堅牢なWebアプリケーションサーバで高性能なWebアプリの開発を加速 『Adobe ColdFusion 2016』 2月17日より販売開始

Webアプリケーションサーバ 『Adobe ColdFusion 』が新バージョンを発表
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ColdFusion とは?
ColdFusionはWEBアプリケーションサーバの草分けです。技術やトレンドの移り変わりの激しいソフトウェア業界において20年という異例の歴史を持ち、今なおWEB開発者から熱烈に支持されています。小規模な社内システムからグループ全体で利用するような大規模システムまで、さらにWEBサイトに至る幅広い規模で、長い期間採用され続けているという実績があります。
ColdFusion の特色のひとつはHTMLに似たタグと関数を実装していることです。そのため、HTMLを習得しているエンジニアであれば、複雑な手法を覚えずにいきなりプログラミングをすることが可能です。そして機能がタグや関数に凝縮されているため、必要とするコード量が少なく、ニーズを迅速かつ柔軟に反映することができます。他言語に比べ、エンジニアの育成に掛る時間やコストが低いことも大きなメリットです。運用開始後も、細かなサービス追加やメンテナンスが同様にシンプルなコーディングでおこなえるため、自社内での内製および運用管理が可能で、運用コストが抑制できます。バージョンごとに最長7年のメーカーサポートが提供されており保守効率にも優れています。

■『Adobe ColdFusion 2016』製品ページ
URL:http://www.samuraiz.co.jp/coldfusion/?WT.mc_id=02-2-04-184

『Adobe ColdFusion 2016』 の特徴

『Adobe ColdFusion 2016』 では、従来の開発生産性の高さはもちろんのこと、ColdFusion のプログラミング知識をそのまま活用できる CLI(コマンドラインインターフェイス)(以下参照)実行やAPIサービス(以下参照)の促進など、ColdFusionをより多方面からの利用を促進します。
また、ブラウザのJavaScriptや他のシステムからの呼び出しに柔軟に対応するための、SOAP, REST, XML, JSONなど、多彩なフォーマット形式の入力・出力にも対応。ColdFusion の持つ柔軟性と効率性の高い言語規格(CFML)により、Webアプリケーションの構築や運用が飛躍的に向上します。

コード・セキュリティ・チェック(※)
ColdFusion と 「Adobe ColdFusion Builder 2016」 とを組み合わせることで、コードレベルでのセキュリティのチェックを行えるようになります。 チェックの結果はリストで表示され、その内容をもとにコードの改善の検討が可能です。

パフォーマンスの改善とスケーラビリティの向上
配列の取扱いの変更によるパフォーマンスの強化が可能になったほか、変数スコープの検索や空白制御の改善が行われました。 また、セッション変数を外部ストレージ(Redis)に保存する事が可能となり、従来と比べてスケーラビリティも向上しました。

CLI(コマンドラインインターフェイス)
『Adobe ColdFusion 2016』 には、CFMファイルをコマンドラインから実行するための機能が導入されています。開発者はCFMファイルにコマンドラインからパラメータを渡すことができ、ColdFusion側で入力の読み込みや出力を行うことが可能です。具体的には下記のような機能を実行することができます。
・ロギング、アーカイブなどのファイル操作
・監視やデバッグを目的にしたデータベース操作
・エラーログやダンプを管理者にメール送信

APIマネージャー(※)
社外・社内向けにAPIサービスを提供するにあたって、作成したColdFusionベースのRestサービスの管理やセキュリティ設定、利用実績の測定などを可能にする新しいAPI管理マネージャーが提供されます。従来のバージョンではWebサービス(Rest等)の提供(公開)のみが可能だったのに対して、追加された専用のAPIマネージャーによってWebサービスを提供するための仕組みが用意され、総合的なAPIサービスの展開が可能となります。

※Enterprise Editionのみの機能

■セミナー
『Adobe ColdFusion 2016』 の紹介セミナーを開催します。
2016年3月10日(木曜日)/ 2016年3月15日(火曜日)  15:00~17:00
URL:http://www.samuraiz.co.jp/event/cf2016_release.html?WT.mc_id=02-2-04-184

■株式会社サムライズについて
サムライズは常にお客さまの視点に立ち、投資に見合う情報化・効率化を実現する「革新的な技術やサービス」を提案することで、お客さまに課題解決の為の簡 易かつ最適なサービスとソリューションを提供する「ソフトウェアとサービスのマーケティング・プラットフォーム企業」を目指しております。

本社住所: 東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビル10F
電話: 03-5436-2040(代)
URL:http://www.samuraiz.co.jp?WT.mc_id=02-2-04-184

■本件(プレスリリース)掲載場所
URL:http://www.samuraiz.co.jp/news/20160217.html?WT.mc_id=02-2-04-184

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社サムライズ
担当:ColdFusionビジネスユニット 木野
TEL:03-5436-2042

*本文に記載のある製品名、会社名、サービス名は各社の登録商標または商標です。
*プレスリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

以上

この記事が役に立ったらシェア!
tweet16このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VOC
「顧客の声(Voice of Customer)」の意味。 SNSなどのC ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore