セールス・マーケティング・テクノロジーとしてのタブレット

新たな情報技術が企業情報システムに次々に取り入れられている中で、その現場では時に“IT部門外し”が起こっています。その理由と攻めのIT投資の必要性を考察します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

タブレットの企業活用にあたって興味深い記事が出ていました。

タブレットやスマートフォンをはじめとしたスマートデバイス、ビッグデータ、クラウド…。新たな情報技術が企業情報システムに次々に取り入れられているが、その現場では時に“IT部門外し”が起こっている。

システム部門は不要か 国内219社で検証:日本経済新聞

実際、Handbookの導入に際しては、IT部門主導よりマーケティングや営業などのユーザ部門主導が多かったのは事実です。

カタログ印刷発注に似ているタブレット導入

こうしたパターンでは、タブレットとHandbookの費用はセールス支援やマーケティング予算から出てきます。

これは、カタログ・パンフレットの印刷発注や、マーケティング・メールの配信サービスの契約というようなものと同様に、タブレットとHandbookが導入されているためと予想できます。つまり、IT部門が管理するような「システム」ではなく、「マーケティングテクノロジー」の一つという位置づけです。

続きはこちらのサイトでご覧ください
http://handbookapp.net/jp/blog/2013/06/10/marketing-tech/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    1. カタログ印刷発注に似ているタブレット導
    2. 増加する「マーケティング・テクノロジー」への本格的な投資
    3. 「攻め」のIT投資のために

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    tweet15このエントリーをはてなブックマークに追加
    日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
    Web担メルマガでラクラク情報ライフを
    注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
    要チェックのセミナー情報もゲットできる
    編集長コラムを一足先に読める
    ―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

    今日の用語

    WOMMA
    米国クチコミマーケティング協会。2004年に設立された米国のクチコミマーケティン ... →用語集へ

    連載/特集コーナーから探す

    インフォメーション

    Web担のメルマガを購読しませんか?
    Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

    Web担に広告を掲載しませんか?
    購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

    サイトマップ
    RSSフィード


    Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

    GOLD SPONSOR
    さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
    SPONSOR
    株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle