アイ・エム・ジェイ、タブレット端末のサイトユーザビリティ調査で画面サイズによる違い

小さい画面のタブレットのユーザーほどスマートフォンサイトを支持、縦向きに持って閲覧

Web・モバイルインテグレーション事業のアイ・エム・ジェイは、タブレット端末でのサイトユーザビリティ調査の結果を5月15日発表した。PCサイトとスマートフォンサイトを比べると画面が小さいタブレットのユーザーほどスマートフォンサイトを好み、サイトを閲覧する時の持ち方も、縦向きの比率が高かった。タブレット端末が普及する中、タブレット端末向けのサイトはまだ少なく、PCサイトやスマートフォンサイトをそのまま表示させているケースが多いことから、調べた。

調査は3月8~11日にタブレット端末を利用している全国の20~59歳男女を対象にインターネットで実施。有効サンプルは900で、7、7.7~7.9、9~10.1インチの各画面サイズで均等に分けた。2種のサイトでPC用とスマートフォン用の使いたい方を聞いたところ、全体では1種目がPC80.3%、スマートフォン19.7%、2種目は各74.7%、25.3%だったが、7インチは28.0%、34.0%がスマートフォンを選び、7.7~7.9の16.0%、25.0%、9~10.1インチの15.0%、17.0%との差が大きかった。

PCサイトを使いたいと感じる理由(複数回答)は、全体で画像の見やすさが1種目74.3%、2種目61.2%と最多。一方、スマートフォンサイトについては、スムーズに操作できることやサイト全体の把握のしやすさ、本文の読みやすさなどが支持する理由に挙げられた。サイト閲覧時のタブレット端末の持ち方では、全体で縦向き64.7%、横向き35.3%となり、7インチは各75.0%、25.0%、7.7~7.9は67.5%、32.5%、9~10.1は51.5%、48.5%と、画面が小さいほど縦の比率が高かった。

アイ・エム・ジェイ
http://www.imjp.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
tweet18このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore