Yahoo!プロモーション広告 特選記事
Yahoo!プロモーション広告 公式ラーニングポータル特選記事

LPOは、「広告とランディングページのメッセージの一致」から

ウェブサイトから離れてしまう主な原因を例にLPOについて解説する
Web担編集部 2014/7/29(火) 7:00 |
tweet45はてなブックマークに追加 印刷用
[AD]

この記事は、Yahoo!プロモーション広告 公式ラーニングポータルで公開されているリスティング広告「業界情報」の記事を、ヤフー株式会社の許諾のもと転載しています。オリジナルの記事はYahoo!プロモーション広告 公式ラーニングポータルのサイトでご覧ください。

前回は、Yahoo!プロモーション広告でコンバージョン数を上げるにはLPO(ランディングページ最適化)が重要だと説明しました(「広告はクリックされているのに、なぜコンバージョンに結びつかないの?」)。今回は、「LPOの基本」についてご紹介します。

Yahoo!プロモーション広告を運用されている広告主様でも、広告のランディングページ(Yahoo!プロモーション広告では「リンク先URL」を指します)を、特別な理由もなくトップページに設定しているケースがよく見られます。

これでは、せっかくインターネットユーザーが、広告のメッセージに興味を持ってクリックしても、トップページのコンテンツからは「広告に書いてあった商品が見つからない」、「広告のメッセージとは違うことが書かれている」とインターネットユーザーに感じられてしまい、ウェブサイトから離脱されてしてしまう可能性があります。

ウェブサイトから離脱してしまう主な原因

以下は、広告をクリックしても、ウェブサイトから離脱してしまう主な原因です。

1. 広告に書いてある商品が、ページ内で見つからない

広告では特定の商品名を記述しているのに、さまざまな商品を扱うページ(トップページなど)に誘導した場合、インターネットユーザーの離脱率は高まります。また広告に掲載されている商品が見つけにくい場合も、離脱の原因となります。

2. 広告と異なるポイントが訴求されている

広告で訴求した内容と、異なるポイントをランディングページで訴求する場合もインターネットユーザーの離脱原因となります。例えば、広告では「安心サポート」を強調しているのに、ランディングページでは「品ぞろえの多さ」を訴えている場合などです。

3. 広告のメッセージとページのイメージにズレがある

広告のイメージとランディングページのイメージにズレがある場合も離脱の原因となります。広告で「高級」と訴えているのに、ランディングページのデザインがカジュアルすぎる雰囲気だと、インターネットユーザーの離脱を引き起こします。

4. 特定の商品を押し付けられた

幅広い意味を持つキーワードを含む広告のリンク先が特定の商品のページだった場合、インターネットユーザーは離脱します。例えば、「不動産」というキーワードを用いた広告のランディングページが、特定地域の賃貸マンションのみを特集したページになっているケースなどがあります。

「リンク先URL」の見直しが、LPOの第一歩

LPOの基本は、「広告とランディングページのメッセージを一致させること」です。むやみにトップページにインターネットユーザーを誘導しただけでは、ユーザーの離脱が起こるケースが多いので、広告の訴求点とマッチするページをランディングページにしましょう。

まずは、この2つのLPOの基本を念頭に置いて、広告のランディングページ(リンク先URL)を見直しましょう。これが、LPOの第一歩です。

次回は、LPOで重視するべき指標についてご紹介します。お楽しみに。

オリジナル記事はこちら:LPOは、「広告とランディングページのメッセージの一致」から(2014/07/09)

[AD]
Content Copyright © 2013-2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.
この記事が役に立ったらシェア!
tweet45はてなブックマークに追加

お問い合わせ/資料請求/お申し込み

Yahoo!マーケティングソリューション関連情報

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める