#

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)活用講座
ヤフーでもリタゲが可能に! YDNリターゲティング広告がまもなくスタート、今からタグを設置する方法を解説

まもなく始まるYDNサイトリターゲティングの概要とタグの取得について解説
Web担編集部 2013/4/26(金) 10:00 tweet39このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用
[AD]

御社のサイトを訪れたことがある見込み客だけに
Yahoo! JAPAN内で御社の広告を見せる
「サイトリターゲティング」がいよいよ開始!
効果を上げるには、早めに御社サイトにリタゲ用タグを

自社サイトを訪れたことがあるユーザーにターゲットを絞って、サイト外で御社の広告を表示する「サイトリターゲティング」が、いよいよYahoo!プロモーション広告でも利用可能になる。御社では、サイトリターゲティングの準備は済んでいるだろうか?

2013年4月17日から、Yahoo!プロモーション広告のディスプレイ広告サービス「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」において、サイト訪問者を識別するために御社サイトに設置する「サイトリターゲティング用タグ」の取得が可能になった。

サイトリターゲティング広告の配信開始は5月下旬の予定だが、広告の配信数を増やすには、事前にタグを設定しておく必要がある。今回は、サイトリターゲティングの概要とタグの設置についてお伝えしよう。

リターゲティング広告のしくみとタグ設置の意味

タグの取得について説明する前に、そもそもサイトリターゲティングとは何かについて簡単に説明しよう。

「サイトリターゲティング」とは、自社のWebサイトを訪問したインターネットユーザーに対して広告を配信できるYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の広告掲載方式の1つだ。

しくみとしては、次のようになる。

  1. 広告主は、あらかじめ自社Webサイトにサイトリターゲティング用のタグを埋め込んでおく。また、そのサイトリターゲティングに対応するターゲットリストと、そのターゲットに表示するYDN広告を、YDNの広告管理画面で設定しておく。

  2. そのサイトをインターネットユーザーが閲覧すると、「このユーザーは、サイトリターゲティングが設定されているこのWebサイトを訪問した」という履歴がYahoo! JAPANのデータサーバーに蓄積される。

  3. そのインターネットユーザーが、YDN広告掲載面のあるサイト(たとえばYahoo! JAPANのページ)を訪れると、「過去にリターゲティング対象のWebサイトを訪問したことがある」という履歴情報から、訪問したことがあるサイトのリターゲティングの広告がそのユーザーに対して表示される。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)サイトリターゲティングのしくみ。広告は過去1か月間のWebサイト訪問履歴を元に配信される。
Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)サイトリターゲティングのしくみ。広告は過去1か月間のWebサイト訪問履歴を元に配信される。

一度サイトを訪れたことがあるということは、「商品に関心が高い=見込み顧客の度合いが高い」と考えられるため、より高い広告効果が期待できる

典型的な例としては、ある商品の購入を検討していて何度か商品ページを訪れたインターネットユーザーに対して、「この商品気になっていませんか?」といった具合に広告を表示することで、購入の背中を押す効果が期待できる

ただし、広告の効果を上げるためには「サイトを訪れたインターネットユーザー」のリストがある程度蓄積されていなければならない。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)のサイトリターゲティングは5月下旬の開始予定だが、リターゲティングは過去1か月以内の訪問履歴を元に広告配信が行われる。つまり、なるべく早くタグ設置を行っておけば、リリース後すぐに広告パフォーマンスを発揮できるというわけだ。

また、サイトリターゲティング用タグは、特別なリターゲティング戦略を作り上げるまでは、まずはサイト内の全ページに設置することを推奨したい。タグが設置されていないページは、そのページを訪問したユーザーの閲覧履歴情報が蓄積されないので注意しよう。

サイトリターゲティングのポイント
  • タグを設置したサイトの閲覧者に対して広告表示
  • タグはあらかじめサイトの全ページに設置する

サイトリターゲティング用タグの取得方法

ここでは、具体的なタグの取得方法を解説する。タグの取得は、広告管理ツールの「広告管理:YDN」タブの「ツール」一覧に追加された「ターゲットリスト管理」で行う。

広告管理ツールに「YDN」タブがない場合は?

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の利用開始が設定されていないと、広告管理ツールに「広告管理:YDN」タブが表示されない。サイトリターゲティングを利用するには、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の利用が前提になるので、未設定の場合は以下のページを参考にして利用開始とアカウントの設定をしておこう。

ステップ1ターゲットリスト管理ページの表示

まず広告管理ツールの「広告管理:YDN」タブで対象のアカウントを選び、「ツール」をクリックして「ターゲットリスト管理」をクリックする。
まず広告管理ツールの「広告管理:YDN」タブで対象のアカウントを選び、「ツール」をクリックして「ターゲットリスト管理」をクリックする。
※画像はサンプルです。実際の表示とは異なる場合があります。

ステップ2プライバシーポリシーに必要な記載事項の確認

初めてタグを取得する場合は、プライバシーポリシーに必要な記載事項が表示されるので、内容に同意したら「サイトリターゲティング用のタグを取得する」をクリックする。同意事項にはプライバシーポリシーの公開についての重要事項が含まれている。内容をよく読んでWebサイトにポリシー追記などの対応をしよう。
初めてタグを取得する場合は、プライバシーポリシーに必要な記載事項が表示されるので、内容に同意したら「サイトリターゲティング用のタグを取得する」をクリックする。同意事項にはプライバシーポリシーの公開についての重要事項が含まれている。内容をよく読んでWebサイトにポリシー追記などの対応をしよう。
※画像はサンプルです。実際の表示とは異なる場合があります。

ステップ3HTMLタグの表示とコピー

タグが表示されるので、コピーしてサイト内の各ページ(</body>タグの直前)に設置する。タグが設置されたページを訪問したユーザーの閲覧履歴情報が蓄積されるので、基本的にはサイトの全ページに設置しよう。
タグが表示されるので、コピーしてサイト内の各ページ(</body>タグの直前)に設置する。タグが設置されたページを訪問したユーザーの閲覧履歴情報が蓄積されるので、基本的にはサイトの全ページに設置しよう。
※画像はサンプルです。実際の表示とは異なる場合があります。

サイトリターゲティング用のタグに関しては、以下に示す公式ヘルプの情報なども参考にしよう。

※この記事の内容は、2013年4月現在の情報に基づいています。Yahoo!プロモーション広告では、さまざまな機能改善を行っており、今後サービス内容が変更される場合があります。

[AD]
tweet39このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ/資料請求/お申し込み

Yahoo!マーケティングソリューション関連情報