「ブランド・ジャパン2016」で消費者が回答する「BtoC編」はアマゾンが初めてトップ

日経BPコンサル、ビジネスパーソンによる「BtoB編」ではトヨタ自動車が5年連続首位

調査・コンサルティングの日経BPコンサルティングは、国内で使用されているブランドを消費者とビジネスパーソンが評価する調査「ブランド・ジャパン2016」の結果を3月25日に発表した。消費者が回答する「コンシューマー市場(BtoC)編」でインターネット通販大手のアマゾンが初めて首位に立った。ビジネスパーソンとしての立場から回答する「ビジネス市場(BtoB)編」ではトヨタ自動車が引き続きトップを維持していた。

調査は2015年11月11日~12月6日にインターネットで実施。BtoC編は1000の企業と製品・サービスブランド、BtoB編は500の企業を対象にした。BtoC編が3万6332、BtoB編は2万224件の回答があった。調査は2001年に始まり今回で16回目となる。BtoC編で初めて1位になったアマゾンは、前回(前年)の5位から順位を上げた。前回トップだったセブン-イレブンは13位に後退した。2位はGoogle(前回7位)、3位はYouTube(同2位)となった。

BtoB編はトヨタ自動車が5年連続首位。2位はパナソニック(前回4位)、3位はGoogle(同4位)。前回2位のセブン-イレブンは16位、同3位の全日本空輸は4位だった。今回の調査はブランド価値と別に、各ブランドへの忠誠度をみるロイヤルティ評価を新設。「大ファンである、あこがれている」で首位は北海道の菓子メーカー、六花亭がトップで、ハーゲンダッツ、セイコーと続いた。六花亭は認知率が7割に満たないものの1位となった。

BtoC編とBtoB編の10位までは次の通り。()内は前回順位。
【BtoC編】1:アマゾン(5)、2:Google(7)、3:YouTube(2)、4:キユーピー(9)、5:トヨタ自動車(13)、6:ユニクロ(23)、7:カップヌードル(24)、8:ハーゲンダッツ(6)、9:テレビ東京(40)、10:パナソニック(20)
【BtoB編】1:トヨタ自動車(1)、2:パナソニック(4)、3:Google(4)、4:全日本空輸(3)、5:ソニー(17)、6:アップル(7)、7:本田技研工業(20)、8:ソフトバンク(6)、9:セブン&アイ・ホールディングス(9)、任天堂(32)

日経BPコンサルティング
http://consult.nikkeibp.co.jp/

tweet19このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle