3/2(水)電子書籍で「Amazon1位」獲得! 小さな会社がビジネスチャンスを広げる方法 大阪南港イメディオにて 申込受付中

本講座では、自社のサービスや商品、企業理念、経営理念をエンドユーザーに伝えるツールとして、 電子書籍の活用方法を紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

大阪南港ATC ソフト産業プラザイメディオでは、様々なセミナーを開催しています。
http://www.imedio.or.jp/seminar/list

大阪南港 ソフト産業プラザイメディオでは、3/2(水)開催
電子書籍で「Amazon1位」獲得! 小さな会社がビジネスチャンスを広げる方法
お申込み受付中です。

==================================
3/2(水)電子書籍で「Amazon1位」獲得!
       小さな会社がビジネスチャンスを広げる方法
==================================
○3月2日(水)15:00〜17:00
○講座形式:ワークショップ型
○聴講料:3,000円/名(税込)
○講師:松永弥生氏(マイメディア)
○Web申込み・詳細:https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=19848

業種や規模にかかわらず、経営者は常に
・会社の利益を上げたい
・新規顧客を開拓した
・お客様との信頼関係を築きたい
・自社のサービスや製品に正当な対価を支払ってほしい
と考えているでしょう。

本講座では、自社のサービスや商品、企業理念、経営理念をエンドユーザーに伝えるツールとして、
電子書籍の活用方法を紹介します。

10年前であれば、業者に任せてホームページを製作すればビジネスの役に立ちました。
しかし、2005年にブログが普及して以来、状況が一変しました。

日々、積極的に情報発信する必要性が生まれたのです。

Twitter、Facebookに代表されるソーシャルネットワークサービスが一般的になり、
その傾向にはますます拍車が掛かっています。

けれど、ブログやSNSで伝えられる情報は、散文的なものになりがちです。

情報が流れていってしまうブログやSNSは、最新の情報発信には役立つものの、企業理念、
経営理念をエンドユーザーに伝えるには適しません。キーワード検索でブログを訪れた方が、
ホームページを隅々まで見てくれるわけではないからです。

そこで活用したいのが、電子書籍です。

電子書籍は経営者の熱意を、ターゲットとしたユーザーに向けて伝えるツールです。
製品やサービスに掛ける思いを、パッケージ化(章立て)して届けられるため、
説得力が高いのです。

講師は、Amazonが日本で電子書籍サービスを開始した半年後から電子書籍出版に関わってきました。
2年半で30冊以上の出版に携わり、そのうち3割がAmazonのセールに選ばれた実績があります。

その結果、著者の方々からは、ビジネスに次のような影響が出たと報告をいただいています。
・新規顧客からのオーダーがはいった
・県外からの問い合わせがきた
・既存顧客との信頼関係がよくなった
・金融機関の融資が通った
・講演会の依頼がきた

【imedio】
☆最新セミナー情報はツイッターで配信中!
 https://twitter.com/iMedioSeminar

この記事が役に立ったらシェア!
tweet8このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
事例やインタビューも見逃さない
要チェックのセミナー情報も届く
編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
事例やインタビューも見逃さない
要チェックのセミナー情報も届く
編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore