Ruby on Rails のMVC構造を”銀行”に例えて解説! 監査役「Test」さん

ヒューマンリソシア 2015/12/31(木) 15:35 tweet16このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Ruby on Rails のMVC構造を”銀行”に例えて解説! 監査役「Test」さん」を公開しました。
こんにちは。
アラサー経験ゼロからWebエンジニアになった野呂です。

11コラム目です。銀行に例えて解説する本コラムも最終回となりました。

最後は、業務が正しく行われるのかを確認チェックする監査役「Test」について、その仕組みと使い方を解説します。

まず最初に、監査役「Test」とは何かについて解説し、その仕組みと使い方をお伝えします。

Ruby on Rails を活用したWebアプリケーション開発ができるようになりたい初学者の人の”学びの加速”につながりますと幸いです。

■監査役「Test」とは

「監査役」とは、職務の執行が法令・定款を遵守して行われているかどうかをチェックする役割を担います。”銀行”だけでなく一般の上場企業に存在する職務内容です。業務で不正が働かれていないか、適正なルールの元に行われているかをチェックします。

これをRuby on Rails内に当てはめれば、開発者の想定通りにプログラムが動作するか、意図に沿ってソースコードが記載されているかどうかをチェックする役割ということになります。Ruby on Rails内では、その役割を「Test」と呼び、標準機能の中に入っています。

本来、開発者は意図を持って機能をプログラミング言語(Ruby)で実装します。意図に沿って機能するように実装作業を行います。「こう動いてもらいたい」という意識、「このように使われるはず」という想定を元に言語でソースコードを書いていきます。

しかし、残念ながら人間は誰しもがミスや想定漏れを起こしてしまいます。単純ミスであったり、想定が漏れているなど、理由は様々です。機能実装の段階では気づかなかったようなことが、実際にアプリケーションを動かしてみると「あっ…!!」というようなことが起こり得ます。

・意図に反してちゃんと動かない

・書いている処理内容にヌケモレがある

・例外的な条件が揃うと誤作動する

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/5754/

tweet16このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle