カスタマーエクスペリエンスに基づくマーケティング戦略

マイクロモーメント時代のUX コーナーの記事一覧

マイクロモーメント時代のユーザー行動がどのように変化しているかを捉えつつ、それに適したしたUX(ユーザー体験)のあり方を提案する。
icon このコーナーについて

スマートフォンやソーシャルメディアの普及によって、ユーザーの行動が劇的に変化している。たとえば、電車を待っているほんの2、3分の間に、欲しい商品に関する情報を集めることができる。このような「人々が何かを欲した瞬間に行う、モバイルデバイスでの検索行動」は「マイクロモーメント」と呼ばれている。

本連載では、マイクロモーメント時代のユーザー行動がどのように変化しているかをとらえつつ、それに適したUX(ユーザー体験)のあり方を提案する。

こんな方におススメ

  • 企業のマーケター、デジタル・マーケティング担当者、Web担当者(初心者含む)
  • モバイルシフトによる直帰率上昇・滞在時間低下の課題を認識しているが、具体的な改善点・改善方法がわからないWeb担当者
  • モバイル最適化を、単に「小さい画面にどうUIを最適化するか」と局所的にとらえているWeb担当者

(全 4 記事)

須川敦史(ネットイヤーグループ) 2016/06/16 7:00 (35)

父の日(6/19)が近づき、そのプレゼント市場が当然のように動き出す。「クラフトビール」のキャンペーンを例に、マイクロモーメントの実践で重要な「マイクロコンテンツ」「ファーストコンタクト」「線のコミュニケーション」をストーリー仕立てで具体的に解説する。

須川敦史(ネットイヤーグループ) 2016/01/25 12:00 (51)(35)

マイクロモーメント時代のUXはどのように実現すればよいのか。ナイキジャパン、スターバックス、ゴルフダイジェスト・オンラインの事例からそのヒントを探る。今後、コミュニケーションの接点はあらゆるデバイスに展開され、マイクロモーメント化はますます加速する。まずは自ら取り組んでみることが重要だ。

須川敦史(ネットイヤーグループ) 2015/12/25 7:00 (124)(44)

スマートフォンによってもたらされた最大のユーザー体験は、「何かしたい」と思った瞬間に、手元にあるデバイスで情報収集や購買を行えることだ。その瞬間である「マイクロモーメント」をとらえるには、従来とは異なるコンテンツの見せ方やコミュニケーションのやり方が求められる。そのための重要なポイント「マイクロコンテンツ」「ファーストコンタクト」「線のコミュニケーション」について解説する。

須川敦史(ネットイヤーグループ) 2015/11/27 7:00 (146)(52)

苦労して作ったコンテンツを、ユーザーは読んでくれているのか。その1PVは、意味のある数字なのか。スマートフォンやソーシャルメディアの普及によってユーザー行動は大きく変化し、これまでの常識が通用しなくなった。コンテンツやUXを考えるWeb担当者にとって重要な「マイクロモーメント」と呼ばれる、ユーザーの検索行動の変化に焦点を当て、その対応方法について解説する。

日本オラクルからのお知らせ

Oracle WebCenter Sites(WCS)とは?

カスタマーエクスペリエンスの理解を深めるピックアップ記事

記事ピックアップカスタマーエクスペリエンスを理解、実現するためにチェックしておきたいコラムや解説記事をピックアップ

Facebook

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

オラクルダイレクト

あなたにいちばん近いオラクル 「Oracle Direct
システムの導入や提案を支援する日本オラクルのご相談窓口 Oracle Direct ご質問・ご要望にスピーディにお応えします。電話受付時間:0120-155-096(祝日及び年末年始休業日を除きます)