TwitterやFacebookで発信した情報を自社サイトに自動集約する「News2uソーシャルメディアバインダー」

ソーシャルメディアプラットフォームで発信した情報を自社サイトに組み込んで情報発信するASPサービス
News2uソーシャルメディアバインダーのページ表示例
(サービス開始は7月19日、画像は表示例で実際にはコンテンツの並びなどが変更される場合がある)

株式会社ニューズ・ツー・ユーは、企業がTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアプラットフォームで発信した情報を、ニュースリリースで発信した情報とともに自動的に集約し、自社サイトに組み込んで情報発信するASPサービス「News2uソーシャルメディアバインダー」を発表した。

ソーシャルメディアのサービスを利用して情報を発信している企業は多いが、発信する情報は各プラットフォームに散在していることになる。「News2uソーシャルメディアバインダー」を利用すると、こうした情報を自社サイトに集約できるため、自社サイトを訪問してくれた人に対して、わざわざソーシャルメディアサイトへ誘導することなく、各ソーシャルメディアで展開している情報発信活動を一覧して示すことができる。これによって、多角的な視点による情報提供ができるほか、ソーシャルメディアに取り組む企業姿勢を訴求できるとしている。

「News2uソーシャルメディアバインダー」が自動集約の対象としているのは、現時点では次のサービス(他のサービスへも今後順次対応予定):

  • News2uリリース
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • Flickr
  • SlideShare
  • ブログ(RSSフィードを利用)

ページは自社ドメイン名で表示できる。自動集約して生成されるページのレイアウトは管理画面からドラッグ&ドロップで変更でき、ヘッダーやナビゲーションのデザインも自由に変更できる。また、各エントリやRSSフィードの項目などで自動集約ページに表示したくないものは管理画面から非表示に指定できる。

さらに、外部に対して公開できるソーシャルメディアポリシーを策定している企業は、ポリシーの全文を入力しておけば、集約ページからリンクで表示できる。

「News2uソーシャルメディアバインダー」の利用料金は1か月36,750円、12か月契約の場合は26万2,500円となる(いずれも電子証明書の発行代10,500円を含む)。News2uリリースを年間契約で利用している既存ユーザーは無償で利用可能。

サービスの販売開始は7月19日からだが、News2uリリースの既存利用企業がすでにパイロット的に利用を開始しており、日本ヴォーグ社、NEC、日本ファイナンシャルアカデミー、ブラステルなどがサービスを利用開始している。

tweet71このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle