#
Yahoo!プロモーション広告 特選記事

Yahoo!プロモーション広告 公式ラーニングポータル特選記事
2013年に検索されたキーワード上位100 3つのデバイスで検索されるキーワードに違いはあるのか?

今回は検索トレンドの特別編として、2013年上期と下期にYahoo! JAPANにおいて検索された実際のキーワードを基に、全デバイスでの検索傾向をお伝えします。
Web担編集部 2014/4/1(火) 8:00 tweet29このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用
[AD]

この記事は、Yahoo!プロモーション広告 公式ラーニングポータルで公開されているリスティング広告「業界情報」の記事を、ヤフー株式会社の許諾のもと転載しています。オリジナルの記事はYahoo!プロモーション広告 公式ラーニングポータルのサイトでご覧ください。

インターネット利用が日常化していることは、疑う余地のない事実です。この背景には、市場にさまざまなデバイスが登場し、インターネットを利用することに対する敷居が低くなっていることがひとつの理由として挙げられるでしょう。

「インターネット検索」においては、依然として“パソコン”での検索総数がトップですが、ここ数年“スマートフォン”や“タブレット”の勢いが増しています。皆さんはどのデバイスで検索していますか? ひとつのデバイスだけでなく、複数のデバイスでその状況に応じて使い分けている人もいるのではないでしょうか。

ラーニングポータルでは、「3カ月後に検索数の上昇が予想されるキーワード」を毎月紹介しています。今回は検索トレンドの特別編として、全デバイスでの検索傾向をお伝えします。2013年上期(2013年1月1日~6月30日)と下期(2013年7月1日~12月31日)にYahoo! JAPANにおいて検索された実際のキーワードを基に、各デバイスの特徴や共通する要素を分析しました。

3デバイスで検索されたキーワードを比べて見えてきた違いとは何か? 今回ご紹介するものはすべて実際に検索されたキーワードです。各デバイスに最適な広告施策を考えるヒントとして、参考にしてみてください。

オリジナル記事はこちら:3つのデバイスで検索されるキーワードに違いはあるのか?(2014/03/18)

[AD]
Content Copyright © 2013-2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.
この記事が役に立ったらシェア!
tweet29このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ/資料請求/お申し込み

Yahoo!マーケティングソリューション関連情報

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
事例やインタビューも見逃さない
要チェックのセミナー情報も届く
編集長コラムを一足先に読める