BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊
『Web2.0が殺すもの』

ブックレビュー

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊

『Web2.0が殺すもの』

神野 恵美(編集者、ライター)

Web 2.0はビジネス界の本物の救世主となり得るのか?
他書が触れないタブーに斬り込んだ、反『ウェブ進化論』

Web2.0が殺すもの
  • 『Web2.0が殺すもの』
  • 宮脇 睦 著
  • ISBN:4-86248-071-3
  • 定価:本体952円+税
  • 洋泉社

今年次々と出版されたWeb 2.0関連書において、批判的視点から書かれた一冊。やや過剰ぎみにWeb 2.0を礼賛する多くの書籍の中にあって、このような“アンチ”書の登場は存在だけでも新鮮だが、そこで論じられる筆者ならではの視点も斬新だ。

本書では、Web 2.0を「その崇拝がエリート層によって主導される」としながら、「最強のプレイヤーはニートである」と興味深く論じられる。その理由は“Web 2.0的社会”は、Webへの接触時間の長さによって左右されるというからで、これは意外な本質を突いた皮肉な示唆だ。さらに、それはPCやネットを使わない人やそれらに関心のない人を無視した世界であり、つまりそこにリアルな社会は反映されていないということを指摘している。

また、筆者はWeb 2.0的世界が抱える“性善説”が必然的にもたらす、“集団の極性化現象”を危惧する。つまり、善意によって蓄積されたはずのWeb 2.0上の集合知が偏向的な方向に作用し、真実や事実が歪曲されてしまう可能性があり、現実世界同様、そのことを肝に銘じて接するべきだと主張している。

本書は、いわゆるWeb 2.0の批判書だが、そのほかにも見落としがちな鋭い指摘が数々なされ、Web 2.0的ビジネス展開に大いにヒントを与えてくれる。また、他書が曖昧にしてきたWeb 2.0の盲点を具体的に論じることで、どこかバブル臭が漂うその世界を別の角度から明瞭にし、解説本としても一読の価値がある。

※この記事は、『Web担当者 現場のノウハウ vol.3』掲載の記事です。

tweet1このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle