RHEL7/CentOS7のパッケージ管理

ヒューマンリソシア 2016/1/27(水) 9:06 tweet7このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「RHEL7/CentOS7のパッケージ管理」を公開しました。
みなさん、こんにちは。このコラムでは、RHEL7/CentOS7のLinuxサーバー管理に役立つ情報をお届けします。
今回は、yumコマンドを用いたパッケージ管理について説明します。Linuxサーバーの管理では、不具合の修正やセキュリティ問題への対応のため、インストール済みのパッケージを定期的にアップデートする必要があります。まずは、その基礎となる、yumコマンドをマスターしていきましょう。

■RPMパッケージのアップデート作業
RHEL7/CentOS7に含まれるソフトウェアは、RPMパッケージの形式で提供されており、yumコマンドで追加/削除などの管理を行ないます。これらのパッケージ群は、インターネット上のリポジトリーで提供されており、CentOS7の場合は、CentOSコミュニティーが提供するリポジトリーにアクセスできるようになっています。
一方、RHEL7の場合は、購入したサブスクリプションを用いて登録作業を行うことで、Red Hat公式のリポジトリーが利用可能になります。サブスクリプションの登録手順は、次のようになります。
# subscription-manager register
# subscription-manager list –available
# subscription-manager attach –pool=<プールID>

最初の「register」では、Red Hat NetworkのユーザーIDとパスワードを入力します。次の「list」で利用可能なサブスクリプションのプールIDを確認して、最後の「attach」で確認したIDを入力します。
インストール時に導入済みのRPMパッケージは、次のrpmコマンドで確認します。
# rpm -qa
desktop-file-utils-0.21-4.el7.x86_64
redhat-release-server-7.1-1.el7.x86_64
linux-firmware-20140911-0.1.git365e80c.el7.noarch
filesystem-3.2-18.el7.x86_64
bind-license-9.9.4-18.el7.noarch
…以下省略…

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/6175/

tweet7このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle