Google Summer of Code 2015のRailsプロジェクトに8名の学生

CTC教育サービス 2016/1/28(木) 7:25 tweet7このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「 Google Summer of Code 2015のRailsプロジェクトに8名の学生」を公開しました。
Railsチームからの報告(*1)によると、今年のGoogle Summer of Code(GSoC)にて、Ruby on Railsのプロジェクトに8名の学生が選ばれたようです。

 今年で第11回を迎えるGoogle Summer of Code(GSoC)ですが、これはGoogleが指定したオープンソースのプロジェクトに対し、その年の夏の間に課題をクリアした数100人の学生が賞金をもらえる制度です。毎年2月頃、まず対象となるオープンソース(Railsなど)が募集されます。そして3月には学生の申し込みを受け付けます。4月は学生が対象のオープンソースの団体に慣れるための期間で、5月の終わりになると実際のコーディングが始まり、8月末まで続きます。各プロジェクトには、対象となるオープンソースの団体から選ばれた指導者が付きます。

 グローバルなプログラムなので、世界中に参加者がいます。以下は国ごとの参加学生数について公式発表された数字です。2015年は1,051名の学生が選ばれました。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/ruby/columns/trans/trans07.html

この記事が役に立ったらシェア!
tweet7このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

リンク
WWW上でページとページをつなぐ仕組みで、元は「ハイパーリンク(hyperlin ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore