「快適」「近さ」「自己効用」が習慣化を促進、生活者の「行動の習慣化」モデル調査レポート公開

博報堂行動デザイン研究所が東京大学先端科学技術研究センター監修で調査を実施

博報堂の博報堂行動デザイン研究所は、東京大学先端科学技術研究センターの監修のもと、生活者の「行動の習慣化」に関する調査を実施し、分析結果の一部をレポートにまとめ、3月25日発表した。レポートでは行動の習慣化プロセスを要約して「『行動の習慣化』のプロセスについて」「習慣行動を支える合い言葉は『快・近・効(カイ・キン・コー)』」「『習慣化の促進/離脱を防ぐ』5つの示唆」のトピックにまとめている。このうち「習慣行動を支える合い言葉」のトピックでは、人の習慣化を促進する要素は「快適」「近さ」「自己効用」であるとした。調査は2014年12月5~12日に、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の20~69歳の男女を対象にインターネットを利用して実施。有効回答数は、習い事540、コーヒー300(男性対象)、ノンシリコンシャンプー300(女性対象)だった。

「『行動の習慣化』のプロセスについて」のトピックでは、生活者の習慣行動はリソース(時間・お金など)投入量の変化によって、リソースを増やしたい「学習期」、リソース投入が増えも減りもしない「安定期」、リソース投入が減り中止に至る「離脱期」に分かれるとした。また、意識項目と行動項目を比較すると、意識項目で「とても好き」または「やや好き」と回答した対象者のうち、「頻度を減らすつもり/減らした/やめようと思っている」とした人の割合は「習い事」が62.1%、「コーヒー」が48.1%、「ノンシリコンシャンプー」が60.9%と、生活者の好意(意識)と行動はリンクしないことが明らかになった。
博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

「習慣化マーケティング」の新常識
http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2015/03/20150325_r.pdf

tweet14このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle