Ruby on Rails のMVC構造を”銀行”に例えて解説!「Mailer」はCS担当者

ヒューマンリソシア 2015/12/30(水) 14:15 tweet16このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Ruby on Rails のMVC構造を”銀行”に例えて解説!「Mailer」はCS担当者」を公開しました。
こんにちは。
アラサー経験ゼロからWebエンジニアになった野呂です。

10コラム目です。今回は、前回取り上げた「Helper」と同様に通常業務のサポートをしてくれるCS担当「Mailer」に
ついて、その仕組みと使い方を解説します。

まず最初に、CS担当「Mailer」とは何かについて解説し、その仕組みと使い方をお伝えします。

Ruby on Rails を活用したWebアプリケーション開発ができるようになりたい初学者の人の”学びの加速”につながりますと幸いです。

■CS担当「Mailer」とは
Ruby on Railsの処理の流れは、基本的に以下の通りです。後述しますが、「Mailer」は「Controller」と似たような
ポジションをとります。しかし、Routerから直接電気信号が流れるわけではありません。

第10回_1

“銀行”であれば、通常業務は、案内役「Router」、窓口担当者の「Controller」、出納役の「Model」、お金を引き出す金庫「DBMS」、伝票担当者「View」が担います。それ以外に前回取り上げた「Helper」が助っ人として業務を担います。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/5727/

tweet16このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle