SEOツール「Paddle SEO」をプリンシプルが提供開始 状況を可視化しボトルネックと伸びしろを見つける

「検索ボリュームが大きく、上位表示まであと少し」の伸びしろキーワードを見つけるなど
安田英久(Web担 編集長) 2016/3/22(火) 17:35 tweet44このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

Googleサーチコンソールの検索アナリティクスデータを分析し、流入キーワードやランディングページからSEOの改善施策を導き出すSEOモニタリングツール「Paddle SEO(パドルエスイーオー)」を、プリンシプルが3月22日に提供開始した。

「Paddle SEO」は、Googleサーチコンソールのデータを、「Google BigQuery」とBIツール「Tableau」で分析するSEOモニタリング分析ツール。

次のような機能を備えている。

  • 「検索ボリュームが大きく、上位表示まであと少し」の伸びしろキーワードを見つける

  • Googleサーチコンソールのデータを取得して保存することで、標準の90日データでは不可能な前年比などの分析を可能にする

  • 複数のキーワードを「キーワードグルーピング」によりまとめて分析

  • 複数のページを「ページグルーピング」によりまとめて分析

  • キーワードごとの順位とCTRの散布図により、CTRを改善すべきページを可視化

  • Googleアナリティクスと連携してコンバージョン情報も取得することで、検索結果での表示→流入→コンバージョンまでをつなげて分析

こうしたことを実現するためのレポートとして、標準では次のものが用意されている。

  • 全体サマリレポート
  • キーワードグループ/キーワードごとの基本指標(表示回数・クリック数・CTR・平均順位)の日時推移モニタリングと詳細レポート
  • ページグループ(ディレクトリ)・ページ別の、基本指標 日時推移モニタリングと詳細レポート
  • ページ×キーワード掛け合せレポート
  • キーワード順位分布 推移レポート
  • 表示回数×平均順位 散布図
  • 機会損失ワード/ポテンシャルワードレポート
  • 順位×CTR 散布図
全体サマリレポート
キーワードカテゴリ別レポート: キーワードグループ別に、表示回数・クリック数・CTR・平均順位をモニタリング
検索クエリ別レポート: 「順位が○位以下で表示回数の多いキーワード」を一括抽出
ページ属性別レポート: ページカテゴリ別のパフォーマンスを把握することで、構造上の課題も把握
ページ×クエリ掛け合わせレポート: ページ区分別のキー^ワードパフォーマンスを把握
キーワード順位分布レポート: カテゴリ別の順位分布を把握
表示回数×順位 散布図レポート: 表示回数と順位を散布図でモニタリングすることで、「注力すべきキーワードカテゴリ」がどこにあるかと、パフォーマンス推移を可視化
ページ別 順位×CTR 散布図レポート: 順位ごとのCTRデータを確認することで、タイトルや説明文の改善によるCTR向上アクションがみえる

Googleアナリティクス・順位取得ツール・Googleサーチコンソールの問題を解決

SEOやサイトのコンバージョンのための分析には、Googleアナリティクスや順位取得ツールなどさまざまなツールがある。「Paddle SEO」は、状況の変化とともに既存のツールに生じてきた次のような問題を解決するツールとして作られている。

  • Googleアナリティクスで対応できない問題
    • 流入前の「検索順位」や「表示回数・検索ボリューム」を確認できない。
    • 個別キーワードは確認できるが、部分一致などキーワードをグループ化したうえでの全体把握は困難
    • 「(not provided)」によりそもそものキーワードデータが取得できない。
  • 順位取得ツールで対応できない問題
    • 自分で登録したキーワードの順位しか取得できず、新たなキーワードに気づけない
    • パーソナライズ検索により外部で取得した「検索順位」の持つ意味合いが薄くなってきている。
    • キーワード単位のデータであり、順位データと解析ツールの流入データの紐付けが困難
  • Googleサーチコンソールで対応できない問題
    • Webブラウザを使って操作しなければいけないため、モニタリングには不向き
    • データは過去90日分のみしか取得できず、対前年など長期間にわたる分析ができない
    • データダウンロードはできるが、取得可能データ数は999件まで
    • 個別クエリは確認できるが、部分一致などキーワードをグループ化したうえでの全体把握は困難

月額9万8,000円~、限定トライアルプランは3月末までの特典あり

利用料金は、初期費用9万8,000円、月額利用料が9万8,000円から。

料金は、次の要素によって決まる。

  • 接続するサーチコンソールの数
  • レポートのフォーマット(定型かカスタマイズか)
  • キーワードグループの数
  • ページグループの数
  • 契約期間中に上記キーワードグループとページグループを変更できるか
  ライト ベーシック アドバンスド プレミアム 限定トライアルプラン
接続GSCアカウント数 1アカウント 4アカウントまで 10アカウントまで 無制限 4アカウントまで
レポートフォーマット 定型フォーマット 定型フォーマット カスタマイズフォーマット カスタマイズフォーマッ 定型フォーマット
※3月末までの申し込みでカスタマイズフォーマットを利用可
キーワードグループ 1カテゴリ
10グループ
100キーワードまで
2カテゴリ
30グループ
1000キーワードまで
3カテゴリ
50グループ
10000キーワードまで
無制限 2カテゴリ
30グループ
1000キーワードまで
ページグループ数 1カテゴリ
10グループまで
2カテゴリ
30グループまで
3カテゴリ
100グループまで
無制限 2カテゴリ
30グループまで
GAデータ接続 不可 不可 不可 不可
契約期間中のキーワード/ページグループ変更 不可(別料金で対応) 不可(別料金で対応) 不可(別料金で対応) 不可(別料金で対応)
初期費用 9万8,000円 9万8,000円 9万8,000円 要問い合わせ 9万8,000円
月額費用 9万8,000円 14万8,000円 29万8,000円 要問い合わせ 14万8,000万円
※3月末までの申し込みで9万8,000円
SEOトレンドメルマガ(月1本)
SEOサポートデスク(プライベートヘルプフォーラム) なし なし なし
※契約期間は、どのプランでも12か月
tweet44このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle