【Google アナリティクス】3種類の導線分析方法

Google アナリティクスで「導線分析をしたい」とよくご質問を受けますが、導線にも種類があるのをご存知でしょうか。 今回は、3つの粒度の導線分析を紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Google アナリティクスで「導線分析をしたい」とよくご質問を受けますが、導線にも種類があるのをご存知でしょうか。
今回は、3つの粒度の導線分析を紹介します。

適切な分析を行ってビジネスの成果に結びつけてください!

Google アナリティクス導線分析: 3つの粒度

  • サイト全体
  • ユーザーシナリオ
  • ページ

サイト全体

まずはサイト全体での導線分析についてご紹介します。
重要なのが「ファネル」の考え方です。

「ファネル」はマーケティング用語で、営業プロセスによく使用されます。
例えば、営業では接触したすべての顧客が成約にいたるわけではありません。
「最初の接点→リード(見込み顧客)化→商談→成約」という風に段階を経るごとにどんどん顧客の数が削ぎ落とされてきます。

それぞれのチェックポイントを数値化することで、どの段階の顧客を取り逃がしているかが明確になり次の営業アクションが考案できます。

サイトの全体の導線を押さえる

ウェブサイトにもこの理論を応用できます。
下記は、弊社でサイト全体のファネルを見るのに使用するファネルです。

サイト全体導線用ファネルサイトにより様々なチェックポイントがあると思いますが、
多くのサイトで採用されている入力フォームへの入力完了がゴールの場合です。

 

サイト全体の導線を分析する

Google アナリティクスでもサイト全体の導線を分析することができます。
使用するのが、「システムセグメント」機能と「カスタムセグメント」機能です。

google アナリティクス セグメントGoogle アナリティクス レポート

>>記事のつづきを読む(弊社ブログ)

主催者: KANについて

KAN | 株式会社環 Webサイト
国内におけるWebマーケティングの先駆けとして2000年に設立。IoT時代における企業のデータ活用を支援するため、データ分析に特化した教育サービスを提供しています。Web解析事業の国内・海外における展開支援実績からBtoB、BtoC企業向けデジタルマーケティングリーダー研修、Webサイトのコンサルティング等など実践に基づく人材育成、企業支援を強みとしています。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet8はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]