企業ホームページ運営の心得
上司への説明は戸田奈津子ばりの超訳で

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる 企業ホームページ運営の心得

コンテンツは現場にあふれている。会議室で話し合うより職人を呼べ。営業マンと話をさせろ。Web 2.0だ、CGMだ、Ajaxだと騒いでいるのは「インターネット業界」だけ。中小企業の「商売用」ホームページにはそれ以前にもっともっと大切なものがある。企業ホームページの最初の一歩がわからずにボタンを掛け違えているWeb担当者に心得を授ける実践現場主義コラム。

宮脇 睦(有限会社アズモード)

心得其の壱

ネットで炎上する戸田奈津子を目指す理由

私の名刺には「IT界の戸田奈津子さんになる」と入っています。名刺交換をすると「戸田さん……ですか」と怪訝そうに呟く人が時々います。

インターネットの世界で戸田奈津子さんの「字幕」は「誤訳が多い」とかなり激しくバッシングされており、「ロード・オブ・ザ・リング」の時は「お祭り」騒ぎになっていました。

しかし原語や文法に忠実に翻訳したとして、必ずしもそれが「おもしろい」とは限りません。

たとえば「Son of a bitch(サノバビッチ)!」は「この野郎」といった侮蔑の慣用句ですがこんなシーンならどうでしょうか。

不仲の妻には忠実で自分に懐かないトイ・プードルが、隣の部屋にいる妻の暴言に呼応するかのように唸り声をあげたので「Son of a bitch」と呟きました。「この野郎」と訳すのは芸のない話です。直訳すれば「雌犬の息子」ですから、犬はすべからく「Son of a bitch」です。ならば妻への皮肉をこめて「よく似てやがるぜ」のほうがより登場人物の気持ちを表すことができるのではないでしょうか。

「bitch」はもっと下品な意味で使われており、このシチュエーションはその暗喩も込めたジョークとなりますが、日本人の世俗や習慣の中で理解しやすいように「演出」するのが「字幕屋」の仕事で、時には「狙った誤訳=超訳」もアリだということです。放送大学やNHKの英語講座なら話は別ですがね。

戸田奈津子さんは「確信犯」として「超訳」しています。

そして私も「専門用語」を「超訳」しています。コンピュータ知識の乏しい「素人が腑に落ちる」ように意訳も誤訳もありというスタンスです。専門用語やアルファベットの略称を素人相手に多用するITやコンピュータ業界への皮肉も込めております。

ウェブ?、サイト?、それともホームページ?

インターネット関連の書籍には「ウェブ」「サイト」「ホームページ」の定義が書かれていることが少なくありません。狭義で捉えれば、それぞれまったく別のことを指しますが、世間一般的には混同して使われており、ここに「インターネット」という言葉も加えてほぼ同じ意味で使われているのが「街角IT認知度」です。

ところがなまじ詳しい人ほどこの違いに敏感に反応して、訂正したりウンチクをたれたりします。

しかし、インターネット関連以外のビジネスの現場では、これらの正確な意味の違いは大きな意味を持ちません。これはドコモのカメラ付き携帯のサービス名は「iショット」ですが、Jフォン時代に名付けられた「写メ」や「写メール」が一般的に使われているようにです。

先日携帯電話を消え去っていく運命のTu-kaからauに機種変更をしようとした際、「これはフルブラウザ対応なの?」と店員に尋ねるとまったく伝わりませんでした。そこで「パソコン用のサイトも見られるの?」と問い直すと「あぁPCサイトビューアーですね」と言い直します。厳密には違ったとしても、客にとってはどちらでも良いことです。街角では携帯電話のサービスをすべて「iモード」だと思っている人も少なくありません。最新機種への機種変更が無料になるほどポイントを貯めるヘビーユーザーの私の母がいいました。「あなたのところのホームページ、私の携帯電話のiモードで見られる?」。母の携帯はauです(念のためauはezウェブ)。

「フルブラウザ」と「PCサイトビューアー」、「写メール」と「iショット」の違いにこだわるのは関係者だけです。詳しい人がこだわるほど、利用者は気にしていない(知らない・知る必要を感じない)ことが多くあるのです。

ウェブに詳しい人とそうでない人との温度差が、想像以上にあることを知るのが、上手な「Web担」になるコツかも知れません。

拙著『Web2.0が殺すもの』でも触れていますが、執筆開始時の2006年7月時点で、インターネット・出版業界以外の友人知人から取引先の担当者まで含めて、「Web 2.0」という単語を知っているかとたずねたところ、知っていたのはたった1人でした。

ミクシィが上場され、連動するように大手新聞やテレビニュースが「Web 2.0」と取り上げるようになり、ようやくチラホラと知っている人が表れてきました。

この温度差や伝わり方の違いは、書籍となり「ネットのこちら側」となった梅田望夫さんの大ベストセラー「ウェブ進化論」は知っていても、「あちら側」のグーグルを使ったことのない人がまだまだ多いことに似ています。このサイトをご覧の方には信じられないでしょうが、グーグルを使っていない人、使ったことがない人はまだまだ多いのです。「他の検索サイトでもグーグルの検索エンジンを使っている」という反論があるかも知れませんが、それは「詳しい人」の世界の話で、街角レベルでは「ふ~ん」以上に盛り上がることはありません。

Web担当者の上司は誰だ!

ある団体のウェブの相談の際、担当者を「ホームページ担当です」と紹介されました。コンテンツ作りに話がおよび、どうやらCMSを導入しているようなのでそのことをたずねると、担当者はCMSは理解できなかったようで「勝手にホームページを作ってくれるシステムがあるんです」といいます。厳密に言えば「勝手に」作ってくれるわけではありませんが、担当者の感覚としてはそう思っており、組織の中では「勝手に」でコンセンサスを得ているということです。

この団体で「CMS」を振りかざし、自分はWeb担当で、ホームページではなくコンテンツだといっても社内では通じず空回りしていることでしょう。

ここでは「ホームページ」が一番通りが良く「勝手に作る」が超訳なのです。

IT関連企業以外での「Web担当者の上司」とは、どんな人でしょうか。

旧来型の会社組織はまだまだ多く、上司の決裁がなければ何もできないところも少なくありません。1ページのコンテンツ更新でも担当者と上長の確認がなければ「公開」できない企業もあります。

はてさて「CMS」だ「Web 2.0」だと、上司の知らない(わからない)言葉を使って仕事がうまく進められるでしょうか?

『文芸春秋2006年8月号』にあった梅田望夫さんのインタビュー記事で、若い読者が十冊まとめ買いして職場の上司や親に「これが私の考えていることです」と配ったとありました。親だったらともかく、私が上司なら激高してこう言うでしょう。

「上司に言いたいことがあるなら、自分の言葉でまとめてこい!」と。

本を上司に渡して「これが私の考えです」といい「読書」を強制するのは無礼で非礼な話です。外資系のコンサルティング会社は違うのかも知れませんが、中小企業にいまだに多いガチガチの「日本型ヒエラルキー」の存在する会社なら言語道断の振る舞いです。

インターネットは世界とつながっていて、その担当をしていると「最新」に心を奪われ、ダイナミックな変化にトキメク気持ちは痛いほどわかりますが、企業のWeb担は会社員であり、職場の上司や同僚ともつながっていなければならないことを忘れてはなりません。

Web担当者は社内で誤解されやすい?

ここで戸田奈津子さん風の超訳が役に立ちます。

上司との会話やレポートは超訳した普通の言葉で綴るのです。細かい意訳誤訳は気にしないでください。

上司は部下が何をやっているのかわからないとが疑心暗鬼になります。ましてネット事情に疎ければ不安は募ります。ところが上司のわかる言葉を並べて説明すると「なんとなくわかった気」がして満足してくれます。何となくわかった気にさせるために超訳するのです。余談となりますが、ついでに上司の上司に報告しやすい「お土産」を渡してあげると、さらに仕事がし易くなることでしょう。これは私の会社員時代の実体験で、この方法で「営業職」時代の就業時間中に「インターネット」の勉強をすることに成功しました。上司が中間管理職なら効果的です。

もっとも避けなければならないのは「インターネットで何をやっているかわからない」と思われることです。

一般的にインターネット関連企業以外では、Web担当者は社内で誤解されやすい傾向にあります。「わからない」ことによる誤解で、ひどい例では遊んでいると揶揄されることもあります。これを防ぐには「わかってもらうこと」、そしてそのためには正確なIT知識を用いるのではなく「超訳」が良いのです。

「わかる」ことを優先させて「単語」は社内だけで通じる隠語レベルで「超訳」してください。戸田さんもその日本語の翻訳が英語に直されないという前提で翻訳しているのです。

超訳に自信がない場合は、「おおよそ」「語弊を怖れずに言うなら」「ザックリいうと」といった枕詞を添えてください。いざというときに逃げ道を作っておくのはサラリーマンの処世術というものです。

♪今回のポイント

戸田奈津子で行こう!

専門用語の誤訳仕立て。ザックリと枕詞を添えて。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet4このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

リンク
WWW上でページとページをつなぐ仕組みで、元は「ハイパーリンク(hyperlin ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore