なりすまし とは 意味/解説/説明 【spoofing】

略語/フルスペル/訳語

spoofing

ネットワーク上で他人に“なりすまし”て活動すること。「spoofing」と英語表記されることや「スプーフィング」と呼ばれることもある。他のユーザーの情報(IDやパスワード)を盗み出して他のユーザーとして活動し、情報を漏えいさせたり、コミュニティなどに悪意のある書き込みを行ったりする。発信元をわからなくするためにIPアドレスを偽装することを「IP spoofing」と呼ぶほか、「ARP Spoofing」「UDP Spoofing」「DNS Spoofing」「Mail Spoofing」などの“なりすまし”がある

用語「なりすまし」が使われている記事の一覧

全 72 記事中 1 ~ 50 を表示中

ページ

鈴木 謙一 3/24 7:00 (56)(75)(40)

グーグルは、攻撃的なコンテンツ・怒りを引き起こすコンテンツ・不正確なコンテンツ・憎悪に満ちているコンテンツなどを検索結果で上位に表示されないようにしている。検索品質ガイドラインにもそうした記述が追加されている。

鈴木 謙一 5/12 7:00 (125)(93)(35)

グーグル検索で1位を獲得するために絶対必要なこととは何か。また、グーグル検索におけるRankBrainのための最適化にはどんなものがあるのか。グーグルのジョン・ミューラー氏による解説をお届けする。

鈴木 謙一 2015/12/11 7:00 (191)(98)(61)

グーグルの「良い品質のページ」「悪い品質のページ」の考え方を示す「検索品質評価ガイドライン」を、グーグル自らが一般公開した件が、今週のトップストーリー。ほかにも、SEO関連の情報をまとめてお届けする。

グーグルは、検索結果に「不正確」「暴力的」「集団や個人に対して差別的」といった内容の「フェイクニュース(偽ニュース)」が表示されないように、検索アルゴリズムに大きな改善を行った。グーグルのベン・ゴメス氏とパンデュ・ナイアック氏に、今回のアルゴリズム改善の内容とともに、その背景にある考え方や、グーグルの検索アルゴリズムについて聞いた。

鈴木 謙一 2015/06/19 7:00 (95)(72)(37)

ウィキペディアがサイト全体を常時HTTPS化した話題は、Webサイトのトレンドとして要注目だ。ほかにも、「URL階層が深いとSEOに不利な場合も」という情報をどう考えるか、ページネーション時のtitleタグ、検索結果でのカルーセル表示、モバイル専用インデックスなど、SEOの情報をお届けする。

深谷歩+藤原亜希子 2016/08/09 7:00 (43)(82)(21)

もし、あなたが「明日からソーシャルメディア担当者ね」と言われたら……。ある日、Twitter担当者になったというウェブマネー公式アカウントの中の人、ナナセさんに運用の裏側を聞いた。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

検索エンジンスパム - 『検索エンジン最適化の初心者ガイド』改訂版#9-2

Moz(旧SEOmoz) 2009/04/07 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

検索エンジンスパム、つまり、順位を人為的につり上げることを目的としたページや仕掛けを作る行為は、1990年代中頃から盛んに行われるようになった。

ここでは、ペナルティを科されたり、インデックスから外されたり、警告を受けたりした場合のために、検索エンジンがスパムを特定するのに使うさまざまな要素を取り上げて、問題を避けられるよう解説しておこう。

Web広告研究会 2014/03/04 8:00 (1113)(345)(105)

「ソーシャルメディアユーザー調査2013」の調査結果を報告したWeb広告研究会の2013年度第8回月例セミナー。第二部では、定性調査(グループインタビュー)に参加したメンバーがパネリストとして登壇し、ディスカッションが行われた。

柏木恵子 2016/06/27 7:00 (177)(62)(59)

常時SSL化とは、すべてのページをhttpsにすることだ。常時SSL化を進言するならば、常時SSL化のメリットに対する理解が必要だ。セキュリティ向上のために入力フォームに導入するだけでなく、さらなるメリットがある。しかも、SSLサーバー証明書には複数の種類がある。常時SSL化のメリットとSSLサーバー証明書の選び方を紹介しよう。

野本 幹彦 2013/06/11 8:00

あなたのWebサイトで使われている(発行する)Cookieは危険にさらされているかもしれない。日本ベリサインの安達徹也氏は、無線LANなどでのアクセス時のCookieの危険性を唱え、常時SSLによって保護する必要性を解説。FacebookやTwitterの常時SSLへの対応や次世代暗号アルゴリズム「ECC」についても説明した。

【レポート】Web担当者Forumミーティング 2012 in名古屋

集客数・コンバージョン率向上に役立つセキュリティ対策とは|日本ベリサイン

野本 幹彦 2012/11/12 8:00

Webサイトの集客率やコンバージョン率には、サイトの信頼性が大きく影響する。SSL対応の有無によって、信頼性や安全性を判断するユーザーも多い。Web担当者として取るべきセキュリティ対策のトレンドやSSL証明書の選び方などを、日本ベリサインの中川氏が解説した。

国内1700サービスの統計にみるレンタルサーバー選びの基本

EC サイトやASPにレンタルサーバーを使うならば構築や管理サポートの有無で選ぶ

Web担編集部 2007/11/22 8:00

国内1700サービスの統計にみるレンタルサーバー選びの基本

レンタルサーバーで物販を行うなら、ショッピングカートやクレジットカード決済代行などに対応しているかどうかをチェックすべきだ。このサービスの有無により、構築に要する労力、コストが大幅に変わってくる。

また、セキュリティーへの対応、アクセス解析サービスが提供されているかもチェックポイントとなる。

野本 幹彦 2014/02/05 8:00 (32)(63)

サイトのセキュリティリスクを低減させるためにも常時SSLを採用する企業サイトが増えてきている。しかし、常時SSLにはパフォーマンスやSEOに対しての不安を感じているWeb担当者がいるのも事実だ。日本ベリサインの山崎潤一氏は、常時SSLの必要性を示しながらこれらの疑問に答え、最新の暗号化アルゴリズムであるECCの紹介も行った。

柏木恵子 2016/06/22 7:00 (523)(139)(62)

現状では、SSL化しているのは入力フォームのページだけというWebサイトが多い。しかし、グーグルがHTTPSのWebサイトをランキングで優遇すると2014年に発表したこともあり、サイト全体をHTTPS化する「常時SSL」の実装を検討する時代になっている。

【レポート】Web担当者Forumミーティング 2015 Autumn

Webサイト全体HTTPS化(常時SSL)の流れはもう止まらない

柏木恵子 2016/02/01 7:00 (222)(135)(86)

Googleは一昨年、HTTPS Webサイトの順位を優遇するロジックを実装した。SEOの観点だけでなく、常時SSLはセキュリティリスク低減や、開発・運用の簡素化、安全性や信頼性のアピールなど、多くの点でメリットがある。

藤木俊明(GCP) 2012/06/07 8:00 (33)(31)(22)

総合セキュリティサービスプロバイダである日本ベリサインの中川就介氏が、GoogleやTwitterでも採用が進められているセキュリティ化の最新トレンド、常時SSL化の流れをシステムとマーケティングの観点から解説した。

今月は、広告種類の減少、テキスト20%ルールのチェックツール、広告のAndroid端末の表示、偽アカウント対策の認証済みプロフィール、ハッシュタグ、「夏」の投稿事例といったトピックを紹介する。

Web担編集部 2008/03/31 10:00

企業のモバイルサイト作成ニーズが高まるなか、担当者の頭を悩ませるのが、携帯電話の機種ごとに異なるスペックだ。各キャリアから毎年発売される多数の機種のそれぞれに最適化したページを手作業で作るのは困難だが、サムライズが提供するDurian(ドリアン)を利用すれば、ワンソースからマルチキャリア及び全機種に対応したページを簡単作成できる。

【レポート】Web担当者Forumミーティング 2014 Autumn

SEOにも影響するWebページ全体HTTPS化(常時SSL)の効果と実装のポイント

田口 和裕 2015/01/19 7:00 (259)(94)(66)

グーグルが、SSL化されたWebサイトをSEOの評価として優遇することを2014年8月に公式発表したこともあり、サイト全体をHTTPからHTTPSに変更する流れが加速している。SSL化に必要となるサーバ証明書発行の大手シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(ベリサインを吸収合併)の木村泰介氏がWeb担当者Forumミーティングで登壇し、常時SSL化のメリットとデメリット、具体的な対処方法について語った。

Web担編集部 2007/02/05 8:00 (31)

炎上プロモーション死屍累々
失敗事例から学ぶ隠れた落とし穴とその回避法

第2回 身元偽装ブログ「flog」の嘘と偽りが暴かれたその時

本連載では、企業が実際に行ったブログやSNSなどのUGC※1を活用したプロモーションの事故事例を取りあげ、その失敗や炎上の理由、その回避方法などを考察する。うまくいかなかった失敗事例だからこそ得られる教訓やノウハウを明らかにすることで、読者のマーケティング施策に少しでも役に立てれば幸いだ。

鶴田 修朗 2009/11/09 8:00

Webサイトの安全性、信頼性を証明するEV SSL証明書を導入する企業が増加している。インターネットのセキュリティに対するユーザーの不安とその解決方法、セキュリティの確保をコンバージョン率向上につなげるためのポイントを、日本ベリサインの牧野俊雄氏が解説した。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

ソーシャルメディアにおける「なりすまし」を規制するには

Moz(旧SEOmoz) 2008/08/21 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

企業や個人が、自分の名前や一般的なキーワードで検索してみたら、自分にとって否定的な記述が検索結果の中にあったというだけでも、評判管理は十分に厄介な問題だ。その好ましくない記述が、他人のふりをした誰かが書いたものだった場合、状況はさらに難しくなる。ソーシャルメディアでは、この種の行動をもっときちんと規制すべき時期にきてるのだろうか?

300回を迎える本コラムのネタが切れない最大の理由は「現場」。現場は問題と課題に満ちあふれたアドベンチャーであり、Web業界はバズワードの宝庫です。今回はバズワードとするには惜しい「ビッグデータ」の活用提言。300回記念につき盛っています。

日々の業務に追われながらのメルマガ作業は面倒だ。ダメ出しを受けながらようやく納得のいく文面を書きあげた後に待ち受けるのは、意外と厄介な“配信作業”。エクセルで一件一件ユーザーを登録したり削除したり、できあがったメールをBCCで配信したりするのは、思った以上に手間がかかるもの。なんとか作業を楽にする方法はないだろうか――あなたのメルマガ配信作業を劇的に楽にする方法とは?

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

ステルスマーケティング手法を禁止する新しい英国の消費者保護法(前編)

Moz(旧SEOmoz) 2008/06/30 15:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

ヨーロッパでは、ステルスマーケティングの手法を一部禁止する新法について同業者らが大騒ぎしている。料金を受け取っていながら、そのことを示さずに編集コンテンツで商品を宣伝することや、営利目的であることがわからないように偽装して消費者であるかのように振る舞うことを禁止する内容だからだ。

日本の法律に直接関係するものではないが、ブロガーやアフィリエイトにお金を払ってレビューを書かせた場合も、営利関係を明示しないと違法になったり、Amazon.comで著者が自分の本を賞賛するレビューを匿名で投稿すると違法になったりするその考え方を理解しておくことは、今後の世の中の動きを知るためにも重要だろう。

鶴田 修朗 2012/02/07 15:00 (23)

総合セキュリティサービスプロバイダである日本ベリサインの中川就介氏が、Web担当者向けにサイトのセキュリティ周りのトレンドや常時SSL化のポイントを、事例を交えながら紹介した。

本稿執筆時は東京都議会議員選挙のまっただなか。最後の「ネット規制選挙」であり、今日まで規制されていたTwitterでの投票呼びかけも、まもなく合法になります。ネット選挙解禁に合わせ、IT企業のネット選挙事業進出が急増していますが、実務にはグレーゾーンが潜んでいます。

今日は、LinkedInに関する話題を。「第三者が社長になりすましてLinkedInで業務の依頼をしている」というリリースをアルプス電気が発表したのです。企業はこうしたビジネス向けソーシャルメディアでのなりすましもチェックしなければいけない時代なのでしょうか。

はじめてWEBニュース 2015/04/24 7:00 (26)(29)

ECサイト事業者向けに対処法・予防法を紹介、削除依頼文のテンプレートなども公開中

鶴田 修朗 2011/07/26 8:00 (23)

日本ベリサインの中川就介氏による講演では、Webサイトの安全性・信頼性のアピールがコンバージョン率向上など、ビジネスチャンスにつながることが、さまざまな調査データに基づいて示された。

今日は、プレスリリース関連で発生したある事件の話題と、情報を発信する側が気をつけなければいけない点について。先日、偽のプレスリリースに大手通信社とメディアがだまされ、メディアがニュースを撤回するという事件があったのです。

Web担編集部 2008/08/30 6:04

Web担 被リンク数増加ランキング
2008年08月22日~2008年08月29日版

Web担内の記事のなかで、過去1週間で被リンク数が大きく増えた記事はどれだ?

被リンク数が多く増えた記事は、よりその期間に注目された可能性が高いもの。意外な記事のリンクが増えている場合もあるので、人気記事ランキングと併せてチェック!

ページビュー数やユニークユーザー数とは異なる軸での注目記事ランキングで、要チェック記事を探せ!

Web担編集部 2008/09/05 11:12

Web担 被リンク数増加ランキング
2008年08月29日~2008年09月05日版

Web担内の記事のなかで、過去1週間で被リンク数が大きく増えた記事はどれだ?

被リンク数が多く増えた記事は、よりその期間に注目された可能性が高いもの。意外な記事のリンクが増えている場合もあるので、人気記事ランキングと併せてチェック!

ページビュー数やユニークユーザー数とは異なる軸での注目記事ランキングで、要チェック記事を探せ!

Web担編集部 2014/05/30 11:00 (21)

Twitterでの炎上に限らず、企業にとってリスクとなる要因が、Web上にはたくさんあります。15件の問題事例から、ブランド失墜・不買運動・誹謗中傷・役員退陣要求などにつながりかねない「Webリスク」を学び、その対策を考えてみませんか?

ネットショップ担当者フォーラム ダイジェスト

ECサイトのカード情報は原則非保持へ、保有する場合はPCIDSSへの準拠を推進

経済産業省は2018年3月までに、クレジットカード決済を利用するECサイトの加盟店などに対し、カード情報の非保持化といった取り組みの推進を盛り込んだ安全対策を強化する。

セブンネットショッピングは、運営するECサイト「セブンネットショッピング」に不正なアクセスがあり、最大15万165件の個人情報が不正に閲覧された可能性があると発表した。個人情報の中にはクレジットカード番号情報も含まれており、今後被害が広がる可能性もある。

社団法人 日本クレジット協会はネット通販のカード決済で増加している「本人なりすまし」による不正使用を防止するため、加盟しているクレジットカード各社に本人確認の徹底を求めるガイドラインを制定、7月1日から運用を始める。

消費者庁は、インターネットを活用した消費者取引におけるトラブルの発生・拡大防止に向け、「インターネット消費者取引研究会」を発足、第1回会合を開催した。今後、月1回ペースで会合を行い、来年春を目安に結論を出す予定。

みなさんはネットバンキングを利用したことがありますか? ネットバンキングは24時間利用可能で手数料が安いなどの利点から、利用者が年々増加しています。
ところが、インターネットサービスの普及で便利になってゆく影では、ネットバンキングでの不正引き出しなどのオンライン犯罪が急増中なのです。
初期のオンライン犯罪は、IDとパスワードの流出や盗難/偽造カードによるものでした。その後、フィッシング詐欺、ファーミング詐欺、トロイの木馬、中間者攻撃、カード番号生成ソフトなどの洗練された高度な不正手法が次々と登場しています。
そこで、今回はネットバンキングを狙った犯罪と対策の現状について、海外と国内の事情を比較しつつお伝えします。

匿名 2015/11/04 18:21

簡単な自己紹介

デジタルマーケティング情報・ノウハウ発信メディア「MarkeTimes(マーケタイムズ)」(http://marketimes.jp)編集メンバーの上村です。今回はメールマーケティングを企業様で活用するにあたって、見落としがちなIPレピュテーションについての記事を執筆させていただきます。

はじめに

メール配信システムを利用していない企業はないというほどに、浸透しているので言うまでもないであろう。ただしメールをマーケティングツールとして使いこなせている企業、マーケターはどれくらいいるだろうか?著者は、デジタルマーケティングのコンサルタントとして、多くの企業やマーケティング担当者と出会うが一部の大手を覗いてほとんどの企業やマーケターがメールをマーケティングツールとして位置づけていないため効果的なメールマーケティング施策を行う事ができていないのが現状である。本記事では、中小企業〜大企業におけるメール配信システムを導入する際に注意しておかなければならないIPスコアリングについての基礎知識を記載していく。

寺西隆行【Z会】 2009/11/04 11:30

ネットの選挙運動がようやく解禁の方向性になりそうです。
世界の方向性、日本の現在の実態、あわせて考えると、当然かつ喜ばしいことと思います。

もちろん問題点もあるでしょうが、問題点を指摘・批判し「何も動かない」より、“なんとか問題点を解決できないか”“解決できなくてもメリットの方が大きいのではないか”などと考える方が建設的なのは明らかです。

ベリトランス 2016/03/07 16:04

3/24(木)に、TIS株式会社主催、ベリトランス、テクマトリックス株式会社、クオリカ株式会社と
共催にて「EC最新ソリューション(第2回)」セミナーを開催いたします。

セミナー概要

2015年は各社がオムニチャネルを手探りで推進され始め、後半には越境ECや後払い決済など新たなキーワードが現れてきています。

今後、BtoB、BtoCを含めたECという販売チャネルが益々活発になる未来はもうすぐそこまで迫ってきています。

消費者の購買行動が大きく変化する中で、EC事業の運営に以下のような課題をお持ちではないでしょうか?

 ・ECでも電話でも安心したカード決済を提供したい
   ・カードの不正利用チェックの手間を省きたい
   ・複数モール運営をもっと効率よくしたい
   ・売上・在庫・顧客データをリアルで管理できる環境を整備したい
   ・EC事業の手間を自動化し、売上アップ施策に力を注ぎたい

       

この技術の普及によって、少しでも多くの迷惑メールを排除することができれば、より健全なメール環境を整備でき、正当な送信者である企業のマーケティング活動をより活性化することができます。

マイクロソフトとラックは、企業ユーザーを対象に、企業内PCのセキュリティリスク管理を支援するASPサービス「PC から始める 職場のセキュリティ診断サービス」を10月18日より2007年6月30日までの期間限定で無償提供する。

日本国内の電子認証関連事業者8社と、ブラウザベンダーであるマイクロソフト、Mozilla Japanは2月15日、「有限責任中間法人 日本電子認証協議会(英文名称:Japan Certification Authority Forum、英文略称:JCAF)」を設立した。

ネットPR事業のニューズ・ツー・ユーの100%子会社である米国法人News2u.Incは、企業のソーシャルメディアの公式アカウントを紹介するディレクトリサービス「Comfacts」を提供開始したと、5月16日に発表した。

セキュリティソフト・サービスのトレンドマイクロは、日本と海外のセキュリティ動向を分析した報告書「2014年第2四半期(4~6月)セキュリティラウンドアップ:狙われるインターネットの根幹、問われる

一般財団法人インターネット協会(IAjapan)は、インターネットサービスの利用方法や注意方法、トラブルにあったときの問い合わせ方法、有害情報を見つけた場合の連絡方法など、具体的な例を集めた「そ

インターネット接続サービスのインターネットイニシアティブ(IIJ)は、インターネットの基盤技術に関する最新動向やセキュリティ情報を紹介する技術レポート「Internet Infrastructu

ヤフー、インフォマニア、HDE、シナジーマーケティング、トライコーン、ニフティ、日本情報経済社会推進協会、パイプドビッツの8社は、メールセキュリティ対策強化のための電子メール環境への取組として、

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

NAP
「NAP」とは、 Name(店舗や会社の名前) Address(所在地) ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore