編集長ブログ―安田英久
Googleアナリティクスの便利プラグイン詰め合わせAutotrackのドキュメント日本語版

外部向けリンククリックやフォーム送信の自動トラッキングなど、便利な自動トラッキング機能詰め合わせプラグイ

Googleアナリティクスの「便利な自動トラッキング機能詰め合わせプラグイン」であるAutotrackが公開されました。

これは、外部向けリンククリックやフォーム送信の自動トラッキング、コードを書かなくても使えるイベントトラッキングやソーシャルインタラクショントラッキングといった機能を簡単に使えるようにしたものです。

ただ、Googleアナリティクスのチームが公開しているとはいえ、開発者向けのものであり、正式なプロダクトではないということで、日本語情報が公開されておらず、ドキュメントの日本語版も公開予定がないということでした。

そこで、Googleの方に確認をとったうえで、Autotrackドキュメントの日本語版を作成しました。

本家にも日本語版ドキュメントを作ったことを報せましたので、OKが出れば本家のドキュメントとして含んでもらえるかもしれません(そうなるといいな)。

では、Autotrackドキュメントの日本語版をどうぞ。

概要

Google アナリティクスの標準の JavaScript トラッキング スニペット は、Web ページの最初の読み込み時に動作し、ページビュー ヒットを Google アナリティクスに送信します。ページビュー以外のことを知りたい場合(例:イベントやソーシャル インタラクション)は、その情報を取得するコードを自分で書く必要があります。

ほとんどの Web サイトオーナーが気に掛けるユーザー インタラクションは同様のものであるため、Web 開発者は新しいサイトを作るたびに、同じコードを何度も書くことになります。

Autotrack は、この問題を解決するためのものです。多くの人が気にするインタラクションに関する標準のトラッキング機能を提供し、また、便利な機能(例:宣言的イベント トラッキング)もいくつか提供するため、人々があなたのサイトをどのように利用しているのかを、これまでよりも容易に理解できるようになります。

autotrack.js は小さなライブラリで(gzipで3Kバイト)、次に示すプラグインを含みます。デフォルトではすべてのプラグインが1つにまとめられていますが、各プラグインを個別に含めて設定することも可能です。

プラグイン 説明
eventTracker 宣言的イベント トラッキング
mediaQueryTracker Media queryとブレークポイントのトラッキング
outboundFormTracker 外部サイト向けフォーム送信の自動トラッキング
outboundLinkTracker 外部サイト向けリンク クリックの自動トラッキング
socialTracker 強化された自動かつ宣言的なソーシャル トラッキング
urlChangeTracker URL変更の自動トラッキング(シングル ページ アプリケーション向け)

免責条項: autotrack は、Google アナリティクスの開発者リレーションチームが開発・維持しており、その主な対象者は開発者です。Google アナリティクスの正式なプロダクトではなく、Google アナリティクス プレミアムのサポート対象ではありません。このライブラリを利用することを選んだ開発者は、その実装が Google アナリティクス サービス利用規約 を満たす責任があり、各国における法的な義務を果たす責任があります。

使用方法

autotrack をサイトに追加するには、次の2つのことが必要です:

  1. autotrack.js スクリプトをページ内で読み込む。
  2. JavaScript トラッキング スニペット を、autotrack プラグインを使用する ように変更する。

サイトですでにデフォルトのJavaScript トラッキング スニペットを読み込んでいる場合、それを次の修正済みスニペットに置き換えてもかまいません(require コマンドと、追加のautotrack.js があることに注意):

<script>
window.ga=window.ga||function(){(ga.q=ga.q||[]).push(arguments)};ga.l=+new Date;
ga('create', 'UA-XXXXX-Y', 'auto');
ga('require', 'autotrack');
ga('send', 'pageview');
</script>
<script async src='https://www.google-analytics.com/analytics.js'></script>
<script async src='path/to/autotrack.js'></script>

analytics.js プラグインのシステム はスクリプトの非同期読み込みをサポートしているため、autotrack.js の読み込みは analytics.js の前でも後でもかまいません。また、autotrack.js ライブラリを個別に読み込むか、他のJavaScript コードと一緒にまとめて読み込むかも関係ありません。

設定オプションを渡す

autotrack のデフォルトの挙動は、設定オプション でカスタマイズできます。autotrack の設定オプションは、require コマンドに3つ目のオプション パラメータとして渡します。

たとえば、デフォルトの attributePrefix オプションをオーバーライドするには、次のようにします:

ga('require', 'autotrack', {
  attributePrefix: 'data-ga-'
});

autotrack を npm 経由で読み込む

npm で BrowserifyWebpackSystemJS のようなモジュールローダーを使っている場合は、require することで、他の npm モジュールと同様に、autotrack をビルドにインクルードできます:

npm install autotrack
// JavaScript コードで
require('autotrack');

上記のコードでは、生成する JavaScript ファイルに autotrack プラグインをインクルードしていますが、analytics.js トラッカー オブジェクトにプラグインを登録していないことに注意してください。依然として、トラッキング スニペットに require コマンドを追加することは必要です:

// analytics.js のトラッキング スニペットで
ga('create', 'UA-XXXXX-Y', 'auto');
ga('require', 'autotrack');
ga('send', 'pageview');

プラグインを個別に使う

autotrack.js ソースファイルは、以下に示すすべてのプラグインを含みますが、そのすべてを使いたいわけではないこともあるでしょう。

autotrack プラグインを require すると、バンドルされたすべてのプラグインに対して require コマンドを実行し、受け取った設定オブジェクト(存在する場合)のコピーを渡します。一部のプラグインだけを使う場合は、autotrack プラグインを require するのではなく、個別に require してください。

たとえば、eventTracker プラグインと outboundLinkTracker プラグインだけを使うには、スニペットを次のように修正します:

ga('create', 'UA-XXXXX-Y', 'auto');
ga('require', 'eventTracker');
ga('require', 'outboundLinkTracker');
ga('send', 'pageview');

それぞれのプラグインも、autotrack と同じ一連の設定オプションを受け付けます。特定のプラグインに関連のないオプションは無視されます。各プラグインを require する際に設定オプションを利用する場合、同じオブジェクトを各プラグインに渡すのがわかりやすいやり方です。

var opts = { /* 設定オプション */ };

ga('require', 'eventTracker', opts);
ga('require', 'outboundLinkTracker', opts);

特定のプラグインだけを require する場合でも、autotrack.js のソースコード ファイルはすべてのプラグインのコードを含んでいることを理解していくのは重要です。望むプラグインだけを含むスクリプト ファイルをビルドするには、カスタムビルド セクションを参照してください。

プラグイン

eventTracker

eventTracker プラグインは、どんな要素でも data-event-category 属性と data-event-action 属性があれば実行される、宣言的イベント トラッキングを追加できます。data-event-label 属性と data-event-value 属性もサポートしています(属性名はカスタマイズ可能です)。

オプション

次の要素は、イベント カテゴリが "video" でイベント アクションが "play" のイベント ヒットを Google アナリティクスに送信します。

<button data-event-category="video" data-event-action="play">Play</button>

mediaQueryTracker

mediaQueryTracker プラグインは、どの media query が有効かと、該当する media query がどのくらいの頻度で変わったかをトラッキングできます。

mediaQueryTracker プラグインがどの media query データを調べるかは、 mediaQueryDefinitions 設定オプションで指定します。

重要: 他の autotrack プラグインと異なり、mediaQueryTracker プラグインを利用するには、Google アナリティクスのプロパティ設定を変更する必要があります。必要な修正は次のとおりです:

  1. Google アナリティクスにログインし、データを送信しようとしている アカウントとプロパティ を開きます。そして、トラッキングしたい media queries のセットごとに カスタム ディメンション を設定します(例: ブレークポイント、解像度/DPI、デバイスの向きなど)。
  2. それぞれのディメンションに名前を付け(例: Breakpoints)、範囲(スコープ)を ヒット に設定します。"アクティブ" チェックボックスを有効にしておくことを忘れないでください。
  3. mediaQueryDefinitions の設定オブジェクトで、namedimensionIndex の値として、Google アナリティクスのカスタム ディメンション設定画面で表示されるカスタム ディメンション名とインデックスと同じ値を指定します。

ブレークポイント、デバイス解像度、デバイスの向きのデータをトラッキングするための設定オプションに関するドキュメントは、mediaQueryDefinitions を参照してください。

オプション

outboundFormTracker

outboundFormTracker プラグインは、サイトと異なるドメイン名に対してフォームが送信されたことを自動的に検知し、イベント ヒットを送信します。イベント カテゴリは "Outbound Form" で、イベント アクションは "submit" です。イベント ラベルはフォームの action 属性の値です。

デフォルトでは、フォームの action 属性が、相対パスではなく、かつ、現在の location.hostname 値を含まない場合に、そのフォームは外部サイト向けだとみなされます。これにより、(デフォルトでは)同じ上位レベルドメイン名に属する他のサブドメインに送信されるフォームが外部サイト向けフォームだとみなされることに注意してください。このロジックは shouldTrackOutboundForm 設定オプションでカスタマイズできます。

オプション

outboundLinkTracker

outboundLinkTracker プラグインは、リンクの href 属性が他のドメイン名を指している場合に、そのクリックを自動的に検知し、イベント ヒットを送信します。イベント カテゴリは "Outbound Link" で、イベント アクションは "click" です。イベント ラベルはリンクの href 属性値です。

デフォルトでは、リンクの hostname プロパティが location.hostname と異なる場合に、そのリンクは外部サイト向けだとみなされます。これにより、(デフォルトでは)同じ上位レベルドメイン名に属する他のサブドメインに対するリンクが外部サイト向けリンクだとみなされることに注意してください。このロジックは shouldTrackOutboundLink 設定オプションでカスタマイズできます。

オプション

socialTracker

socialTracker プラグインは、どんな要素でも data-social-network 属性、data-social-action 属性、data-social-target 属性があればクリック イベントとして実行される、宣言的ソーシャル インタラクション トラッキングを追加できるもので、eventTracking プラグインと似ています。

また、公式 Twitter ツイート/フォローボタン、公式 Facebook いいね!ボタンに対しては、自動的にソーシャル トラッキングを追加します。言い換えれば、Twitter や Facebook の公式ボタンをページで利用している場合、autotrack (または socialTracker プラグイン単体)を利用すれば、それらのボタンに対するユーザー インタラクションは自動的にトラッキングされます。

トラッキングされるソーシャルフィールドを、次の表に示します:

ウィジェット ソーシャル ネットワーク ソーシャル アクション ソーシャル ターゲット
Like button Facebook like または unlike 現在のページのURL
Tweet button Twitter tweet ウィジェットの data-url 属性、または現在のページのURL
Follow button Twitter follow ウィジェットの data-screen-name 属性

urlChangeTracker

urlChangeTracker プラグインは、History API によって URL が変わったことを検知し、自動的にトラッカーを更新して追加のページビューを送信します。これにより、 シングル ページ アプリケーション でも、特別な設定なしに、旧来のWebサイトのようにトラッキングできます。

注意してください、このプラグインは、URLのハッシュ部分の変更をトラッキングすることはサポートしていません。多くの Google アナリティクスの実装がページビューのトラッキングにあたって、URLのハッシュ部分を取り込まないからです。また、シングル ページ アプリケーションの開発者は、利用しているフレームワークではURLの変更をトラッキングしていないことを確認し、収集するデータが重複しないようにするべきです。

オプション

設定オプション

以下のオプションは、autotrack プラグイン、または個別のサブ プラグインに渡せます。

attributePrefix

: string

デフォルト: 'data-'

宣言的イベント トラッキングと宣言的ソーシャル トラッキングで利用する属性のprefixです。この値に、フィールド名をケバブケース(ハイフン区切り)にしたものを追加した属性名が使われます。たとえば、prefixが 'data-ga-' でフィールドが、eventCategory の場合、属性名は data-ga-event-category になります。

mediaQueryDefinitions

: Object|Array|null

デフォルト: null

media query の定義オブジェクト、または media query の定義オブジェクトのリストです。media query 定義オブジェクトは、次のプロパティを含みます:

  • name: media query 変更イベントの eventCategory 値に使う一意の名前
  • dimensionIndex: Google アナリティクスで作成した カスタム ディメンションのインデックス
  • items: 次のプロパティを含むオブジェクトの配列:
    • name: カスタム ディメンションに設定する名前
    • media: 合致するかテストする media query 値

次の配列は、3つの media query 定義オブジェクトの例です:

ga('require', 'autotrack', {
  mediaQueryDefinitions: [
    {
      name: 'Breakpoint',
      dimensionIndex: 1,
      items: [
        {name: 'sm', media: 'all'},
        {name: 'md', media: '(min-width: 30em)'},
        {name: 'lg', media: '(min-width: 48em)'}
      ]
    },
    {
      name: 'Resolution',
      dimensionIndex: 2,
      items: [
        {name: '1x',   media: 'all'},
        {name: '1.5x', media: '(min-resolution: 144dpi)'},
        {name: '2x',   media: '(min-resolution: 192dpi)'}
      ]
    },
    {
      name: 'Orientation',
      dimensionIndex: 3,
      items: [
        {name: 'landscape', media: '(orientation: landscape)'},
        {name: 'portrait',  media: '(orientation: portrait)'}
      ]
    }
  ]
});

同時に複数の media 値に合致する場合、items 配列で後に定義されたものが優先されます。たとえば、上記の "Breakpoint" の例では、small に設定されており常に合致しますが、mdlg に合致する場合はそれらが優先されます。

mediaQueryChangeTemplate

: Function

デフォルト:

function(newValue, oldValue) {
  return oldValue + ' => ' + newValue;
}

media query 変更イベントの eventLabel に使う値のフォーマット関数です。たとえば、media query 変更が lg から md の場合、デフォルトでは lg => md のようにフォーマットされます。

mediaQueryChangeTimeout

: number

デフォルト: 1000

debounce タイムアウト、言い換えれば、media query 変更ヒットを実際に送信するまでに待つ時間です。このタイムアウト時間内に複数の変更イベントが発生した場合、最後のものだけが送信されます。

shouldTrackOutboundForm

: Function

デフォルト:

function(form) {
  var action = form.getAttribute('action');
  return action.indexOf('http') === 0 && action.indexOf(location.hostname) < 0;
};

フォーム送信を「外部サイト向けフォーム」としてトラッキングするかどうかを判断する関数です。この関数は、呼び出し時に、唯一の引数として <form> 要素を受け取ります。この関数がtrueを返すと、そのフォーム送信はトラッキングされます。

デフォルトの shouldTrackOutboundForm オプションは、blog.example.com から store.example.com へのフォーム送信を外部サイト向けフォームだとみなします。このロジックをカスタマイズし、*.example.com サブドメインへのフォーム送信をトラッキングから除外するには、オプションを次のようにオーバーライドします:

ga('require', 'autotrack', {
  shouldTrackOutboundForm: function(form) {
    var action = form.getAttribute('action');
    // action 属性が "http" で始まるかをチェックして相対パスを除外し、
    // action 属性が文字列 "example.com" を含まないことをチェック
    return action.indexOf('http') === 0 && action.indexOf('example.com') < 0;
  }
}

: Function

デフォルト:

function(link) {
  return link.hostname != location.hostname;
};

リンクのクリックを「外部サイト向けリンク」としてトラッキングするかどうかを判断する関数です。この関数は、呼び出し時に、唯一の引数として <a> 要素を受け取ります。この関数がtrueを返すと、そのリンクのクリックはトラッキングされます。

デフォルトの shouldTrackOutboundLink オプションは、blog.example.com から store.example.com へのリンク クリックを外部サイト向けリンクだとみなします。このロジックをカスタマイズし、*.example.com サブドメインへのリンク クリックをトラッキングから除外するには、オプションを次のようにオーバーライドします:

ga('require', 'autotrack', {
  shouldTrackOutboundLink: function(link) {
    // リンクの hostname が "example.com" を含まないことをチェック
    return link.hostname.indexOf('example.com') < 0;
  }
}

shouldTrackUrlChange

: Function

デフォルト:

function(newPath, oldPath) {
  return true;
}

URLが変更された際に、その変更をトラッキングするかどうかを判断する関数です。デフォルトでは、すべての変更がキャプチャされます。

この関数は、呼び出し時に、引数として文字列 newPath と文字列 oldPath を受け取ります。これらの値は、URLのパスとクエリ文字列を含みます(ハッシュ部分は含みません)。

高度な使用方法

カスタムビルド

autotrack ライブラリはモジュール構成で作られており、各プラグインはそれぞれの依存要素をインクルードしています。そのため、 Browserify などのスクリプト バンドラーを利用してライブラリのカスタム ビルドを作成できます。

次の例は、eventTracker プラグインと outboundLinkTracker プラグインだけを含むビルドの作成方法を示しています:

browserify lib/plugins/event-tracker lib/plugins/outbound-link-tracker

カスタムビルドを作成する際にには、トラッキング スニペットを修正して、ビルドに含まれるプラグインだけを require するように注意します。ビルドに含まれていないプラグインを require すると、それ以降のanalytics.js コマンドが実行されなくなります。

すでに BrowserifyWebpackSystemJS などのモジュールローダーで JavaScriptをビルドしている場合、上記の手順は省略し、望むプラグインだけをソースファイルで直接 require できます:

// JavaScript コードで
require('autotrack/lib/plugins/event-tracker');
require('autotrack/lib/plugins/outbound-link-tracker');

この部分の動作をよりよく理解するには、autotrack のソースコード を参照してください。

autotrack を複数のトラッカーで使う

すべての autotrack プラグインは、複数のトラッカーをサポートしており、トラッカー名を指定して require コマンドを実行することで、正しく動作します。次の例は、2つのトラッカーを作成し、両方で autotrack を利用しています:

ga('create', 'UA-XXXXX-Y', 'auto', 'tracker1');
ga('create', 'UA-XXXXX-Z', 'auto', 'tracker2');
ga('tracker1.require', 'autotrack');
ga('tracker2.require', 'autotrack');
ga('tracker1.send', 'pageview');
ga('tracker2.send', 'pageview');

ブラウザサポート

Autotrack は、どんなブラウザでもエラーなく動作します。サポートされていない可能性のあるコードは常に機能を検知したうえで実行するからです。しかし、autotrack は実行しているブラウザでサポートされている機能でしかトラッキングを実行しません。たとえば、Internet Explorer 8 では、media queryの利用はトラッキングされません。Internet Explorer 8 では media query自体がサポートされていないからです。

すべての autotrack プラグインは、Sauce Labs テスト によって、次のブラウザでテストされています:

Chrome
Firefox
Safari
6+
Edge
Internet Explorer
9+
Opera

翻訳:安田 英久(Hidehisa YASUDA @web-tan)

翻訳版のライセンスは、Autotrackプロジェクトのライセンス(以下に示します)に準じます。

This document (not whole website) is licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");

you may not use this file except in compliance with the License.

You may obtain a copy of the License at

http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0

Unless required by applicable law or agreed to in writing, software distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS, WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.

See the License for the specific language governing permissions and limitations under the License.

この記事が役に立ったらシェア!
tweet71このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トラフィック誘導
「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore