コマースリンク、Googleの「ローカル在庫広告(LIA)」に登録するためのデータ作成サービス「DFO for GoogleLIA」を提供開始

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ECサイトの集客・売上拡大を支援するコマースリンク株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役社長:永山 淑子、以下「コマースリンク」)は、同社のデータフィード最適化サービス「DFO」に、広告主サイトに掲載されている情報から商品情報や店頭在庫情報を自動で収集してGoogleの「ローカル在庫広告(※)」に登録するサービス「DFO for GoogleLIA」を1月7日(木)から提供開始しました。

(※)ローカル在庫広告は、利用者が商品を検索した際に、その商品を売っている付近の実店舗の在庫状況などを表示するGoogleの広告サービスです。

「DFO for GoogleLIA」の概要

広告主がローカル在庫広告を利用する際には、規定の仕様に従ってデータを作成しGoogleのサーバーに登録する必要があります。特に、ローカル在庫広告では商品情報に加えて実店舗の所在地情報や店頭の在庫情報を登録する必要があるため、広告主はデータの準備や登録のために運用担当者の選定やシステム開発を行う必要があります。

今回、提供を開始したDFO for GoogleLIAは、サイトクロールシステム(※1)が広告主のサイトに掲載されている実店舗の情報や在庫情報、商品詳細情報などを取得して必要なデータを作成するため、広告主は新たなシステム開発や運用作業が不要になります。
また、サイトクロールシステムは自動で毎日実行されるため、広告主のサイトに掲載されている最新の情報をGoogleのシステムに登録・維持することができます。

コマースリンクは今後もDFOを通して、広告主のパフォーマンス向上と業務効率化に貢献してまいります。

※1:サイトクロールシステム
当社のサイトクロールシステムは、顧客のサイトをロボットと呼ばれる情報収集エンジンが巡回し、リンクをたどりながらサイトのHTMLページを収集した後、HTMLページに掲載されている商品情報(商品名、画像、説明文、カテゴリ、価格、在庫、特徴他)や実店舗情報(店舗所在地や店頭在庫情報他)を抽出し、データベース化します。
このシステムを利用すると、顧客はシステム開発や運用業務の負担なくデータを作成することができます。

「DFO for GoogleLIA」のデータ登録までの流れ

(1)サイトクロール
   DFOのサイトクロールシステムが、広告主のサイトに掲載されている情報を取得、
   解析して、データを作成します。取得する情報は主に下記3種類。
    ①実店舗の情報(所在地や電話番号など)。
    ②商品の基本情報(商品名、カテゴリ名、価格、説明、画像、ネット店舗の在庫など)。
    ③店舗ごとの店頭在庫情報。
(2)データ変換
   サイトクロールシステムが作成したデータをGoogle登録用のデータに変換します。
    ①カテゴリをGoogle用に設定します。
    ②フォーマットをGoogle用に変換します。
    ③ルールに則った項目設定を実施します。
(3)Googleに登録
   GoogleのサーバーにFTP接続してデータを登録します。

DFOについて ( http://www.commercelink.co.jp/dfo/ )

データフィード最適化サービス「DFO (Data Feed Optimization)」は、導入実績700社以上、対応する広告媒体数約50社のデータフィード最適化サービスです。 広告媒体各社の要求仕様に準拠した商品データを作成して広告媒体に登録します。
また、自社のシステムで商品データを作成できないクライアントには、クライアントのサイトに掲載されている情報から商品情報を毎日、自動で抽出して商品データを作成する「サイトクロールサービス」も提供しています。
2008年に国内初のデータフィード最適化サービスとして提供開始して以来、データフィードサービスのリーディングカンパニーとしてクライアントの広告効果最大化を支援しています。

コマースリンク株式会社について

コマースリンクは、商品データに着目した集客支援サービスをEC事業者向けに提供しています。
商品データを最適化して集客媒体や各種ソリューションに配信することで広告効果を最大化するデータフィード最適化サービス「DFO(DataFeedOptimization)」や、独自の検索技術による商品検索サイト「ショッピングサーチ.jp( http://www.shopping-search.jp/ )」を運営し、EC事業者の集客・売上拡大を支援しています。
また、スマートフォン利用者向けO2Oアプリ「モノココ( https://monococo.jp/ )」を2015年11月から提供開始しました。ネットショップの商品情報と実店舗の所在地情報、店頭在庫情報などを合わせて提供することで、ネットの顧客を実店舗に誘導するサービスを実現しています。

会社名 : コマースリンク株式会社
代表者 : 代表取締役社長 永山淑子
設立 : 2003年7月
所在地 : 東京都大田区大森北1-2-3 大森御幸ビル7階
事業内容 : ソリューション事業(DFO、広告運用)
      メディア事業(ショッピングサーチ.jp、モノココ)
企業HP : http://www.commercelink.co.jp/
FBページ: http://www.facebook.com/commercelink
プレスルーム : http://www.commercelink.co.jp/pressroom/

本件に関するお問い合わせ

コマースリンク株式会社
広報担当 : 宮下
Tel : 03-5493-4980
E-mail : info@commercelink.co.jp

この記事が役に立ったらシェア!
tweet17このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

エゴベイト
「エゴベイト」とは、特定の人、あるいは集団の注目を引くために作られたコンテンツの ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore