ステータスメッセージ

このフォームは閉じられました。

【プレゼント】人工知能(AI)が作る未来のビジネスの姿を探る『グーグルに学ぶディープラーニング』

ディープラーニングでビジネスはどう変化する? 最新技術をビジネスの視点で解説する『グーグルに学ぶディープラーニング』(日経BP社)を3名様にプレゼントします。
2017/2/10(金) 14:00
tweet14はてなブックマークに追加 印刷用

プレゼントの応募受付は終了しました。多数のご応募ありがとうございます。

ディープラーニングでビジネスはどう変化する? 1月30日に発売された『グーグルに学ぶディープラーニング』(日経BP社)の書籍を3名様にプレゼントします。

ディープラーニングは、人工知能や機械学習と何が違う? グーグルのエンジニアらへの取材にもとづき、最新技術を「未来のビジネスの姿」という切り口で経営者やマーケターでもわかるようにやさしく解説する書籍です。

「蛇口をひねればAIがすぐ使える」時代が到来

グーグルに学ぶディープラーニング
  • 編: 日経ビッグデータ
  • 価格: 1,944円(税込み)
  • ISBN: 978-4-8222-3686-1
  • 発行: 日経BP社
  • 発売: 2017年1月30日

囲碁のプロ棋士に勝つ、クイズのチャンピオンに勝つ──。人工知能(AI)はこうした特定分野にとどまらず、最近ではAIが人々の生活や経済活動を改善して、世の中を変えていく可能性を示す実例が次々と出てきました。

大手IT企業は次々と画像認識、音声認識、翻訳といったAI機能を安価に提供し始めており、いわば「蛇口をひねればAIがすぐ使える」時代が間もなく到来します。

このAIの進化をけん引するのが、脳の神経回路が仕組みの原点にある「ディープラーニング」という技術です。AIによって将来のビジネスは一体どう変化するのか。グーグルのサービスや日本企業の取り組み事例から探るとともに、その未来の姿に迫ります。

目次
  • 序章 ディープラーニングがすべてのビジネスを変える
  • 第1章 <超入門>人工知能と機械学習とディープラーニングはどう違う?
  • 第2章 <入門>ディープラーニングの仕組み
  • 第3章 <グーグル事例編>グーグルのディープラーニング活用事例
  • 第4章 <企業事例編>ディープラーニングで業務効率化、国内で続々始まる
  • 第5章 <活用フレームワーク編>データ×目的で整理し、活用の展開図を描こい8
  • 第6章 <将来展望編>ディープラーニングが課題を解決する未来へ ~ グーグルクラウド・マシンラーニング・グループ研究責任者のジア・リーさんに聞く

応募要項

  • 応募締切:2017年2月17日(金)23:59
  • 当選者数:3名様
  • 応募方法:下記応募フォームに必要事項をご記入して応募をお願いします。当選者の発表はプレゼントの発送をもって代えさせていただきます。
この記事が役に立ったらシェア!
tweet14はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore