Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

グーグルのガイドラインに準拠したリンクを獲得する10の方法(後編)

(後編)グーグルのペナルティや不自然なリンクに関する専門家が、グーグルのガイドラインに準拠したリンクを獲得する10の方法を解説
tweet71はてなブックマークに追加 印刷用

この記事は、前後編の2回に分けてお届けしている。グーグルのガイドラインに準拠したリンクを獲得する10の方法のうち前半の5つを紹介した前回に引き続き、今回は残る5つを見ていこう。→まず前編を読んでおく

(再掲)
グーグルのガイドラインに準拠したリンクを獲得する10の方法
1) 依頼する
・友人
・家族
・従業員
2) ディレクトリサイト
・登録に壁を設けている
・Moz Local
・ニッチなディレクトリ
・競合相手の電話番号を検索する
3) 業界内のつながり
・サプライヤーやベンダー
・クライアントやパートナー
・競合相手が掲載されているリスト
4) ブランドや名前に言及してくれた相手
・Fresh Web Explorer
・Googleアラート
・手作業で毎月チェック
5) リンク切れを解消する
・GSC→クロール→エラー
・相手のサイトに連絡
・または、リダイレクト
6) 素晴らしい存在になる
・記者は記事のネタを必要としている
・イベントを企画する-チャリティーのために何かをする
   ローカル検索→「ニュース」をクリック
   他の人は何をやっているか
   記事にする価値のあるようなものは何か?
7) 取り上げてもらうなら、最大限の効果を!
・言及はしてくれたがリンクはなかった相手に連絡
・インタビューに応じる
・記事に新たな視点を提供する
8) HARO
・アドバイス:Gmailのフィルターを設定する
9) どのコンテンツがリンクを獲得しているのか?
・GCS→「サイトへのリンク」→「最も多くリンクされているコンテンツ」→「詳細」
・類似のサイトに連絡をとり、リンクを依頼する
・リンクしてくれている相手に新しいコンテンツのアイデアを教えてもらう
10) 10倍優れたコンテンツ
・ウェブ上で簡単に答えが見つからない質問は?
・Yahoo Answers
・最高のオーソリティになり、完璧なガイドを作成する
・各方面に連絡してリンクを依頼する
(再掲)

6. 素晴らしい存在になる

メディアの記者は、記事のネタを常に探している。ビジネス上で記事にする価値のあるようなことができたら、それは素晴らしい。たとえばイベントを企画したり、チャリティーのために何かをしたりできるなら、記者はこの種の話題を喜んで記事にする。

記事にしてもらう機会を見出すには、地域や専門分野をグーグルで検索してみるといい。

たとえば、ヘアサロンをやっているとしよう。地元のヘアサロンをグーグルで検索して、表示されたニュースをクリックしてみてほしい。すると、記者がこれまでに書いたさまざまなニュース記事が表示される。たとえば退役軍人にはカットを無料にしている地元のヘアサロンがあるかもしれない。そういった情報から、自分にもできることのアイデアが得られる。

また、そのような記事を書いている記者のリストも入手できる。それらの記者に連絡して、「うちではこんなすごいことをしているんです。記事にしてみませんか?」と言えばいい。たいていの場合は、あなたのウェブサイトへのリンクも張ってくれるだろう。

7. 取り上げてもらうなら、最大限の効果を!

メディアで記事に取り上げられようとしているなら、さらに注目を高めるように試みよう。

ある顧客の話だが、そこの製品がネット上で話題になった。その機に何をしたかというと、リンクを張ってくれていた記者すべてに連絡して、インタビューに応じることを申し出た。

また、製品について言及はしてくれたがリンクはなかった相手にも連絡して、次のように言った。

こんにちは、できればリンクしていただけませんか? こちらとしては喜んでインタビューに応じます。記事に新たな視点をご提供できれば幸いです。

何かをしてそれがバイラルで広がるということは、さまざまな場所で取り上げられるということであり、それは多くの場合、ビジネスのその側面に人々が大きな関心を寄せているということだ。たいていの場合、ほんの少し働きかければそこからさらに多くのリンクを獲得できる

8. HARO

HAROは「Help A Reporter Out」の略で、記者と企業や専門家をつなぐメールリストだ。

記者たちは情報源を探している。たとえば、歯科医の場合なら、歯のホワイトニングに関する記事を書いている記者がいるかもしれない。その記者が、情報源に使おうとリンクを張ってくれる可能性もある。

1つアドバイスをすると、Gmailを使っているなら、フィルタを設定して、自分のキーワードやビジネスが含まれるHAROリクエストだけが表示されるようにするといい。そうしないと、こういったメールが1日3件を上限に毎日届くことになって、いささか煩わしいし、受信トレイもあふれてしまう。

9. どのコンテンツがリンクを獲得しているのか?

これを調べるのに良い方法は、Google Search Consoleにアクセスして、[検索トラフィック]>[サイトへのリンク]をクリックし、「最も多くリンクされているコンテンツ」の「詳細」をクリックすることだ。

すると、自分のサイトのURL一覧と、それらのURLにリンクしているドメインの数が表示される。このリストをダウンロードすると、リンク元の具体的なURLを確認することもできる。

すでにリンクを獲得しているコンテンツがサイト上にあるなら、このようなコンテンツこそ、さらに多くのリンクを獲得するために他の人に働きかけて推奨したいコンテンツだ。

また、リンクを張ってくれた人たちに連絡して、こう言ってもいい。

リンクしていただいて本当にありがとうございます。他に、あなたの顧客や読者に役立つようなコンテンツで、私どもに制作できるコンテンツはありますか?

そうすれば新しいコンテンツを作成する上でいいアイデアが得られることも多いし、相手が進んでコンテンツのアイデアを教えてくれるような場合は確実にリンクを張ってもらえる。

10. 10倍優れたコンテンツ

これは、ウェブ上にあるどのコンテンツよりも10倍優れたコンテンツを作成する、ということだ。高額な費用をかける必要はない。ただ、自社の製品やビジネスについて人々が抱いている疑問に答えるだけでいい。

そのためにやりたいことの1つは、Yahoo! Answersにアクセスして自分の製品や専門分野で検索し、それらについて人々がどのような質問をしているか確認することだ。というのも、Yahoo! Answersに質問が投稿されているということは、多くの場合、グーグル検索ではそう簡単に答えが見つからないということだからだ。

その分野で最高のコンテンツ、人々が抱いているであろうあらゆる疑問に答えるコンテンツを作成できれば、各方面に連絡してリンクを依頼できる。それが本当に10倍優れたコンテンツなら、自然にリンクを引きつけるコンテンツでもあるはずだ。

◇◇◇

以上が、グーグルのガイドラインに準拠したリンクを獲得して、検索順位で確実に効果を生み出せる10の方法だ。これらの方法は、単に無料のリンクディレクトリに頼ったり、リンクを作成するスパムのような技術を使ったりするよりも難しいだろうが、実践できれば、目に見える効果をもたらすことができる。グーグルのウェブスパムチームについて心配する必要もないし、獲得できるリンクは誇れるリンクだ。

読んでくれてありがとう。私は、皆さんが素晴らしいコンテンツを作成したり、グーグルが企業に求める方法を実践したりすることで、どのようなリンクを獲得できたかに興味がある。以下のコメント欄に書き込んでもらえれば、グーグルのガイドラインに準拠したリンクを獲得する方法について、有意義な議論ができるはずだ。

ヘインズ氏によるその他の教育コンテンツやグーグルに関する最新ニュースは、同氏のニュースレターに登録するか、SEOに関する同氏の新しい講座に登録してほしい。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet71はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ... →用語集へ

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]