スマートフォンレポート

iPhone人気に陰り!? Android端末Xperia シリーズがシェア全体の12%を獲得

2013年後半の目玉であった「iPhone 5s」「iPhone 5c」。依然として人気はあるものの、その人気が落ち着いてきた

この記事は、ドコモ・ドットコムが発行するモバイルビジネス・マーケティング情報誌「スマートフォンレポート」の一部を、Web担当者Forum向けに特別公開したものです。

スマートフォンレポート

2013年後半の目玉であった「iPhone 5s」「iPhone 5c」。依然として人気は高いものの、その人気が落ち着いてきた。一方で、冬春モデルのAndroid端末Xperiaシリーズはどの程度シェアを獲得できたのか。

今回は2014年3月に発表された「スマートフォンレポート vol.11」から、調査報告1「スマートフォンの購入状況(2013年12月~2014年1月) ~12、1月はこれまでのiPhone集中から分散傾向に変化~」の調査レポートをお届けする。

Android端末の中ではXperiaシリーズの人気が好調

2013年12月から2014年1月にかけてのスマートフォン購入状況だが、「iPhone 5s」「iPhone 5c」に人気が集中した10、11月の状況から変化が見られたのか、という点に注目が集まった。各キャリアから新たに発売されたAndroid冬春モデルを中心に、年末年始商戦期におけるスマートフォン購入状況を見てみたい。

まず機種毎の販売状況だが、これまでの動きと同様にiPhoneシリーズが上位を占める結果となった。とはいえ、1~3位を各キャリアの「iPhone 5s」が独占している状況ではあるものの、2013年11月の販売シェアと比較すると各キャリアともに「iPhone 5s」のシェアは落ちており、その人気は少し落ち着いてきた印象だ([ドコモ]11月:17.2%→12月:13.4%、[ソフトバンクモバイル]11月:15.8%→12月:10.5%、[au]11月:12.4%→12月:8.6%)。

これに代わって一定数のシェアを獲得したのが、2013年12月に発売されたドコモの「SO-02F:Xperia Z1 f」である。12月においては、発売日(19日)から月末までの日数が少ないにもかかわらず、iPhoneシリーズ以外で最も高いシェアを記録すると、1月はそのシェアを5.0%まで伸ばしている。

同シリーズのドコモ「SO-01F:Xperia Z1」やau「SOL23:Xperia Z1」を併せたシェアは全体の12%を占めており、Android端末の中ではXperia シリーズの人気が抜き出ていることを証明している(図1)。

図1:購入機種TOP10(1月を基にソート)

Android機種の人気が回復の兆し

続いてOS別で見てみると、12月はiOS:48.8%に対してAndroid:44.3%と、10月、11月に続いてiOSがAndroidをかろうじて上回ったが、1月にはAndroidが49.7%のシェアを獲得し、iOS:43.1%を上回った。

「iPhone 5s」「iPhone 5c」の人気は他のAndroid端末と比較するとまだ高いが、ここにきてAndroid機種の人気が回復していることがわかる。ちなみに、1年前にあたる2012年12月のiOSシェア(33.4%)と比較すると、2013年12月のiOSシェアは15%程高い。これは、ドコモからiPhoneが発売された影響によるものとみることができるだろう(図2)。

図2:2013年12月、2014年1月のスマートフォン購入状況[OSのシェア]

各キャリアにおけるシェア獲得の鍵はAndroid端末の販売数

続いてキャリア別の販売シェアを見てみたい。12月、1月ともにドコモが約4割とトップシェアをキープしたが、ソフトバンクモバイルは11月の26.6%から20%前半へとシェアを落とした。「iPhone 5s」のシェア減少(11月:15.8%→12月:10.5%)がそのままキャリア別のシェアに響いた格好だ。

その一方で、auは12月に前月並の28.2%のシェアを獲得すると、1月は更にシェアを伸ばして3割を超えた。iPhoneとAndroid両方を展開していることに加え、「学割」キャンペーンの実施などが奏功した模様だ(図3)。

図3:2013年12月、2014年1月のスマートフォン購入状況[キャリアのシェア]

2013年後半の目玉であった「iPhone 5s」「iPhone 5c」人気が落ち着きを見せ、今後はAndroid端末の販売数をいかに伸ばしていくかが各キャリアにおけるシェア獲得の鍵と言えそうである。

一方で、年間最大の商戦期とも言われる3月の端末購入動向が注目を集めるが、この時期は学生の需要が大きく伸びる時期でもある。10、20代の学生層における人気の中心がiPhoneであることから、Androidからシェアを奪い返す可能性もまた十分に秘めており、その動向が注目される。

加えて、各キャリアとも学生を対象とした割引キャンペーンを展開するなど学生層への訴求を強めており、激しい競争が予想される。次号では学生層のスマートフォン購入動向を中心に、2014年2、3月の動きをお伝えしたい。

スマートフォンの購入実態及び利用状況の把握調査

調査対象 15~69歳男女
※性年代別人口構成比に合わせて60,000サンプルを回収
調査地域 全国
調査実施期間 2014年2月1日(土)~2月6日(木)
調査方法 インターネットリサーチ
調査実施機関 株式会社ドコモ・インサイトマーケティング

この記事は、ドコモ・ドットコムが発行するモバイルビジネス・マーケティング情報誌「スマートフォンレポート」の一部を、Web担当者Forum向けに特別公開したものです。

スマートフォンレポート

スマートフォンレポート

「スマートフォンレポート」は、独自調査の分析レポートや、NTTドコモへのインタビュー、またモバイルビジネスを展開する上で鍵となるメールマーケティングや広告展開等についての記事を掲載する隔月発行のモバイルビジネス・マーケティング情報誌です。

※6/26をもってサービスの提供を終了致します。
長らくご愛読いただきましてありがとうございました。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet47はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CGI
クライアントからの要求に応じて、Webサーバー側でプログラムを動かす仕組み。 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]