果としてGoogle Trendsが、このリンクベイト関連の検索キーワードで独占されるという事態になった。

人々が興味を惹いてその興味が持続し、そして行動に移る、そういったリンクベイトの特徴が、この事件で少しわかった気がする。

お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

ソーシャルメディアの投稿ネタがない! そんなあなたに8つのヒント

田村憲孝(オプト) 2015/09/04 7:00 (138)(43)

「あるある!うちもそうだよ!」といった、企業のソーシャルメディア担当者共通の悩みをぶった切る! ソーシャルメディアの運用から担当者自身の社内の立ち回り方まで、さまざまな切り口で役立つ情報を紹介。今回は、投稿するネタがないときに読むと役立つ8つのヒントを紹介。

企業のためのソーシャルメディア・マーケティング入門

企業がTwitterで失敗しないための導入4ステップ+3指標(第2回)

前回は、企業のTwitter活用の5つのパターンについて説明しました。今回は、社内調整や体制構築、従業員のリテラシー向上、そして効果測定など、具体的に何から着手すればいいのか、そのポイントをまとめていきます。

Moz(旧SEOmoz) 2008/04/04 9:00 (24)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

リンク獲得を目指してバイラルコンテンツを作成するときに使ういくつかの戦術について、それぞれの大きな違いを説明しよう。

ソーシャルメディアで人気が出るけれどもリンクを獲得できない例、リンクは獲得できるけれどもソーシャルメディアでは人気を出せない例など、そのパターンを示す。

今月は、年末年始の動向、スポンサー記事広告の変化、ニュースフィードアルゴリズムの調整、新機能「トレンディング」開始、「バレンタインデー」「ひな祭り」の投稿ネタといったトピックを紹介する。

楽して成果につなげる! 複数ソーシャルメディア統合運用術

「複数ソーシャルメディア統合運用」が必要とされる歴史と背景

本連載は「複数ソーシャルメディア統合運用」のノウハウや情報を提供するものだ。第1回は、日本におけるソーシャルメディアの現状をデータから確認。複数運用が必要な理由や各ソーシャルメディアの特徴、具体的な事例などの紹介を行う。

評判管理の技術――ソーシャルメディア最適化の実践テクニック

進化する SMO ―― ソーシャルメディア最適化18のルール by 住 太陽氏

好感度上昇で人が集まる!
評判管理の技術『SMO実践テクニック』
オンライン特別公開版

住太陽氏のブログに掲載された「『SMOの16のルール』ソーシャルメディア最適化の最新事情まとめ」に掲載されている項目が2つ増え、全部で18のルールが掲載されています。

今後もこの内容に変更が加えられる可能性もあり、また読者対象が個人も含めたSMO全般に関する内容ですが、企業がソーシャルメディアに対してどのように取り組むべきか、ぜひ参考にしてください。

企業のためのソーシャルメディア・マーケティング入門

企業アカウントの管理が驚くほど楽になる、Twitter運用ツール7選(第3回)

Twitterの運営方針が決まりました! ところでオススメのツールってないでしょうか? そんな声にお答えして、実際にシックス・アパートで使っているツールをはじめ、企業のTwitter運用や解析に便利なツールを紹介していきます。

今月は、国内ユーザー2200万人突破、投稿・共有後の内容アップデート、カスタムオーディエンス、アクションボタンの追加、動画広告、11月らしい投稿ネタTIPSといったトピックを紹介する。

今月は、Facebook開設10周年、新アプリ「Paper」、リンク投稿でのアクションボタン設置、「春」「新生活」「エイプリルフール」の投稿ネタといったトピックを紹介する。

FIFAワールドカップでは公式スポンサーがさまざまな投稿をFacebookで行った。それらの投稿事例を分析する。また、ニュースフィードアルゴリズムの改善、カスタムオーディエンスの新機能、新広告メニュー「マルチプロダクト広告」など、旬の最新情報も紹介する。

Moz(旧SEOmoz) 2008/05/09 9:00 (22)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

あなたが、非常におもしろい、注目を集めること間違いなしのコンテンツを作ったとする。しかし、作って放っておいても人が集まるとは限らない。

では、どうすればいいのだろうか? ソーシャルメディアで人々の注目を集めてアクセスにつなげるための、タイトルと説明文のうまい作り方、ダメな作り方を、実例を元に紹介しよう。

田村憲孝(オプト) 2016/12/02 7:00 (219)(27)

営業マン・店員など、「顧客と直接に接するスタッフ」がソーシャルメディアを活用するには、独特のノウハウがある。大事なのは「好きなことのアピール」「専門性のアピール」「宣伝」の3つだ。メリット・デメリットも含めて考察する。

評判管理の技術――ソーシャルメディア最適化の実践テクニック

SMOを実施すればネガティブ情報は必ず出る - 住太陽氏との対談「SMOの今後」(後編)

好感度上昇で人が集まる!
評判管理の技術『SMO実践テクニック』
オンライン特別公開版

この記事では、前回に引き続き、本書の執筆陣である株式会社アイレップ紺野俊介、渡辺隆広と、SEOの第一人者として活躍され、ブログでSMOのルールをまとめられている住太陽氏の3者で、企業のマーケター、広報担当者がどのようにソーシャルメディアに対応していくべきが、対談形式で、考察していきます。

今回のテーマは、「ソーシャルメディア上に掲載されたネガティブ情報」「モニタリングビジネス」「検索結果の2ページ目以降」「ネガティブ情報への対応で失敗しがちなこと」「SMOに不可欠なリスク管理体制の構築」など。前編を見逃した人は、ぜひ前編と併せてお読みください。

評判管理の技術――ソーシャルメディア最適化の実践テクニック

RSSフィードの設置&フィードでは全文を発信した方がいい?

好感度上昇で人が集まる!
評判管理の技術『SMO実践テクニック』
オンライン特別公開版

RSSフィードはWindows Vista発売後に導入が進むのではないかと言われていましたが、現状はそれほどではありません。利用者はまだ、インターネットユーザーのうち10パーセントに満たない状況です。とはいえユーザーがコンテンツを自由に配置できるiGoogleを舞台にRSSフィードが普及しつつあり、利用者は増えつつある状況です。

RSSフィードを積極的に活用しているユーザーは、情報感度が高く、インフルエンサーも多く含まれます。こうした層をターゲットとする情報を発信するのであれば、RSSフィードを用意しておくことが不可欠でしょう。

またRSSフィードは、ユーザーによる能動的な利用だけでなく、ブログ検索やブログのアグリゲーションサイトでの情報取得手段としても活用されています。RSSフィード発信対応は、こうしたメディアへの情報流通を促進する意味でも効果的です。

Facebookがオーガニックリーチ減少について言及した。その要因と今後に関する見解を紹介する他、ビデオ広告3つの新機能、右エリアの広告枠サイズの変更、今のシーズンの投稿ネタなど、最新情報を紹介する。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

ブログ記事でリンクやTwitter投稿を稼ぐための21のヒント(後編)

Moz(旧SEOmoz) 2009/04/28 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

前回に引き続き、ふさわしい注目を集めやすくするような、そんなブログ記事の作り方21項目をお届けする。前編では7項目紹介したが、後編では残りの14項目を一気にお届けする。

いまやWebマーケティングの常識であるソーシャルメディア対応は、単に「いいね!」ボタンを付ければ済む話ではない。アカウントを作っただけで活用した気になっている“勘違い”Web担当者や業者が多すぎると説くその心は? Web屋の頑固オヤジことキノトロープ生田昌弘氏が、真のWeb担当者を目指すあなたに贈る叱咤激励メッセージ。

田口 和裕 2008/02/18 10:00 (68)

Web 2.0的サービスケーススタディ
ソーシャル広告やプラットフォーム戦略で注目が集まる今最も熱いソーシャルネットワーク「Facebook」

「Facebook(フェイスブック)」は、今最も注目されている、米国発のSNS(ソーシャルネットワークサービス)だ。その勢いから、Googleが現在最もライバル視しているサービスだともいわれている。

2007年11月に、「ソーシャル広告」という新しい広告サービスを開始して注目と議論を集めたFacebook。まさにWeb 2.0的なサービス内容を改めて理解しておこう。

ユーザー視点のウェブデザインガイド 
第5回 ニーズを捉えた中間媒体での情報提供で、流入アップ!
~Social Media Optimization(SMO)における出稿のコツ~

SEOやLPOといったさまざまな「最適化」(Optimization)に関するトピックスを、最近ますます目にするようになった。そのなかでも、ユーザーを引き込むための考えとして急速に重要度を増しているのが、情報の露出を適切にコントロールし、CGM系サイトでの認知度や評判を高め、サイトへのアクセスや評価を向上させる手法である「SMO」だ。ブログのトラックバックの活用などもこれに含まれる。日本でも大手のニュースサイトがこぞって、はてなブックマーク機能やRSS配信機能を設置するなど、検索エンジン以外の外部サイトからの流入が増える傾向にある。

SMOは、いわゆるCGM系サイトに的を絞った概念だが、合わせてチェックしなければならないのが「比較サイト」「専門ニュースサイト」などの「中間媒体」だ。中間媒体は、第三者的(公平な)メディアとしてトラフィックも多く、大きなアクセスアップを見込める媒体である。

Moz(旧SEOmoz) 2007/11/08 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

イベント盛りの秋、期待のイベント「SMX Social Media New York」のセッション「号外! 号外! ソーシャルニュースサイト」の内容を紹介しよう。

このセッションで話された内容は、主に米国で最も有力なソーシャルニュースサイト「Digg」に関するものが多いが、日本で有力な「はてなブックマーク」や「newsing」といったソーシャルサービスでも役に立つ情報が含まれているので参考にしてほしい。

その内容とは、「ソーシャルニュースをうまく利用する意義」「どうすればDiggでフロントページ(ホットエントリ)に載ることができるか、その作戦やコツ」だ。

Moz(旧SEOmoz) 2008/02/06 9:00 (27)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

ソーシャルメディアマーケティング(SMM)の入り口を、いろんな画像付きでわかりやすく解説するこの記事、前後編の2回に分けて紹介しているが、後編となるこの記事では、なぜ今ソーシャルメディアマーケティングが大切なのか、どうすればSMMを検索マーケティングに役立てられるのか、そして、企業が自社の製品やサービスを、記事に書いて広めてくれる人に見てもらうにはどうすればいいのかを解説する。

前編と併せて読むことで、上司やチームや仲間にSMM(ソーシャルメディアマーケティング)への投資が無駄ではないことを説得する、あらゆる人に役立つものになっているはずだ。

今月は、ニュース記事リンクのアルゴリズム変更、「今すぐ寄付」ボタン、「Facebook for business」の日本語対応、自動再生される動画広告、「1月の投稿」ネタといったトピックを紹介する。

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファセットナビゲーション
ファセットナビゲーション(Faceted Navigation)とは、サイトのナ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore