カスタマーエクスペリエンスに基づくマーケティング戦略

[コラム]IA視点のWebプロジェクト コーナーの記事一覧

icon このコーナーについて

いまや日常生活になくてはならないものとして普及したWebサイト。しかし、そのWebサイトの作り方も、より長期的に考えながら作る時代にさしかかっています。このコラムでは、企業のWeb担当者、広告代理店や制作会社のディレクター・プロデューサーと呼ばれる方々を対象に、5年後も生き残れるWeb制作やプロジェクト運営のヒントを、Webサイト設計の第一人者であり、数多くのプロジェクトを成功させてきた株式会社コンセントの長谷川敦士氏が情報アーキテクチャ設計の観点からアドバイスしていきます。

(全 6 記事)

長谷川 敦士(株式会社コンセント) 2009/09/15 10:00 (50)

Web設計法を“まじめに”考えるコラム

このコラムでは、情報アーキテクチャ分野での議論から、主にWebプロジェクト一般に関わるような課題や考え方を紹介していきます。

今回は、情報アーキテクチャの概念を企業全体の枠組みにまで拡大した、エンタープライズ情報アーキテクチャという考え方をもとにして、企業全体のサイト群の構成法を探ってみます。

長谷川 敦士(株式会社コンセント) 2009/06/24 10:00

「IA視点のWebプロジェクト」番外編

今回はちょっと趣向を変えて、3月に米国で開催されたIAの国際会議である「IAサミット2009」の模様を紹介したいと思います。年に一度北米で開催されているIAサミットには、全世界からIAに関心を持つ人々が集まってくるのです。

長谷川 敦士(株式会社コンセント) 2009/04/13 10:00 (67)

Web設計法を“まじめに”考えるコラム

このコラムでは、情報アーキテクチャ分野での議論から、主にWebプロジェクト一般に関わるような課題や考え方を紹介していきます。

今回は設計寄りの話題に移して、プロジェクトだけではなくWebの設計面においても建築分野から学べる考え方があるというお話をしたいと思います。

長谷川 敦士(株式会社コンセント) 2009/01/28 10:00 (27)(44)

[コラム]IA視点のWebプロジェクト

いまや日常生活になくてはならないものとして普及したWebサイト。しかし、そのWebサイトの作り方も、より長期的に考えながら作る時代にさしかかっています。このコラムでは、情報アーキテクチャ分野での議論から、主にWebプロジェクト一般に関わるような課題や考え方を紹介していきたいと思います。

今回は、プロジェクトリーダーとインフォメーションアーキテクトの役割について掘り下げてみていくことにします。あなたは「プロジェクトアーキテクト」という言葉をご存知でしょうか?

長谷川 敦士(株式会社コンセント) 2008/12/04 11:00 (64)(38)(192)

[コラム]IA視点のWebプロジェクト

いまや日常生活になくてはならないものとして普及したWebサイト。しかし、そのWebサイトの作り方も、より長期的に考えながら作る時代にさしかかっています。このコラムでは、情報アーキテクチャ分野での議論から、主にWebプロジェクト一般に関わるような課題や考え方を紹介していきたいと思います。

まず、第1回のテーマは「情報アーキテクチャ」という考え方がどういうものなのかを紹介します。

長谷川 敦士(株式会社コンセント) 2008/12/04 10:59

いまや日常生活になくてはならないものとして普及したWebサイト。しかし、そのWebサイトの作り方も、より長期的に考えながら作る時代にさしかかっています。このコラムでは、企業のWeb担当者、広告代理店や制作会社のディレクター・プロデューサーと呼ばれる方々を対象に、5年後も生き残れるWeb制作やプロジェクト運営のヒントを、Webサイト設計の第一人者であり、数多くのプロジェクトを成功させてきた株式会社コンセントの長谷川敦士氏が情報アーキテクチャ設計の観点からアドバイスしていきます。

日本オラクルからのお知らせ

Oracle WebCenter Sites(WCS)とは?

カスタマーエクスペリエンスの理解を深めるピックアップ記事

記事ピックアップカスタマーエクスペリエンスを理解、実現するためにチェックしておきたいコラムや解説記事をピックアップ

Facebook

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

オラクルダイレクト

あなたにいちばん近いオラクル 「Oracle Direct
システムの導入や提案を支援する日本オラクルのご相談窓口 Oracle Direct ご質問・ご要望にスピーディにお応えします。電話受付時間:0120-155-096(祝日及び年末年始休業日を除きます)