編集長ブログ―安田英久

CMS選定で考慮すべき19のソフトウェア特性指標

CMSの機能星取り表ベースで選ぶのではなく、こうした大きな概念をもとに考えていくといいでしょう
tweet34はてなブックマークに追加 印刷用

今日は、CMS選びのポイントの情報を。情報処理学会の「CMSを合理的に選択するためのソフトウェア特性指標の策定」という論文があるので、それをベースに考えてみましょう。

この論文は、ISO/IEC25010「システム及びソフトウェア品質モデル」をもとに、効果的なWeb CMSを合理的に選ぶためのソフトウェア特性指標を提案するもの。

論文で示されているの「CMS選択のためのソフトウェア特性指標」は、次の19個です。

CMS選択のためのソフトウェア特性指標
  • Web構築の合目的性
  • Webシステムの高速性
  • サーバー要件
  • クライアント動作環境
  • 想定アクセス数
  • 外部連携
  • サイト利用者へのサポート
  • サイト運営者へのサポート
  • 誤操作対応
  • 画面レイアウトなどのカスタマイズ容易性
  • 多言語への対応度
  • アクセス管理
  • 承認フローや業務フローの柔軟性
  • 脅威への対応度合
  • 障害予防や障害発生時の対応度
  • 機能適応性
  • 他CMSからの移行
  • ソフトウェアの普及・安定度
  • 費用

この指標は、なかなかよくできていると思います。

CMS選定というと、(Web担でも昔は出していましたが)CMSのもつさまざまな「機能」をもとに、「この機能を備えているもの」という星取り表ベースの選び方が多いかと思います。

でも実際のところ、そうした星取り表は、情報としては微妙なんですよね。ベンダーさん側はできるだけ「○」が多くなるように回答してきますし、とりあえず「○」が付くように機能を実装するようなことも。

それに、機能に気を取られすぎると、本当に大切な「そのCMSで構築するWebサイトは、何を達成するためのものなのか」という観点から離れてしまいがちです。

その点、このリストの先頭に「Web構築の合目的性」があるのは正しいことです。

CMSにも、いろいろあります。

  • フレームワーク的なもの
  • 大規模サイト向けのもの(多くがフレームワーク的なもの)
  • 中小規模サイト向けのもの
  • 個人ブログ向けのもの
  • 自治体サイト向けのもの
  • 学校サイト向けのもの
  • ポータルサイト向けのもの
  • コミュニティサイト向けのもの

上記で「フレームワーク的なもの」と示したものは、多くがCMSをインストールしただけでは何もできず、思ったとおりのサイトを作るには相当量の開発が必要です。「高機能でいい!」と、そうしたCMSを選ぶと、使い物にならずにお金と時間をどぶに捨てることになります。

逆に、「安くて使いやすそうでいい」と選んだものでは拡張性が低く、やりたいことを実現するにはCMSのコアコードを修正するしかなくなるなんてこともあります。そうなると、セキュリティアップデートの対応もおっくうになり、よろしくない状況が生まれます。

もちろん、この19個のポイントだけでCMSを選べるわけではありません。

論文の最後のほうにあるように、「Web構築の合目的性」をブレイクダウンすると、もっと細かい機能要求になってきます。

結果として、多少は星取り表的な判断も出てきます。

でも、最初から星取り表ベースでCMSを選ぶのではなく、まずこの19項目を選定基準のベースにし、それぞれの項目を掘り下げて考えていくのは、良いやり方だと思います。

ここに示されていないもので重要なものと言えば、

  • ソーシャル連携
  • Googleアナリティクスなどアクセス解析ツール連携
  • DMP連携

などが思いつきますが、これらは「外部連携」の詳細項目だと考えられます。

コンテンツ作成時のサポート機能としては、

  • HTMLチェック
  • リンクチェック
  • 画像ファイルチェック
  • 自動校正

などが思い浮かびますが、これらも「サイト運営者へのサポート」の詳細項目ですね。

唯一、この指標で足りていないのは、開発者向けの観点でしょうか。前述のように、CMSの多くは、開発が必ず付随してきます。開発がないとサイトが完成しないとすれば、開発者向けに次のような要件があるといいでしょう。

  • 機能拡張開発時のセキュリティ機能サポート
  • ドキュメントの充実(できれば日本語ドキュメント)

前者は「脅威への対応度合」に含まれるとは限らないので、意識しておきたいですね。後者はまぁ、「ソフトウェアの特性指標」とは異なるので、観点は少し違いますが。

あとは、

  • 制作をプロに頼むのではなく自分で行う場合は、「デザインテンプレート(テーマ)の充実度」が重要
  • 組織で導入を稟議にかける際には、「(同業種の)導入事例」があると、話を通しやすい

というものがありますが、これらも「ソフトウェアの特性指標」とは少し違うので、この論文で扱う範疇ではないですね。

Web担当者的な視点では、すごく重要なんですけどね。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet34はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ... →用語集へ

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore