OpenStackとDockerの未来像(その3)

CTC教育サービス 2016/2/8(月) 9:34 tweet13このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「OpenStackとDockerの未来像(その3) 」を公開しました。
はじめに
 前回は、OpenStackで起動した仮想マシンインスタンスに、Dockerでアプリケーションを配信する方法を紹介しました。今回は、この一連の操作をまとめて自動化する方法を紹介します。アプリケーションのDockerイメージは、インターネット上のDocker Hubに保存してありますので、OpenStackの環境には、Dockerが入った仮想マシンイメージさえあれば、仮想マシンインスタンスの作成からアプリケーションの起動までを何度でも繰り返すことが可能になります。Dockerによって、環境構築の自動化が、本当に手軽で簡単になったことが実感できるのではないでしょうか。

Ansibleによる自動化の仕組み
 ここでは、前回紹介した図1の環境をAnsibleで自動構築します。Ansibleは、操作対象のサーバーにSSH接続して各種コマンドを実行するという仕組みを持っており、典型的な操作を実施するためのモジュールが最初から用意されているという特徴があります。今回は、特に、OpenStackとDockerを操作するためのモジュールを用いて、環境構築の自動化を行ないます。

fig01

図1 Ansibleで自動構築する環境

 OpenStackを操作するモジュールは、OpenStackのクライアント機能が導入されたサーバーにSSH接続して、そこでOpenStackの操作を行ないます。通常は、Ansibleを実行するサーバー自身にOpenStackクライアントを導入して、ローカルでOpenStackの操作を行ないます。一方、Dockerについては、Dockerが稼働する仮想マシンインスタンスのゲストOSにSSH接続して、コンテナ起動操作を行ないます(図2)。

fig02

図2 Ansibleによる環境操作の仕組み

 この仕組みからも分かるように、図1の環境構築においては、大きく次の2つに処理が分かれます。

① OpenStackのAPIを操作する処理
② ゲストOS内でDockerを操作する処理

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai/nakai82.html

tweet13このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle