ECにおける消費購買行動モデル「AFLARモデルと10の消費行動」をネットショップ総研が発表

EC市場における一定の普遍性を有するフレームワークとして発表
池田真也(Web担 編集部) 2014/8/1(金) 18:56 tweet38このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

ECにおける消費購買行動モデル「AFLAR(アフラー)モデルと10の消費行動」を、ネットショップ運営支援のネットショップ総研が7月31日に発表した。

「AFLARモデルと10の消費行動」は、同社研究組織「センターラボチーム」が2010年に提唱したもの。今回、検証結果をもとに、多様化した現在のEC市場環境における一定の普遍性を有するフレームワークとして、多くのEC事業者が活用できるものとして考え、正式に発表した。

AFLARモデルと10の消費行動 ※かっこ内が10の消費行動
AFLARモデルと10の消費行動 ※かっこ内が10の消費行動
  • 認知:Attension (Attention)
  • 感情:Feeling (Interest/Search/Desire)
  • 検証:Logical (Compare/Consideration/Confidence)
  • 行動:Action (Action)
  • 取得:Relationship (Exciting/Share)

AFLARモデルの特徴は、インターネット時代の消費行動プロセスとして提唱されている「AISAS」と比較して、各プロセスを細分化構造(AISDC3AES アイスドシースリーエース)に体系化した点と、プロセスに検証段階が加わった点にある。

検証段階は「比較・検討・確証」という3つの要素に分け、これをC3(シースリー)と体系化。オフラインでのショールーミング化はこの段階に発生することを示唆。さらに、今後の予想されるSNS普及の鈍化にともない、「共有」要素も鈍化するとの考えから「感動」を経由しなければ「共有」に至らないことも示唆している。

また、全段階を通して「検索」と「共有」段階は主にオンラインだが、それ以外はオフラインも包括した行動モデルに置き換えることが可能で、オムニチャネル時代の消費者購買行動モデルとしても見ることができるという。

ネットショップ総研
http://www.netshop-soken.co.jp/

AFLARモデルと10の消費行動
http://www.netshop-soken.co.jp/behavior.html

tweet38このエントリーをはてなブックマークに追加
用語集 AR / SNS
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

mixi
2004年2月からサービスを開始したソーシャルネットワーキングサービス(SNS) ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle