トレイトについて その5

ヒューマンリソシア 2016/1/20(水) 10:48 tweet17このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「トレイトについて その5」を公開しました。
前回に引き続き、実際のコードでtraitをより深く理解してきましょう。
まずは「2つのtrait」です。これは普通に書く事ができます。

trait hoge {
public function ho() {
echo "function ho\n";
}
}
trait foo {
public function oo() {
echo "function oo\n";
}
}
class bar {
use hoge, foo;
}
//
$obj = new bar();
$obj->ho();
$obj->oo();

useを2行(以上)にしてもよいのですが(エラーは出ません)、複数のtraitを使う場合、
カンマ区切りで連続して記述することもできます。
書き方はどちらでもよいようなのですが、PHPの公式のマニュアルの書き方だと、
どちらかというと「カンマ区切りで連続して記述」を推しているようにも見受けられますので、
ちょっとだけ意識をしておいてもよいでしょう。

では、trait同士で「メソッド名がぶつかってしまった場合(名前の衝突)」はどうなるのでしょうか?

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/4841/

この記事が役に立ったらシェア!
tweet17このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
用語集 PHP
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CPM
本来は、「広告が1000回表示されるごとに何円の費用がかかるか(かかったか)」を ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore