落とし穴だらけ!CMS都市伝説 コーナーの記事一覧

icon このコーナーについて

CMSのことを導入するだけでウェブサイトの構築や運用管理を効率化できる魔法のツールと思っているなら要注意だ。CMSでなにができるかを知り、目標をもって運用しなければ宝の持ち腐れだ。CMSの導入や運用にひそむ落とし穴に掛からないよう、実際の現場を覗いてみよう。

(全 6 記事)

石村 雅賜(ビジネス・アーキテクツ) 2008/04/14 10:00 (33)(37)

落とし穴だらけ!CMS都市伝説
CMSならワークフローやバージョン管理は当たり前!
と考えると痛い目を見る。
キモは自社に合致した製品選びに

今回は、「ワークフロー」「バージョン管理」「検証環境」「配信機能」といった、CMSにおける基本機能について解説する。基本だからこそ重要でもある、これらの機能について正しい知識をもってCMSに取り組んでもらいたい。

ワークフローやバージョン管理といった機能は、地味な割に扱いが面倒な機能だととらえられがちだ。しかし、意外に思われるかもしれないが、これらの機能はコンテンツ管理の屋台骨を支えている機能であることに注意してほしい。サイトの表側には現れない地味な基本機能こそが、コンテンツ管理に組織的に取り組むには欠かすことができない重要な機能なのだ。

石村 雅賜(ビジネス・アーキテクツ) 2008/01/08 9:00 (23)

落とし穴だらけ!CMS都市伝説
第四回
CMSにデータベースを用いると制作が楽になる……とは限らない

コンテンツ制作にデータベースを用いることは10年以上前から行われており、コンテンツ制作においてデータベースは大きな威力を発揮できる。しかし、この便利な部分だけに注目すると、大きな落とし穴にはまることになる。

データベースを用いたコンテンツ生成機能を利用すればコンテンツの管理が大幅に楽になるという幻想を抱いた担当者から相談をうけることは少なくない。しかし、結論を先に述べると、手作業で運用できていたコンテンツに対してデータベースを導入しても、コンテンツ制作が楽になるケースはとても少ない。

安易にデータベースを導入した場合、導入や運用の労力に対して得られる価値が少なく、かといって多大な費用をかけて導入したシステムを捨てられないという状態に陥ってしまうことになるのである。

石村 雅賜(ビジネス・アーキテクツ) 2007/11/29 8:00 (22)

落とし穴だらけ!CMS都市伝説
第三回「コンテンツ投入機能」は万能じゃない機能タイプごとの特徴を知る

CMSの代表的な機能の1つとして、HTMLやCSSの専門知識がなくてもページを投稿できる「コンテンツ投入機能」があげられる。実際に、編集部で取材しているCMSの導入事例でも、CMS導入の目的を「現場のスタッフがコンテンツを更新できるようにして、情報の鮮度と更新頻度をアップする」こととするプロジェクトも多い。

しかし、CMSを導入してコンテンツ投入機能を利用している企業から聞かれる声には、「社内でコンテンツ更新ができるようになった」という声と、「使いにくくて役に立たない」という声の両方がある。

今回は、さまざまな種類のものが存在してわかりにくい状況になっている「コンテンツ投入機能」を、タイプ別に分類することで、成功と失敗を分ける要因を探ってみよう。

石村 雅賜(ビジネス・アーキテクツ) 2007/10/24 9:00 (32)

落とし穴だらけ!CMS都市伝説
第二回「CMS導入でコンテンツ管理が楽に」は大間違い!
意外と知らないコンテンツ管理業務の真実

CMS(コンテンツ管理システム)を導入する前に、コンテンツ管理業務が抱える課題を正確に認識すること、その課題解決のどの部分にCMSが利用できるのかの理解は必須だ。

とはいえ、誤りを含むコンテンツを公開してしまったり、更新の納期が守れなかったりと、悩みを抱えているWeb担当者はとても多く、その原因を正確に理解しているWeb担当者と出会うことは少ない。

なぜこうしたことが起きるのか、今回は、中規模サイトのコンテンツ管理業務が一般的にかかえる課題から探ってみよう。

石村 雅賜(ビジネス・アーキテクツ) 2007/06/19 8:44 (39)

落とし穴だらけ!CMS都市伝説
第一回「CMSの導入失敗は必然? 間違いと失敗だらけの導入プロセス」

CMSに関する活動をとおして、「CMSは使えない」とか「CMSは費用がかかりすぎる」といった発言を耳にする。一方で、CMSをこれから導入しようとするWeb担当者から「CMSを導入したらコンテンツ制作費を大幅に低減できる」とか「CMSを導入したらWeb担当者の負担が激減する」といった発言を耳にすることがよくある。こうした「CMS都市伝説」「CMSへの幻想」、はたしてどちらが正しいのであろうか? どちらもある狭い視点においては正解と言えるものの、多くの場合はあてはまらない発言である。

石村 雅賜(ビジネス・アーキテクツ) 2007/06/19 8:43

CMSのことを導入するだけでウェブサイトの構築や運用管理を効率化できる魔法のツールと思っているなら要注意だ。CMSでなにができるかを知り、目標をもって運用しなければ宝の持ち腐れだ。CMSの導入や運用にひそむ落とし穴に掛からないよう、実際の現場を覗いてみよう。

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]