テクニカルコラム「クラウド時代のオープンソース活用」第2回「バンガロール発のオープンソース・ストレージソリューション」

テクニカルコラム「クラウド時代のオープンソース活用」第2回「バンガロール発のオープンソース・ストレージソリューション」
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

■はじめに
 この連載コラムでは「クラウド時代のオープンソース実践活用」と題して、クラウドに関連するオープンソース・ソフトウェアの技術トピックを取り上げます。今回からは、数回に分けて、分散ファイルシステム「GlusterFS」を紹介します。GlusterFSの特徴や背後の仕組みなどを中心に説明していきましょう。

■GlusterFSの生い立ち
 GlusterFSは、インドのバンガロールで起業したスタートアップ企業Gluster Inc.によって開発が始められました。創業メンバーは、HiteshとAnand Babu(通称AB)の2人です。筆者は、先日(2012年6月)横浜で開催されたLinuxConに来日していたAB氏と会う機会があり、日本酒を酌み交わしながら、GlusterFSに隠された熱い想いを聞かせてもらいました(*1)。
 彼は、もともとは科学技術計算などに利用されるHPC(High Performance Computing)システムに関わる仕事をしていました。HPCシステムでは、数百台~数千台のサーバが連携する「クラスタシステム」を利用しますが、その中で、このようなクラスタシステムをより柔軟に構築・管理する仕組みを独自に作り出したいと考えるようになり、Gluster社を起業したそうです。そして、HPCシステム専用の大容量ストレージ機器の導入費用に頭を悩ませる企業の依頼で、GlusterFSの開発をスタートしました。
 彼のソフトウェア哲学によると、「すべてのソフトウェアは拡張可能でなければならない」そうです。ソフトウェアの利用者が独自のアイデアで自由に機能拡張できる仕組みを導入することで、ソフトウェアの発展を促進しようというわけです。多数の開発者が協力して開発を進める、オープンソースの開発モデルにも通じるところがあります。次回以降に説明するように、GlusterFSにもこの考え方が根付いています。

■GlusterFSの特徴
 前回紹介したように、GlusterFSはLinux上のソフトウェアとして実装されていますので、Linuxが利用できる所であればどこでも利用が可能です。自社のデータセンタ内で物理サーバを利用して、自社専用の大容量ストレージ環境を構築することもできますし、パブリッククラウドに用意したLinuxの仮想マシンを利用して、クラウド上に大容量ストレージを用意することも可能です。
 さらに、クライアントからのアクセス方法が複数用意されているという特徴があります。標準的には、クライアントマシンに「GlusterFSクライアント」のパッケージを導入します。これにより、GlusterFSサーバ群が提供するファイルシステムを、クライアントマシン上に普通のファイルシステムと同様にマウントして利用することができます。また、GlusterFSサーバはNFSサーバとしての機能も提供していますので、クライアントマシンからNFSマウントして利用することも可能です。
 その他には、OpenStack Swift互換のREST APIにより、オブジェクトストレージとして利用することもできます。そして、現在のバージョン(GlusterFS3.3)ではまだ実験的な段階ですが、Hadoop APIを利用して、Hadoopのバックエンドストレージとしても利用可能です。
 REST APIは、モバイル端末上のアプリケーションからのアクセスにも適していますので、モバイル端末からREST APIで多数のファイルを保存した後に、それらをHadoopでバッチ処理するなどの合わせ技にも有効活用できるかも知れません。

■次回予告
 そろそろ実際にGlusterFSの環境を構築してみたくなってきたのではないでしょうか? ステップバイステップのインストール手順が記載された参考資料がありますので、まずはそちらを参考にしてください(*2)。
 次回は、いよいよGlusterFSのアーキテクチャについて解説します。

次回のコラムは以下のページで公開されます。
http://www.school.ctc-g.co.jp/columnsnakai/index.html

第一回目の第一回「クラウドを活用する「新」定番オープンソース」については以下をご覧ください。
http://www.school.ctc-g.co.jp/columnsnakai/column01.html

■参考資料
*1) LinkedInのAB氏のページ
2011年のレッドハットによるGluster社買収にともない、現在、AB氏は米Red Hat社のCTOオフィスに勤務しています。
http://www.linkedin.com/in/abperiasamy

*2) GlusterFS技術情報 - インストール手順
GlusterFS3.3のインストール手順が紹介されています。
https://sites.google.com/site/glusterfstech/install

この記事が役に立ったらシェア!
tweet3はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

サイテーション
言葉としては「引用」「言及」という意味。 SEOの世界では「リンクではない ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore