クチコミ とは 意味/解説/説明 【word of mouth】

略語/フルスペル/訳語

word of mouth

同義語

関連語

情報が人から人へと口伝えにつたわること。

以前はクチコミというと、実際に合って話をしたり、電話で話をしたりする際に人から人へ伝わるものだったが、インターネットが発達して個人が情報を発信できるようになったことで、商業メディアではなく一般の人がブログで書いたりソーシャルメディアに書いたりする内容も「クチコミ」とみなされるようになっている。

英語ではWord of Mouth、略してWOM(ワム)という。

用語「クチコミ」が使われている記事の一覧

全 913 記事中 1 ~ 50 を表示中

ページ

ダブルファネルマーケティングを成功に導くには、顧客体験の創出施策や良質なクチコミの確保と拡散施策を立案・実行し、その効果や反響を測定してPDCAサイクルを回し、顧客体験を含んだ顧客の行動や発言のデータをリスニングし、消費者にどのようなブランド体験が発生しているのかを把握しなければならない。

2011年の「第5回企業ウェブ・グランプリ」部門グランプリ受賞企業が各サイトの取り組みを発表した「第5回企業ウェブ・グランプリ フォーラム」の様子をレポートする。

ウェブ×雑誌×セミナーのクロスメディアとして2006年7月にスタートしたWeb担当者Forumは、みなさまと共に成長を続け2008年7月末で2周年を迎えました。

これもひとえに、応援してくださる読者の方々や、取材やご執筆に協力いただいた方々のおかげでございます。みなさん、ありがとうございます!

3年目に突入するWeb担ですが、その前に今までにどれだけの記事がありどんな記事が人気だったのか、過去2年間のランキングを見てみたいと思います。話題になったあの記事のランキングは? 予想通りか、上位記事で見逃した記事がないか、ぜひチェックしてみてください。

河田顕治 2013/03/05 9:00 (142)(37)

企業のソーシャルメディア活用を支援するアジャイルメディア・ネットワークでは、2012年からNPSの採用を進めている。すでに継続した計測を行い、組織的なフローとしてNPSを取り入れようとする同社に、導入の背景や実際の活用例について聞いた。

上田修子 2007/04/09 7:59 (100)

Products Showcase:ライバル会社に差をつけるネットビジネス必携プロダクト
クチコミ促進も囲い込み戦略もお任せ! 企業向けSNS構築サービス

このコーナーでは、ネットビジネスを強力に支援する製品について、それを支える技術や市場動向を説明し、さらに各社から提供されている製品を紹介する。今回は、mixiやグリーのようなSNSサービスを、自社でも独自に提供できる「SNS構築サービス」だ。

遠藤美咲+三立瞳 2011/04/27 9:00 (272)(221)(90)

マーケ女子が熱い。世間では「もしドラ」の影響で、女子高生マーケッターがブームっぽい(?)が、オトナ女子も負けてはいられない。「Web担当者Forum」では急遽、ソーシャルメディアマーケター美咲こと遠藤美咲氏と、Webマーケッター瞳こと三立瞳氏のオトナマーケ女子対談(というかぶっちゃけオフ会)をセッティングした。ユーザー密着のラディカルな視座から、Webマーケティングとソーシャルメディアマーケティングの可能性を探る。

五明素紀(電通レイザーフィッシュ) 2012/04/27 14:00 (701)(138)(98)

ソーシャルメディアの普及とともに注目されているソーシャルリスニング。この記事では、企業がソーシャルメディア上で顧客の声を聴くこと、ソーシャルリスニングに取り組むための実践方法についてツールとともに解説する。

住太陽 2007/03/01 8:00 (170)

話題のソーシャルメディア最適化を知る

Web 2.0に関連して「ソーシャルメディア」という言葉が話題に上ることが多くなったが、最近ではその影響力を利用してトラフィックの向上やクチコミの伝播を狙う「ソーシャルメディア最適化」、略して「SMO」という言葉も聞かれるようになってきた。ここでは、ソーシャルメディアとは何か、そしてSMOとは何かについてまとめる。

PR 2.0の現場から
ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

日産自動車株式会社の有するウェブサイトは全世界に渡って80サイト以上にも達するそうです。それらのウェブサイトを通じて、それぞれの国、地域で独自の情報発信をしています。

今回は、オンラインマーケティングにおいて多くの話題を集めている日産自動車の販売促進からのアプローチと、公式ウェブサイトにおけるコーポレートコミュニケーションのアプローチ、そして対マスコミを担当している広報の3人の方にご登場いただき、それぞれの立場からの現在の取り組みと次の課題についてお話をお伺いしました。

河田顕治 2012/10/16 8:00 (598)(108)(62)

顧客ロイヤルティを計る指標として米国で採用されているNPS(ネット・プロモーター・スコア)。ここ数年、日本でもいくつかの企業が採用を進めつつあるという、NPSの根幹にあるものは何か。NPSのカンファレンス「Net Promoter 2.0」で議論を交わしてきた、ビービットの遠藤氏に聞いた。

実際に消費者の共感や感動を勝ち取り、クチコミを生み出すような顧客体験を提供しダブルファネル効果を生み出すためには、どのような取り組みをすればよいのだろうか。いくつかケーススタディを紹介する。

池田紀行+タカヒロノリヒコ 2006/12/15 8:00 (27)(106)

Web 2.0がクチコミの舞台を連れてきた
Web 2.0的クチコミ日米最前線

Web 2.0の流れが生み出した
クチコミマーケティングの必然性 

Web 2.0時代。そこでは、普通の人が普通にブログを書き、購入した商品に関する話を書く。そして、その情報は検索エンジンを通じて簡単に得られる。情報が流れる仕組みは変わった。では、マーケティングはどう変わるべきなのだろうか。

2006年7月にオープンしたWeb担ですが、おかげさまで多くのアクセスをいただき、無事2008年を迎えられそうです。

Web担では、2007年には599本の解説記事、879本のニュース記事、228本のユーザー投稿記事が掲載されました(2006年は解説記事137本、ニュース記事345本、ユーザー投稿記事26本でした)。

SEO、キーワード広告、アクセス解析、CMS、ユーザビリティ、レンタルサーバー、クチコミ、広告……さまざまなテーマを扱うWeb担ですが、どのような記事が人気だったのでしょうか、アクセス状況を振り返ってみましょう。

もし、ランキング上位に入っている記事を見逃していたら今がチェックするチャンスですよ(2007年のデータは、12月27日時点のものです)。

テレビとネットの近未来カンファレンス
「ネット動画はCMの世界をどう変えるのか?」レポート
〜CGAの「C」はコンシューマ or クリエイター? 「A」はアド or アート?〜

KNN(KandaNewsNetwork,Inc.)の神田敏晶氏がコーディネータを務める「テレビとネットの近未来カンファレンス」。第13回となる今回のテーマは、「CGA(Consumer-Generated Ad)」。ユーザー参加型のネット動画サイトなどを活用し、消費者自身や一般クリエイターが企業CMを制作・公開するという潮流だ。“消費者自身がCMを手掛ける”背景とは何か、そしてそれらは今、どのような動きを見せているのか。2008年10月9日に開催された、CGAの可能性を探るカンファレンスをレポートする。

柏木恵子 2008/04/30 10:00 (22)

注目企業のネットビジネス戦略
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社

アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は、ブログの書き手・読み手・企業という3者の接点を生み出すための組織として2007年2月に設立された、パートナーブログを媒体とした広告代理店。設立から1周年を迎え、2008年2月末現在で、AMNパートナーブログは合計55ブログ、月間ページビュー数は1000万を超える。

ビジネスの情報源として有益なブログのみをネットワークして構成したメディアに、企業にとってより効果的なマーケティングキャンペーンを展開する広告代理店であるとともに、ネットワーク化することによりブロガーへ新たな収益源を提供し、ブログの質向上に寄与することを目指している。その理念と1年間の歩みについて、代表取締役の坂和 敏氏と取締役の徳力 基彦氏に伺った。

化粧品・コスメのクチコミサイト「@cosme」を運営するアイスタイルでは、これまでのコミュニティサイトの運営ノウハウを活かし、5個のTwitter公式アカウントを開設している。古くからユーザー主導のコミュニティに取り組んできた、同社のTwitter活用について伺った。

JWDA通信 10年後のWEB業界でも役立つ情報を届ける

つなぐ、とどける、うごかすクリエイティブ

米田純也(JWDA アワード&... 2011/06/21 9:00 (31)

ソーシャルメディアの革新とマルチデバイスの急加速と同時に、コミュニケーションの可視化が進む今、「つたわるクリエイティブ」を生むためにはどうしたらよいでしょうか。弊社での研究内容やケーススタディを紹介します。

作 暢博(トップ) 2016/08/01 7:00 (200)(31)

中国向けのプロモーションに欠かせない2大SNS「Weibo(微博)」「WeChat(微信)」。中国の特殊なインターネット事情と、SNSを使った実際のプロモーション運用方法まで紹介

ピンタレストとはどんなサービスなのか、企業活用のチャンスはあるのかなど、ピンタレスト・ジャパン代表取締役社長の定国直樹氏にサービスの特徴や日本での展開についてうかがった。

いしたにまさき 2009/09/25 10:00

ブログ界のタモリこと「みたいもん!」のいしたにまさき氏がお届けする、企業のWeb担当者のためのブログ入門「ブロガーウォッチング」。第12回は、「プチレディブログ matsu-you's eye!!」のまつゆう*さん。「いいモノを上手に伝えるコツ」や「完売伝説」の裏側などについて伺いました。

柏木恵子 2008/01/22 8:00
注目企業のネットビジネス戦略
株式会社ライトアップ

ライトアップは、オンライン上に良質なコンテンツを数多く流通させることでインターネットを楽しくしたいという理念のもとに、2002年に設立された会社だ。

クリエイターズ・ネットワーク会員を活用して良質なコンテンツを企画・制作するほか、集客のための広告やユーザー意識の調査・分析といったことも行っている。

どうしたらコンテンツの価値を最大化できるのかという観点でCMS(コンテンツ管理システム)を開発し続ける同社の動向や展望について、代表取締役の白石 崇氏に伺った。

Web担編集部 2007/06/15 9:00

注目企業のネットビジネス戦略
ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンク・テクノロジーは、ネットワーク構築や業務アプリケーション開発なども手がけるシステムインテグレータだ。ECサイトやウェブマーケティング関連事業については、製品自体の開発は行っていないが、さまざまな製品を組み合わせビジネスソリューションへと昇華させて提供しているのが特徴となっている。その事業の特色や今後の展開について、CMS(コンテンツ管理システム)やウェブシステムの開発、コンサルティングなどを担当するシステムインテグレーション事業担当執行役員ソリューション事業部 インテグレーション本部 本部長の佐藤光浩氏と、ECサイトの構築や運用担当するシステムマネジメントサービス事業担当執行役員ソリューション事業部 システムマネジメントサービス本部 本部長の本間孝秀氏のお2人に伺った。

Web 2.0がクチコミを連れてきた!

欧米の成功事例に学ぶクチコミの基本パターン3

Web 2.0がクチコミの舞台を連れてきた
Web 2.0的クチコミ日米最前線

欧米の成功事例に学ぶクチコミの基本パターン3

ネット通販利用者の31.4%が、商品購入時にクチコミ情報を最も参考にしている。Eストアーが2005年12月に発表した調査結果だ。つい15年前は、情報はマスメディアから得るしかなかった。しかし今や、普通の人が日々書くブログの記事がウェブ上に蓄積され、検索エンジンで「普通の人の声」を簡単に探せる時代だ。あなたは、Web 2.0が連れてきたクチコミの可能性をつかもうと手を伸ばしますか? それとも指をくわえて見ていますか?

柏木恵子 2007/05/18 8:47 (21)

注目企業のネットビジネス戦略
株式会社カカクコム
安田 幹広 取締役CTO

読者の中にも利用者が多くいるであろう、価格比較サイト「価格.com」。業界の中では老舗サイトだが、昨今マーケティングの手法として話題になっているクチコミを、いち早く取り入れたサイトでもある。「ユーザー本位の購買支援」として古くからサービスを提供し続ける同社は、1998年からクチコミ掲示板の開設や店舗側による価格入力の実施など、早くからWeb 2.0的なサイト運営をしてきた。同社取締役CTOの安田幹広氏に価格.comの将来像を語ってもらうとともに、クチコミの見せ方や活用法、オープンネットワーク化に向けたAPIの公開など、新しい試みについて伺った。

海外旅行のガイドブックで有名な地球の歩き方。同社ではどのようにTwitterを活用し、どういった体制で運営しているのだろうか。1年以上にわたりTwitterを活用する同社に話を伺った。

日立システムズ 2013/07/30 8:00 (599)(67)(42)

行動観察の手法はビジネスにどのように応用できるのか、行動観察活用について研究・開発を進める、大阪ガス行動観察研究所の主席研究員である久保隅綾氏に話を伺った。行動観察とは何か、エスノグラフィーやUXとの関係、どのような活用事例があるのか。

仲里淳 2011/05/18 9:00 (121)(107)(57)

「最終的な決め手になる媒体はアフィリエイトだと、ずっと思っていました。純広告やリスティングは、認知してもらうためのものだと考えていたのです」そう話すWebプロデューサーの金森氏。しかし、広告効果測定ツールで調べてみると……。

企業のためのソーシャルメディア・マーケティング入門

Twitterキャンペーン認知&販促型 7つの実例+8つの企画チェックポイント

Twitterキャンペーンを企画してみたいけど、実際に効果があるのか、どんなキャンペーンにすれば効果が上がるのかわからない。そんな方のために、キャンペーン成功事例とともに実践ポイントを解説します。

Web広告研究会 2013/07/12 9:00 (63)(22)

ソーシャルメディアマーケティングを効率的に行うために、企業はどのようなツールを活用しているのだろうか。Web広告研究会の4月の月例セミナーでは、第一部で米国の実情と日本の現状が語られ、続く第二部ではソーシャルメディアマーケティングツールを提供する各社がそれぞれの特徴を発表した。

Web担編集部 2007/03/29 8:00 (24)

注目企業のネットビジネス戦略
株式会社アイメディアドライブ 代表取締役社長 高松雄康

ウェブの広告事業にはさまざまな手法が存在する。特にテクノロジーを活かした斬新な手法が次々と生まれてきており、それを手がける会社も注目されている。クチコミサイト「アットコスメ」と連携したマーケティングなどを手がけるアイメディアドライブも、そんな会社の1つ。2006年4月設立の新しい会社だが、クロスメディを中心としたメディア広告事業と独自の広告ネットワーク事業を柱に、新しい広告の仕組みと市場を創り出そうとしている。独自のクロスメディア発想による広告モデルや最近注目の行動ターゲティング手法について、同社代表取締役社長の高松雄康氏にうかがった。

いしたにまさき 2006/10/18 4:03

Web 2.0と呼ばれる状況では、企業のマーケティング活動にもさまざまな変化が訪れている。Web 2.0と総称されている今の状況は、もはやいい悪いと議論するのではなく、すでに起こっている現実として受けとめるべきだろう。ここでは、この状況をマーケティングにどう活かせるのか、そのために有効なツールは何かを紹介する。

河野 武 2007/06/05 8:00 (48)

Products Showcase:ライバル会社に差をつけるネットビジネス必携プロダクト
ブロガープロモーションサービス利用ガイド
正しい使い方は? 選び方は?

今回は、ブログ記事として自社製品を広告してもらうための「ブロガープロモーションサービス」だ。

このコーナーでは、ネットビジネスを強力に支援する製品やサービスについて、それを支える技術や市場動向を説明し、さらに各社から提供されている製品を紹介する。競合ひしめく市場で、他社に差を付けるための武器として、ぜひ導入を検討してみてほしい。

柏木恵子 2007/10/22 8:00 (67)

注目企業のネットビジネス戦略
社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会

日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会(Web Advertising Bureau)は、1999年4月に社団法人日本広告主協会(現:日本アドバタイザーズ協会)ディジタルメディア委員会内の研究会を母体として発足した業界団体で、今や285社の会員社数を誇る大きな組織となっている。業界の枠を超えて、Web広告・マーケティングに取り組むすべてのプレイヤーによる研究活動を行う実践の場として、インターネットの諸問題について「関係者すべてに門戸を開き」「オープンでフェア(公正)なスタンスで検討を行い」「成果を等しく共有する」を理念に活動している。その活動の内容や自社の仕事への役立て方について、Web広告研究会代表幹事である、味の素株式会社の棗田眞次郎氏にお話を伺った。

鈴木 謙一 2016/04/01 7:00 (36)(38)

グーグルが、人工知能(機械学習)を本格的に検索に活用していることを解説したWIREDの記事が、今週のトップストーリー。今週も、SEOの話題をまとめてお届けする。

深谷歩+藤原亜希子 2014/02/05 9:00 (303)(50)

大学生向けのメディア事業を行うトモノカイでは、ターゲットと同じ立場の学生スタッフに裁量を与え、ソーシャルメディアの企画から効果測定までを任せている。3つのTwitterと2つのFacebookアカウントを運用する同社のソーシャルメディア活用戦略とは。

そもそもFacebookの目指しているのは、より多くの「つながり」を生み出す開かれた世界をつくること。その中では企業も今まで以上にオープンで恒常的な関わりを求められます。
人々との「つながり」の中で、豊かなソーシャル体験を創出し持続的な関係を構築することで、「クチコミ」というマーケティングをさらに強化することができるのです。

ネットPR時代を生きる広報&マーケティングパーソンへ

受験生やその保護者をはじめ、絶大なる認知をもつZ会。しかし、いまの若い人たちにとってZ会といえば「Z会ブログ」というほど、オンラインでの存在感を増しています。DMやTVCMといった従来のマーケティング手法から、ブログをはじめとするCGMの積極活用で、受験生に圧倒的に強いブランドを保持し続けているZ会のオンラインでの取り組みについて、お話を聞きました。

深谷歩+藤原亜希子 2016/05/18 7:00 (42)(43)

少女漫画風のキャラクターが印象的な「ヒロインメイク」をはじめ、セルフコスメを展開する伊勢半。使ったらだれかに教えたくなる、そんなブランドの魅力とユーザーの心理をとらえた、ソーシャルメディア施策の裏側を聞いた。

いしたにまさき 2008/08/07 11:00

「いしたにまさきのブロガーウォッチング」

ブロガーは何を考えてブログを続けているのか、そのココロを知ることで企業とブロガーがうまくコミュニケーションできるようにしようというこの連載、第4回のゲストは、平日4万PVの人気ブログisologの磯崎哲也氏。

「カブドットコム証券」や「ネットイヤーグループ」の日本での設立などに携わった後、独立して磯崎哲也事務所を開業。その後は、IT系ベンチャー企業などのコンサルティングを行う傍ら、カブドットコム証券の社外取締役やミクシィの社外監査役、中央大学法科大学院講師などを務めている氏のブログ論とは?

奥野辰広(トランスコスモス) 2015/01/16 7:00 (246)(82)(95)

ネット広告担当者に必要な基本スキルを3ステップに分けて解説。第1回は広告集客の基本である、「プッシュ型」と「プル型」という2つの手法と、ネット広告担当者として押さえるべきポイントを解説します。

カスタマーエクスペリエンス(CX)の基礎から実践までを解説してきた本連載の最終回は、CX向上の取り組みのなかでも特に重要な位置を占める「カスタマージャーニーマップ」(CJM)に焦点を当てる。ここ数年でCXやCJMへの注目が高まってきた背景、CJMへの取り組みを具体的な成果に結び付けるために必要なこと、CJM自体のROIをどう評価すべきか、この先CXはどう発展してくかなど、Web担当者が気になるトピックを専門家が語り合う。

15万円でゼロから始める動画マーケティング

動画マーケティング事例5つに学ぶ活用法と動画SEO | 最終回

最終回では、動画を積極的に活用するための方法や押さえておきたいポイントを、事例とともに紹介します。特に押さえておきたいのが、動画の種類と目的の明確化、動画SEO、マルチデバイス対応の3つです。

佐藤哲(IMJ) 2014/03/24 8:00 (1832)(402)(539)

近年さまざまな分野で注目されつつあるカスタマージャーニーマップだが、「マップを作ったところで何がわかるのだろう?」と、疑問を持つWeb担当者も多いのではないだろうか。今回はカスタマージャーニーマップが注目されている背景と、実際のプロジェクトへの活かし方について紹介する。

Twitterを顧客との親近感・信頼感を醸成するためのコミュニケーションツールとして捉え、10個のアカウントを運用するドクターシーラボのTwitter運用の現場について伺った。

日立システムズ 2013/10/25 9:00 (571)(114)(61)

駅ビルやファッションビルなどいたるところに店舗があり、生活雑貨から住宅までをも販売する無印良品。ネットストアやソーシャルメディアへの取り組みも早く、最近ではMUJI passportというCRMアプリもリリースした。こうしたデジタル施策の中心人物ともいえる、WEB事業部長の奥谷孝司氏に、無印良品の顧客体験について語っていただいた。

いしたにまさき 2008/07/04 10:00 (58)

「いしたにまさきのブロガーウォッチング」

ブロガーさんの考えていることはブロガーさんに聞こう! の連載、前回の田口さんからのご指名で、今回は「On Off and Beyond――テクノロジー・ベンチャー・シリコンバレーの暮らし」の渡辺千賀さんです!

千賀さんが「文章」を書く上で気をつけていること3箇条と、「ブログマーケティングを考える際には、悪口を書かれること過度に恐れないように」というアドバイス、ブロガーさんにも、マーケターさんにも、きっとお役に立ちますよ!

Web広告研究会 2014/06/23 9:00 (99)(72)(36)

東北の今の復興とこれからの復興のため、セミナーとボランティア活動が一体となったWeb広告研究会の「第六回東北セミボラ」のオープニングでは、トライバルメディアハウスの池田紀行氏が登壇し、消費者の感情を動かす5つの要素を解説した。

Web担編集部 2006/12/19 8:00 (22)

Web 2.0がクチコミの舞台を連れてきた
Web 2.0的クチコミ日米最前線

国内事例&サービスプラットフォーム

今、「クチコミ」が注目を集めているのは、SNSのようにユーザーが数多く集まるコミュニティサイトや、ブログのようにユーザー自身が自由に書けるメディアの数が増え、企業によるマーケティングのプラットフォームとして確立されつつあるからだ。

ここではクチコミのプラットフォームとしてSNSやクチコミサイトを捉え、企業がマーケティングや販促活動に使えるサービスを事例とともに紹介する。

Web広告研究会 2/8 7:00 (415)(97)

国内外で高い評価を得ている宇多田ヒカルの新作アルバム「Fantôme(ファントーム)」だが、ヒットの裏には綿密なマーケティング戦略があった。

いしたにまさき 2008/05/02 10:00 (49)

「いしたにまさきのブロガーウォッチング」

ブロガーさんが何を考えてブログを書いているのかを聞く「ブロガーウォッチング」、第2回のゲストは百式の田口さんです。

ブロガーを相手に何かしようと思ったときに「“ブロガー”ってひとくくりに考えちゃだめだよ」という田口さん、そのココロは?

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
用語集 WOM

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

セッション
アクセス解析において、セッションとはWebサイトにアクセスして行う一連の行動を示 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]